SONY α7C αE シリーズ カメラ 機材レビュー 海外の評価

ソニーα7Cは効果的なカメラデザインだが、そこまで小さくない

Digital Camera Worldが正式発表されたばかりのソニー「α7C」のハンズオンを公開。優れたAFやバリアングルモニタを評価しつつ「そこまで小型化されていない」と言及しています。

α7Cはそこまで小さくない

Digital Camera World:Hands on: Sony A7C review

  • α7Cはα7 IIIのコンパクトモデルのようなものだ。デザイン・エルゴノミクス・AFに関していくつか改善が見られる。ただし、解像度は引き続き2400万画素であり、動画は4K 30pまでだ。
  • 最も大きなニュースはα6600のようなデザインとなったことだ。α7 IIIよりも小さく、APS-Cカメラより大きい。そしてバリアングルモニタの搭載によりエルゴノミクスが飛躍的に向上している。
  • 外観は従来のα7シリーズとは根本的に異なり、上部のファインダーがカメラ四隅へ移動した。
    背面モニタはチルト機構から側面へ展開するバリアングルモニタへと変化し、より広い可動範囲を手に入れた。
  • シルバーとブラックのツートンカラーは他のα7シリーズと大きく異なるデザインだ。
  • その一方、内部的には従来モデルとかなり似ている。α7 IIIと同じセンサーを搭載し、4K 30pまでの動画仕様で色深度は8Bitまでである。録画制限は無く、6Kオーバーサンプリングのため画質は良いはずだ。
    そして、S-Log2・S-Log3・HLGモードを備え、ヘッドホン・マイクポートを搭載している。
  • オートフォーカスは693点の像面位相差AFシステムを搭載し、ソニー最先端のAFを利用可能だ。リアルタイムトラッキングに対応しているのでAF速度や感度に改善が見られる。
  • 10コマ連写は従来通りだが、バッファが改善している。
  • 本体はマグネシウム合金ボディだが、シルバー仕上がりはプラスチッキーな見た目と使い心地だ。
  • コンパクトボディだが、α7と比べてそれほど大きな違いは無いように思える。確かに小さいが小型カメラとは言えない。
  • バリアングルモニタは歓迎すべきポイントだ。そして垂直動画に対応しているため、後処理で回転させる必要が無い。
  • メニューシステムは従来通りの複雑で長めのレイアウトだ。ソニーはα7S IIIでメニューシステムを一新したが、このカメラは据え置きである。この事からも、α7 IIIのバリアントモデルであることが分かる。
  • α7Cのグリップ・操作性は悪く無いが、見た目ほど小さくはない。ボディ内手ぶれ補正を搭載した最軽量のフルサイズミラーレスかもしれないが、特に小さいとは感じない。
    しかし、28-60mmの新しいレンズキットは素晴らしい。機械動作の沈胴機構を備え、適切に力を入れるとロックが解除されレンズが伸びる仕組みとなっている。素早く操作でき、とても肯定的な印象だ。電動ズームより遥かに優れている。
  • テストしたα7Cはプリプロダクションモデルであり、画質は最終的に変化するかもしれない。それでも見事なパフォーマンスだった。
  • キットレンズは隅から隅までシャープな描写だ。ほとんどのキットレンズは光学3倍のズームレンジを備え、多くはそれ以上だ。
    しかし、このレンズは2.1倍とズームレンジがかなり狭く、十分にシャープではあるが、万能なお散歩レンズに期待する汎用性を持っていない。
  • オートフォーカスは非常に優れている。様々なシーンのテストに十分な時間をかけることが出来なかったが、静止画でも動画でも、レンズは素早く静かにピントを合わせ、非常に効果的だった。
  • ボディ内手ぶれ補正機構は、α7Cのボディのために再設計されているが、最大5段分の補正効果を実現している。動いていなければ手持ち撮影には適しているが、歩きながらの撮影にはジンバルが必要だ。

ソニーα7Cは、この段階では少し複雑な印象を受ける。スペック的に、特に動画性能の面では、控えめに言っても野暮ったい。しかし、便利なバリアングルモニタや優れたAFシステムなど、実用的な機能を備えており、意図した用途には非常に効果的なカメラデザインだ。
ツートンカラーの見栄えが魅力的かどうかは個人差があると感じ、他のα7ほどの質感では無い。フルサイズミラーレス市場にこのカメラが必要かどうか分からないが、最終的に販売台数が答えを出してくれるだろう。

長所:コンパクトボディ・優れた沈胴レンズ・バリアングルモニタ・AF

短所:動画仕様・魅力が無い仕上がり・特に安くない

とのこと。
フルサイズミラーレスとしては小さなほうだと思いますが、α7シリーズからファインダー部を取っただけと考えると、確かにまだ大きいと感じるかもしれませんね。(実際、初代α7のほうが軽い)
実際にカメラをグリップしてみたいとハッキリ分かりませんが、グリップが小型化されているので、どの程度しっかり握ることができるのか気になる所。

気になる点もありますが、これまでのα7シリーズに無かったバリアングルモニタ(α7S IIIを除く)やデザインを導入したのは面白いですね。小型軽量レンズと組み合わせることで、これまでのα7シリーズとは違う使い勝手のカメラとなりそうです。

α7C ボディ ブラック ILCE-7C
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
α7C ボディ シルバー ILCE-7C
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
α7C ズームレンズキット ブラック ILCE-7CL
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
α7C ズームレンズキット シルバー ILCE-7CL
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

関連カメラ

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-SONY, α7C, αE シリーズ, カメラ, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER