Tamronレンズ レンズ 海外の評価

50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXDは従来とまるで異なる高倍率ズーム

Mobile01が「50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD」のレビューを公開。高倍率ズームながら高い解像性能やフォーカス性能を備え、手ぶれ補正や収差の補正状態も良好と高く評価しています。

Mobile01:Tamron 50-400mm f/4.5-6.3 DiIII VC VXD(A067)評測報告|高倍率變焦同時也有好畫質!

(基本的なスペックなどの紹介は割愛しています)

外観・構造:

  • 今のところソニーEマウント用のみだが、将来的にニコンZマウントも登場することだろう。
  • 外装はプラスチック製で、表面にはマットブラックで塗装が施されている。
  • 三脚リングを装着可能だが別売り品だが、三脚に固定する際にカメラ側を固定するとアンバランスなので三脚リングをおススメする。
  • 花形のレンズフードが付属している。
  • レンズマウントの防塵防滴に加え、前面にはフッ素コーティングが施されている。
  • 設計は日本だが製造はベトナムだ。
  • USB-Cポートは露出しているが、簡易的な防塵防滴構造となっている。

携帯性:

  • 88.5×183.4mmのサイズに1155gの重量となるレンズだ。
  • フィルター径は67mmに対応している。大部分のタムロンEマウントレンズと同じ口径だ。
  • 片手での操作も可能だが、素直に左手を添えたほうが良い。

操作性:

  • AFLボタンやVCモードスイッチ、カスタムスイッチなどを搭載している。
  • USB-Cポート経由でスイッチなどをカスタマイズ可能だ。フォーカスリングの回転方向や絞りリング化にも対応している。
  • ズームリングには50mmで固定するスイッチがある。

フォーカス:

  • VXD駆動のフォーカスは滑らかで正確に動作する。
  • トラベル(高倍率)ズームレンズでこれほど高速なフォーカス速度は珍しい。
  • フォーカスブリージングは明らかな画角の変化に気が付く。
  • 50mm時に最短撮影距離は0.25mとなり0.5倍の撮影倍率に対応している。

手ぶれ補正:

  • 望遠側で効果的な光学手ぶれ補正を搭載している。
  • 実写では4段分のテストで満足のいく結果が得られた。

解像性能:

  • 50/200/400mmでテストした。
  • どの焦点距離でも中央から端まで失望しない解像力だった。
  • 絞り開放からF16まで非常に良好だ。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 記載なし。

色収差:

  • 絞り開放で残存する色収差が見られる。
  • F5.6まで絞ると大幅に改善するが、倍率色収差は残存している。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 記載なし。

周辺減光:

  • 記載なし。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • F4.5でフレアとゴーストが発生するものの、絞ると全体的に収束する。
  • F5.6から徐々に光条が発生し、F8で目立ち始める。

総評

光学8倍のズームレンジを考慮するとトラベルズーム(訳注:国内では高倍率ズームが一般的)と呼んで差しさわり無いだろう。従来のトラベルズームと比べると、カバーしている焦点距離、サイズ、重量、そして画質はまるで異なる。解像性能のみならず、美しいボケ、色収差補正、効果的な手ぶれ補正、高い接写性能を実現している。どうしても広角が必要であれば、手ごろで軽量な20mm F2.8 Di IIIが負担も少なくおススメだ。また、20-40mm F2.8 Di III VXDも選択肢の一つになると思う。

とのこと。
ズームレンジから100-400mm望遠ズームの亜種と考えてしまいがちですが、Mobile01は光学倍率から24-200mmのような高倍率ズームレンズのカテゴリと考えているようです。ただし、タムロンは分類的に「超望遠レンズ」と位置付けており、「超望遠が50mmの視野を手に入れた」としています。レンズサイズなどからも100-400mmの派生モデルと考えたほうが良いのかなと。

位置付けはともかく、高倍率ながら高性能なレンズに仕上がっているようです。作例を見る限りでは6100万画素のα7R IVと組み合わせても50mmから400mmまで欠点と感じるような領域はありません。ボケは口径食こそ強めですが、光学8倍のズームレンズと考えるとまずまず良好。ただし、場合によって玉ボケに同心円状のムラが発生している場合があります。色収差は指摘しているように少し目に付く場合もありますが、致命的な欠点とまではいかないようです。さらに今後登場が確定している「20-40mm F/2.8 Di III VXD」と組み合わせると2本で20mmから400mmまでカバーすることが可能。非常に魅力的な組み合わせですねえ。

悩ましいのは価格設定でしょうか?
150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD」が同程度の価格で入手可能となっており、望遠側を重視するのであれば150-500mmのほうが良いかもしれません。その一方で広角側は150mm始まりとなっているので、50mmと比べるとだいぶ狭い。あくまでも150-500mmは「150-600mm」の派生モデルと考えると立ち位置が大きく異なるレンズと言えそうです。

タムロン 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD 最新情報まとめ

50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

レンズの仕様

レンズの仕様
発売日 2022年9月22日 初値 148,500円
マウント E 最短撮影距離 0.25-1.5m
フォーマット フルサイズ 最大撮影倍率 1:2-1:4
焦点距離 50-400mm フィルター径 67mm
レンズ構成 18群24枚 手ぶれ補正 対応
開放絞り F4.5-6.3 テレコン -
最小絞り F22-32 コーティング BBAR-G2
絞り羽根 9枚円形絞り
サイズ・重量など
サイズ φ88.5×183.4mm 防塵防滴 対応
重量 1,155g AF VXD
その他 USB-Cポート・ズームロック
付属品
レンズフード

関連レンズ

関連記事

-Tamronレンズ, レンズ, 海外の評価
-,