「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

PENTAXレンズ PENTAX標準レンズ カメラ レンズ

ペンタックス HD PENTAX-D FA★ 50mm F1.4 SDM AW 交換レンズデータベース

このページでは一眼カメラ用交換レンズ「HD PENTAX-D FA★ 50mm F1.4 SDM AW」の情報を収集しています。

更新情報

  • 2019-05-02:DPReviewがレビューを掲載しています。
  • 2019-04-27:DPReviewがサンプルギャラリーを公開しました。
  • 2019-04-13:PENTAX FORUMSが過去の50mmと比較レビューを掲載しています。
  • 2018-10-18:PENTAX FORUMSがガッツリ17ページのレビューを掲載しています。
  • 2018-10-09:Mobile01が大量の作例と共にレビューを公開しています。
  • 2018-09-24:ePHOTOzineがレビューを掲載しています。
  • 2018-08-14:いくつかのリンクを追加しました。
  • 2018-07-21:お写ん歩が作例を掲載しています。
  • 2018-07-20:ついに発売日を迎えましたね。Flickrには既に専用のGroupページが作成されています。追記:ITmediaがさっそくレビュー記事を掲載しています。
  • 2018-07-12:「需要過多のため納期が遅れる可能性あり」と公式アナウンスがありました。
  • 2018-06-29:海外の公式ウェブサイトでは既に予約販売(1199ドル)が開始されたようです。(追記:国内でも正式発表されましたので購入早見表をJANコードに切り替えました。)
  • 2018-06-27:競合レンズとのスペック比較表を追記しました。
  • 2018-06-26:「間もなく発表される。量販店価格は148,500円?」と噂情報が出回り始めています。ちなみにPENTAX推しの八百富が意味深なツイートを発信していますね。(更新:カタログがリークされたようです。仕様表を日本語化して追記しました。)7月20日発売予定とのこと。
  • 2018-06-21:PENTAX RUMORSによると今月のAdobe製品更新によって本レンズのプロファイルが登録されたそうな。これはいよいよかもしれませんね。

データベース

購入早見表

HD PENTAX-D FA★ 50mm F1.4 SDM AW
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
レンズフード PH-RBB72
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
レンズキャップ O-LC72
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
レンズケース S100-140
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
レンズマウントキャップ K
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
フィルター購入早見表
プロテクト C-PL ND ソフト
X-CAP

レンズデータ

レンズ仕様

焦点距離(35mm判換算) 50mm
開放絞り値 F1.4
最小絞り F16
画角 47.0°
レンズ構成 9群15枚
絞り羽根枚数 9枚
最短撮影距離 0.4m
最大撮影倍率 0.18倍
フィルター径 72mm
最大径 x 長さ 80 x 106 mm
質量(重さ) 910g

MTFチャート

レンズ構成図

競合レンズ紹介

競合レンズとの比較

DFA50 FA50 FA43
焦点距離(35mm判換算) 50mm 50mm 43mm
開放絞り値 F1.4 F1.4 F1.9
最小絞り F16 F22 F22
画角 47.0°
レンズ構成 9群15枚 6群7枚 6群7枚
絞り羽根枚数 9枚 8枚 8枚
最短撮影距離 0.4m 0.45m 0.45m
最大撮影倍率 0.18倍 0.15倍 0.12倍
フィルター径 72mm 49mm 49mm
最大径 x 長さ 80 x 106 mm 65 x 37 mm 64 x 27 mm
質量(重さ) 910g 220g 155g

海外の評価

DPReview

  • AF/MFスイッチは簡単に操作できる一方で誤操作も多い。ストラップの装着方法によっては気を付けるべきだろう。
  • 1インチのフォーカスリングは良好な抵抗感を持ち約120度の回転角で動作する。
  • K-1と組み合わせると重量は2Kg弱となる。
  • リングタイプのSDMを採用しており、従来比で7.5倍のトルクを持つと言われている。重いレンズのためそれほど速いフォーカス速度では無いが、静的な被写体で不満を感じるカメラマンはいないだろう。
  • 中央領域の解像性能は絞り開放から優れており、F2.8でピークに達する。四隅は比較して解像性能が低いものの優れたパフォーマンスで絞ると大きく改善し、F4-5.6で最善となる。
  • 無限遠の解像性能は絶対的に優れており、キヤノンの高価なRF50mm F1.2L USMに匹敵する見事な結果だ。
  • 周辺減光は明らかだが、簡単に後処理できる上にF2.8以上では解消する。
  • フレーム周辺部に倍率色収差が見られるものの軽微である。簡単に補正できるだろう。
  • 軸上色収差はこのレンズで最も弱点となる部分だ。絞り開放ではボケの色づきが見られ、後処理が難しい。
  • ボケは滑らかで非常にナチュラルだ。じっくり観察するとほんの僅かに非球面レンズの影響が見られる。口径食による四隅の変形は中程度だ。玉ボケはF1.4-F2.8まで完璧な円形を保っている。
  • 逆光耐性は良好だが、太陽の下ではフレアが簡単に発生する。

長所:F1.4で優れたシャープネス・優れたビルドクオリティ・比較的静かで滑らかなAF・良好なボケ・歪曲収差がほぼ無い・周辺減光がうまく抑えられている

短所:絞り開放から中程度の絞り値で顕著な軸上色収差・イマドキの50mmでも特に重い・高価・古いKマウントカメラとの互換性が無い

どの絞り値でもフレーム全域でクラスをリードする解像性能を発揮する現代的なレンズだ。F2.8で市場に出回っているどのレンズよりもシャープで見事な結果となる。

欠点は重量と価格、そして軸上色収差だ。絞り開放で色収差が発生するのは珍しいことでは無いがF4まで絞ってもまだ目に付くのは残念だ。しかし、全体的に優れた性能を発揮するこのレンズは(レンズの選択肢が少ないということもあり)PENTAXユーザーの購入リストに入れるべき一本だ。

ePHOTOzine

  • ペンタックスはとてもコンパクトなレンズを提供し続けてきたが、この新しいレンズはとても重く大きい。フードやレンズキャップ抜きで910gの重量だ。
  • しかし、K-1 IIに装着すると驚くほどバランスが取れている。
  • レンズフードには偏光フィルターを操作する窓が存在する。
  • レビュー期間中に雨がたくさん降ったので防塵防滴性能をしっかりと確かめることが出来た。
  • 新型の強力なSDM駆動のAFは静音・高速で非常に正確だ。インナーフォーカスタイプのためレンズ全長に変化はない。
  • シャープネス:
    ・中央:F1.4-F5.6でexcellent、F8-F16でvery goodだ。
    ・四隅:F1.4-F4でexcellent、F5.6-F16でvery goodだ。
    ・隅から隅までの均一性はCarl Zeiss Otus 1.4/55mmにとても近い立派な性能だ。絞り値全域で自信を持って使用できる。
  • 色収差はとても良好に補正されている。特に中央はコントラストが厳しい状況でも問題無い。
  • 歪曲は実質ゼロだ。
  • ボケは絹のように滑らかでとても良好、最高のレンズだ。
  • フレア耐性はとても見事だ。
  • 周辺減光はF1.4・F2で-1.3EV、それ以降は-1.1EVとなり、F16に至るまで改善しない減光がある。場合によってソフトウェアによる補正が必要だ。
  • MilvusやOtus、Nikon 58mmやFE50mm ZAと比べて優れたコストパフォーマンスのように見える。

HD PENTAX-D FA★ 50mm F1.4 SDM AWは最高の50mmを目指し、実際にそれを達成している。

長所:優れたシャープネス・とても均一性のあるパフォーマンス・良好な色収差補正・ゼロ歪曲・素敵なボケ・高速で静音正確なAF・防塵防滴・良質な作り・クイックシフトフォーカス・フレアが発生しない

短所:価格・重い

PENTAX FORUMS

  • 付属品は「フロント、リアキャップ・レンズフード・ポーチ・保証書・説明書・KAF4の互換性注意書き」だ。
  • まず我々が理解しなければいけないことは「パンケーキレンズでは無い」ことだ。明らかに光学性能と防塵防滴に重点が置かれている。PENTAX K-1との組み合わせではとてもバランスが取れている。
  • 鏡筒は頑丈な金属製だ。
  • フォーカスリングは滑らかで程よい抵抗感のある動作だ。ピント距離全域の回転角は約120度である。重要なポイントはリングタイプの超音波モーターを採用しているため、切り返し時にアソビの無いマニュアルフォーカスリングとなっているのは重要なポイントだ。
  • オートフォーカスは正確に動作する。高速かつ信頼性のある動作で、少なくとも競合レンズと同程度の速度である。
  • フォーカスシフトの影響は全くない。
  • 絞り開放からフレーム全域で優れた解像度とマイクロコントラストがあり、同時に騒がしい背景も上手くボケている。
  • 実写におけるシャープネスは中央から四隅までとても均質だ。絞り開放の描写は驚異的と言わざるを得ない。絞るとさらに改善するが、極端な等倍チェックをしない限りF1.4でも良いくらいだ。
  • 周辺減光は経度で絞り開放時に-1.5EVとなる。F2まで絞ると改善し、F2.8で実質的に解消する。
  • ボケの主観的な見解としては見事なパフォーマンスだ。玉ボケは全ての絞り値で丸みを保ち、玉ねぎボケの傾向はみられない。
  • 光芒はF5.6以降に強まり、F8以降は完璧となる。
  • 玉ボケの口径食による影響は他の50mm F1.4と似ている。
  • 歪曲収差で大きな問題はない。
  • 倍率色収差は完全に補正されている。
  • 軸上色収差は部分的に発生しているものの、このクラスとしてはとても良好に補正補正されている。
  • タンジェンシャル面の非点収差は見られず、サジタル面のみ四隅で軽度な収差を示している。
  • 逆光耐性はとても良好な結果だ。

このレンズが将来的に高い評価を獲得することは間違いない。PENTAXブランドで最高の単焦点レンズとなる一本だ。

決して低価格のレンズでは無いが、純正レンズとしてはとても良好な価格設定である。サードパーティ製レンズと比べてもそこまで高くない。優れた価値を持つレンズだ。

長所:K-1とのバランス・優れたハンドリング・フレーム全域でとてもシャープ・リングSDM・精密なマニュアルフォーカス・トップクラスの防塵防滴・オールインワンの優れた画質・価格設定

短所:古い50mmと比べて大きく重く高価・軸上色収差に改善の余地がある

更新履歴

  • 2018-03-06:PENTAX RUMORSがハンズオンを掲載しています。
  • 2018.2.27:Kマウントのレンズロードマップが更新されました。やはり春登場予定のようです。
  • 2017.10.27:公式発表されました。2018年春登場予定とのこと。
  • 2017.10.25:間もなく発表との情報が出回り始めたのでひとまずページを作成しました。まだスペック・価格についての情報はありません。

サイト案内情報

ペンタックスレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

関連ページ

Canon EFマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Canon RFマウント RFレンズ一覧表
Canon EF-Mマウント EF-Mシステム一覧
Canon FDマウント レンズ一覧
Nikon Fマウント 広角域 標準域 中~望遠域 
1 NIKKOR(CX) 一覧
PENTAX Kマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Kマウント オールドレンズ一覧表
PENTAX 645マウント レンズ一覧表
SONY Eマウント 広角域 標準域 中~望遠域
SONY Aマウント 広角域 標準域 中~望遠域
FUJIFILM Xマウント 広角域 標準域 中~望遠域
マイクロフォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
フォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
新興レンズメーカー一覧 中一光学 Laowa Samyang
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-PENTAXレンズ, PENTAX標準レンズ, カメラ, レンズ

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.