Tamronレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

35-150mm F/2-2.8 Di III VXDは高い光学性能と心地よい描写を兼ね備えている

ePHOTOzineがタムロン「35-150mm F/2-2.8 Di III VXD」のレビューを公開。ズーム全域で優れた中央解像性能を発揮し、高い光学性能と心地よい描写を兼ね備えていると評価しています。

ePHOTOzine:Tamron 35-150mm F/2-2.8 Di III VXD Lens Review

外観・構造:

  • ソニーEマウントで最も大口径のフルサイズ用ズームレンズだ。
  • ロック構造付きのレンズフードが付属する。
  • フィルターは82mm径に対応している。
  • 前玉は撥水性のあるコーティングが施されている。
  • レンズは防塵防滴仕様だ。
  • USB-Cポート経由でレンズのカスタマイズが可能だ。
  • レンズ構成は15群21枚で、BBAR-G2コーティングを採用している。絞り羽根は9枚だ。

携帯性:

  • 開放F値の代償として、大きく重いレンズである。
  • 三脚座の無いレンズの限界に近いが、カメラと組み合わせた際のバランスは取れている。

操作性:

  • フォーカスリングは大変滑らかに回転する。
  • AFLボタンを3カ所に搭載している。
  • ズームレンズは自重で伸びる兆候が見られない。
  • AF/MF切替スイッチやズームリングロックスイッチを搭載している。
  • ズームリングは非常に正確に回転する。

フォーカス:

  • 最大撮影倍率は1:5.7だ。
  • 35mm時は最短撮影距離が0.33mとなり、150mm時に0.85mとなる。
  • AFは滑らか、そして高速かつ静かに動作する。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • 35mmの中央はF2からF16までExcellentだ。端は少し弱く、F2とF2.8でFair、F4でGood、F5.6でVery good、F8からF16までExcellentだ。開放F値の小ささを考慮すると実用的なアプローチである。
  • 70mmの中央はF2.5からF20までExcellent、端も良好となり、F2.5からF16までExcellent、F20でもVery goodだ。素晴らしい結果である。
  • 100mmの中央はF2.8からF22までExcellent、端はF2.8からF8までVery good、F11とF16でExcellent、F22でVery goodだ。F22でExcellentとなるのは注目に値する。
  • 150mmの中央はF2.8でVery good、F4からF22までExcellentだ。端はF2.8でFair、F4からF22までVery goodだ。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 均質的で滑らかな描写だ。

色収差:

  • 中央は色収差を見事に補正しているが、周辺部には多少の色付きが見られる。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 35mmで-0.31%の樽型だ。
  • 70mmで+3.18%の糸巻き型だ。
  • 100mmで+3.42%の糸巻き型だ。
  • 150mmで+3.35%の糸巻き型だ。
  • そのままの状態では非常に目立つのでレンズ補正は必須である。

周辺減光:

  • 補正をオフにしても周辺減光は思ったよりも穏やかだった。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 厳しい逆光環境でもゴーストの発生は良く抑えられている。いくらかコントラストは低下するものの、描写に影響を与えるフレアを発生させるのは難しい。

総評

どのような設定でも中央は優れたシャープネスが得られ、部分的には周辺部との均質性も高い。他の要素でカメラ側の補正に頼る部分もあるが、総合的に高い結果を得ることが可能だ。

確かにこのレンズは大きくて重いが、それはF2という大口径の開放F値が原因であり、その価値は決して軽視できない。レンズは単なる技術的な測定値の集まりではなく、全体的な「外観」を考慮することも同様に重要だ。この新しいタムロンレンズは、優れた技術的性能と非常に心地よい見た目の両方を兼ね備えている。

強くおススメできる一本だ。

  • 長所
    ・ずば抜けてシャープ
    ・大口径
    ・低色収差
    ・周辺減光が穏やか
    ・AFが高速かつ静か
    ・レンズのカスタマイズに対応
    ・防塵防滴
    ・ボケ
  • 短所
    ・重い

とのこと。
中央は絞り値全域・ズーム全域で非常に良好な結果を維持しています。4200万画素のα7R IIIと組み合わせてF16やF22でこれと言ったパフォーマンスの低下が見られないのは魅力的。広角端や望遠端の周辺部は絞り開放付近で少し甘くなるものの、35mm F2や150mm F2.8を使った際の心地よい描写を重視したのかもしれませんね。歪曲収差や倍率色収差をカメラ側の補正に依存しているようにも見えますが、カメラの自動補正や現像ソフトのプロファイルに対応しているので、特に大きな問題では無さそう。やはり問題はレンズのサイズと重量でしょうか?スペックを考慮すると受け入れるべきかもしれませんが、それでも手持ち撮影するには少し大きなレンズと感じるかもしれません。

タムロン35-150mm F/2-2.8 Di III VXD 最新情報まとめページ

35-150mm F/2-2.8 Di III VXD
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連レンズ

関連記事

-Tamronレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-