Samyangレンズ 海外の評価

サムヤン AF 85mm F1.4 IIは良好なレンズだがライバルが強力

Sony Alpha Blogがサムヤン「AF 85mm F1.4 II」のレビューを公開。良好な解像性能やボケを備えていると評価しつつ、似たような価格のシグマが全体的に最上級の選択肢と言及しています。

Sony Alpha Blog:Samyang 85mm F1.4 AF II

(基本的なスペックなどの紹介は割愛しています)

外観・構造:

  • ビルドクオリティは良好だ。
  • フォーカスリングは独特のテクスチャを採用している。

携帯性:

  • サイズは大きいがとても軽量だ。

操作性:

  • スイッチでフォーカスリングで絞り操作が可能だ。

フォーカス:

  • AFは高速かつ正確だ。
  • 連写中のAFはあまり良く無く、たまにフォーカスが迷う。
  • 瞳AFやトラッキングは多くの状況でうまくいく。
  • フォーカスブリージングは目に付く。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • α7R IVでテストした。
  • 中央はとても良好でF2.8まで絞ると抜群の性能だ。
  • 隅はF1.4で良好だが、F2以降は非常に良好だ。
  • 結果はとても良好だが、F1.4のレンズとしては優れているわけでは無い。
  • 遠景のF1.4隅は少しソフトだが、F5.6に近づけると最良の結果を得ることが出来る。
  • ポートレートでのシャープネスはとても良好だが、コントラストが強すぎるかもしれない。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • とても良好な玉ボケだ。
  • F2でボケが角ばり始める。
  • 後ボケはとても柔らかく綺麗な描写だ。
  • 発色はとても良好だ。

色収差:

  • 色収差は目立たない。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 僅かな糸巻き型だ。

周辺減光:

  • F1.4で目立つがF4で解消する。

コマ収差:

  • とても少ない。

逆光耐性:

  • 良好だが、太陽をフレームに入れるとフレアが簡単に発生する。
  • F16で素敵な光条が発生する。

競合レンズ比較:

  • サムヤンは最軽量で、次いでシグマが軽量だ。
  • シグマが最も小さく、次いでサムヤンが小さい。
  • シグマやソニーには絞りリングがある
  • 驚いたことに、解像性能はサムヤン初期モデルよりも少し劣っている。これは個体差によるものだろう。
  • シグマは解像性能の点で最高だ。ソニーGMはこの点でかなり遅れている(サムヤンよりも悪い)。
  • シグマとソニーは最高のボケだ。
  • サムヤンは玉ボケに色づきが発生し、F2.8でボケが角ばる。
  • シグマは周辺減光と歪曲収差の点で最悪だ。中間はサムヤンで、最高はソニーだ。
  • どのレンズも色収差は目立たない。
  • 逆光耐性はどのレンズも良好だが、決して優れているわけでは無い。
  • AFはシグマが最高だ。

全体的に見ると、少し高価だが、シグマが最も良好だ。

作例集

総評

全体的にとても良好なポートレートレンズだ。第一世代と比べてモード切替スイッチを搭載しているのが特徴だが、シャープネスが少し劣っているのが残念だった。

主なライバルはシグマ 85mm F1.4 DG DNだ。光学性能、官能的描写、エルゴノミクス、AF、ビルドクオリティのみならず、サイズや重量、コストパフォーマンスなどを含めあらゆる点で最上級だ。個人的にはサムヤンとの価格差を考慮してもシグマを手に入れたいと思うだろう。

コストパフォーマンスを重視する場合はサムヤンをおススメしない。

  • 長所
    ・F1.4から良好な中央シャープネス
    ・軽量
    ・とても良好なAF
    ・ボケ
    ・開放の玉ボケ
    ・演色性
    ・肌の描写
    ・とても良好なコントラスト
    ・絞りリングとして機能するフォーカスリング
    ・防塵防滴
    ・低色収差
  • 平凡
    ・サイズ
    ・ビルドクオリティ
    ・逆光耐性
    ・歪曲収差
    ・周辺減光
    ・連写時のAF
    ・フォーカスブリージング
  • 短所
    ・コストパフォーマンス
    ・F2.8の玉ボケ
    ・第一世代ほどシャープではなかった

とのこと。
光学系は前モデル「AF 85mm F1.4 FE」を継承しつつ、外装や機能性を改善した第二世代のサムヤンAFレンズですね。「AF 50mm F1.4 II」のように新しい光学系ではないが残念ですが、定評のある光学系だと記憶しています(シグマよりも先に登場し、ソニーGMよりも良好な解像性能だった)。従来通り良好な光学性能を発揮するようですが、強力なライバルであるシグマ「85mm F1.4 DG DN」が登場した現在は厳しい戦いとなりそうですね。

私はサムヤンの初期モデルとシグマをどちらも使ったことがありますが、確かにシグマが多くの点で優れていると感じました。抜群のシャープネスに加え、APOレンズのように色収差が補正され、絞り開放から非常に高いコントラストを得ることが出来ます。外装の作りも良く、AFは静かで高速。価格差を考えてもシグマも選ぶのが妥当かなと。
ただ、サムヤンも残存する球面収差により個性的なボケが得られるので、人によっては替えのきかないポートレートレンズになるのかなと思います。この辺りは多くの写真を確認して、好みの描写であるか確認すると良いでしょう。

サムヤン AF 85mm F1.4 II 最新情報まとめ

AF 85mm F1.4 FE II(簡易検索)
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

レンズの仕様

レンズの仕様
発売日 2022年8月 初値 799.00ドル
マウント E 最短撮影距離 0.85m
フォーマット 35mm 最大撮影倍率 0.12倍
焦点距離 85mm フィルター径 72mm
レンズ構成 8群11枚 手ぶれ補正 -
開放絞り F1.4 テレコン -
最小絞り F16 コーティング UMC
絞り羽根 9枚
サイズ・重量など
サイズ φ83.4×99.5mm 防塵防滴 対応
重量 509g AF STM
その他
付属品
レンズフード・キャップ

関連レンズ

関連記事

-Samyangレンズ, 海外の評価
-