SIGMAの情報 SIGMAレンズ カメラ レンズ 機材の噂情報・速報 機材レビュー 海外の評価

シグマ24-70mm F2.8 DG DNはα7R IVの性能を引き出す唯一の標準ズーム【海外の評価】

【価格情報】Amazonブラックフライデー&サイバーマンデー開催中

スポンサーリンク

Sony Alpha Blogがシグマのフルサイズミラーレス用レンズ「24-70mm F2.8 DG DN」のレビューを掲載しています。

  • 「24-70mm F2.8 DG DN Art」は2本目となるシグマ製フルサイズミラーレス用のズームレンズだ。
  • ビルドクオリティは「FE 24-70mm F2.8 GM」と同等だ。
  • オートフォーカスは高速かつ正確、そして静かだ。α7R IVと組み合わせて追従性に問題は無い。
  • シャープネス:α7R IV
    ・24mm中央:F2.8(Good)-F4~F11(Very Good)-F16(Good)
    ・24mm四隅:F2.8(Good)-F4~F11(Very Good)-F16(Good)
    ・35mm中央:F2.8~F8(Excellent)-F11(Very Good)-F16(Good)
    ・35mm四隅:F2.8(Good)-F4~F5.6(Very Good)-F8(Excellent)-F11(Very good)-F16(good)
    ・50mm中央:F2.8~F8(Outstanding)-F11(good)-F16(Average)
    ・50mm四隅:F2.8~F11(Good)-F16(Average)
    ・70mm中央:F2.8(Excellent)-F4~F8(Outstanding)-F11(Excellent)-F16(good)
    ・70mm四隅:F2.8(Very Good)-F4~F8(Excellent)-F11(Very Good)-F16(good)
    ・中央で見事なパフォーマンスを発揮し、望遠側ほど良好だ。24mmのみ「Very good」止まりである。
    ・四隅は最大で「Very Good」、50mmは「Good」止まりだ。
    ・この価格帯のズームレンズとしては優れたパフォーマンスである。
  • 歪曲は各焦点距離で目に付く
    ・24mmは強い樽型
    ・35mmは弱い樽型
    ・50mmは糸巻き型
    ・70mmは僅かな歪曲
  • 周辺減光はF2.8で中程度、F5.6まで絞ると解消する。
  • 色収差はとても良好に補正している(70mm以外)。
  • 逆光耐性は並だ。しかしこれはソニーGMやタムロンと同等である。
  • 光条はたていの場合良好とならない。
  • 後ボケはとても滑らかでクリーミーだ。ソニーやタムロンよりも良好である。
  • 玉ボケは全ての絞り値でとても良好だ。僅かに口径食の影響を受ける。ソニーやタムロンよりも優れた描写だ。
  • 発色はとても良好でソニーGMと同等、タムロンよりも良好だ。
  • ソニー「FE 24-70mm F2.8 GM」との比較
    ・24mm:ソニーのほうが良好だ。
    ・50mm:中央はソニーより遥かに優れているが、四隅は少し劣る。
    ・70mm:中央はソニーより遥かに優れている。
    ・ボケはシグマがとても滑らかで美しい。
    ・オートフォーカスに有意な差は無い。
    ・歪曲や逆光耐性に有意な差は無い。
    ・ビルドクオリティに有意な差は無い。
    ・コストパフォーマンス:1シグマ・2タムロン・3ソニー
    ・重量:1タムロン・2シグマ・3ソニー
  • 動画撮影で効果的なAFだ。

24-70mm F2.8 DG DNはα7R IVと組み合わる優れた標準ズームレンズだ。最も解像度の高い6100万画素センサーを活かすことのできる唯一のモデルである(中央のみ)。主な弱点は24mmで、この焦点距離は一貫して優れているソニーGMに劣っている。

長所:35~70mmでα7R IVでも優れたシャープネス・中程度の価格設定・滑らかなボケ・非常に良好な玉ボケ・とても優れたビルドクオリティとエルゴノミクス・非常に良好な発色・防塵防滴・接写性能・高速で信頼性の高いAF・70mm以外で非常に良好な色収差

平凡:目に見える歪曲収差と周辺減光(競合と同等)・逆光耐性(競合と同等)・重量830g(ソニーよりは軽い)・24mmのシャープネスはソニーに劣るがタムロンと互角・50mmにおける四隅のシャープネス

短所:この価格帯で指摘するポイントは無い

2400万画素のα7 IIIではソニーやシグマのパフォーマンスは過剰だ。コストパフォーマンスの高いタムロンがおススメである。

α7R IIIやα7R IVの場合…
・24mm・50mm前後で一貫性の高い解像性能が必要ならソニーGM。
・上記以外の場合はシグマが特に中央で優れたパフォーマンスを発揮する。

Sony Alpha Blog:Sigma 24-70mm F2.8 DG DN Art

とのこと。

24mmは伸び悩むみたいですが、それ以外ではソニーGM以上に高い中央解像性能を発揮するみたいですね。ボケ描写も非常に良好となっている模様。作例を確認しても確かに綺麗に見えます。

タムロン「28-75mm F/2.8 Di III RXD」のコストパフォーマンスも魅力的ですが、24mm画角や綺麗なボケ描写、そして堅牢な鏡筒や防塵防滴仕様が魅力的ですねえ。

2400万画素のα7 IIIにはオーバースペックかもしれませんが、ボケ描写を考慮するとまだ価値のある選択肢と言えそうです。

24-70mm F2.8 DG DNの最新情報を集めるページはコチラ

24-70mm F2.8 DG DN Sony E
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
24-70mm F2.8 DG DN Leica L
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

サイト案内情報

シグマレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25

-SIGMAの情報, SIGMAレンズ, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER