Samyangレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

サムヤン「AF14mm F2.8 RF」手ごろな価格の超広角だが個体差や将来性に注意が必要

Optical Limitsがサムヤン「AF14mm F2.8 RF」のレビューを公開。低価格で堅実な性能のレンズですが、高画素機を使った際の周辺解像やレンズの個体差、RFマウントにおける社外製レンズの将来性について指摘しています。

Optical Limits:Samyang / Rokinon AF 14mm f/2.8 RF - Lab Test / Review

レンズの紹介:

  • このレビュー時点で、サムヤンはキヤノンRFマウントにおける唯一のAF対応サードパーティ製レンズだ。
  • 少なくともサムヤンのSNSアカウントはRFマウント用のAFレンズの製造を停止したように見える。これが何を意味するか不明だが、キヤノンはRFマウントの情報を開示する気は無いように見える。
  • このレンズは650米ドルで購入できる魅力的な社外製レンズだ。

ビルドクオリティ:

  • フォーカスリングを含めて金属製の外装は非常に良好なビルドクオリティだ。
  • 耐候性は備えていない。
  • 鏡筒部分は少し滑りやすいサテン仕上がりである。
  • 前面にフィルターを装着することは出来ない。
  • 花形レンズフードは鏡筒に固定されている。レンズキャップは被せ式だ。

携帯性:

  • 記載なし。

操作性:

  • 記載なし。

オートフォーカス:

  • AFはとても高速でノイズレスだ。

マニュアルフォーカス:

  • バイワイヤで動作するMFはとても良好だ。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • 4500万画素のEOS R5と組み合わせると少し苦戦している。中央はF2.8からとても良好だが、フレーム端は平凡で隅はソフトである。F4~F5.6で中央はピークとなるものの、周辺や隅はF8のピークに向かって徐々に改善する程度だ。
  • 3000万画素のEOS Rでも隅の性能はF2.8で良くない。ただし、周辺部は改善しており、絞るとさらに向上する。(非公式テストのためEOS R5との組み合わせと比較はできない)

像面湾曲:

  • 偏心の品質はまずまずだが、ソニーEマウント版よりも少し良好だった。サムヤン製レンズは個体によってばらつきがある。
  • 像面湾曲は小さい。

ボケ:

  • 玉ボケはとても騒がしい描写だ。広角レンズで優れたボケ描写を得られる機会は滅多にない。
  • 絞り羽根は7枚であり、F4まで絞ると既にボケが角ばり始める。

色収差:

  • 倍率色収差はかなり目立つ。ただし、この収差は画質を損なうことなく修正可能だ。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • RAWで3.8%と大きな樽型歪曲が発生する。超広角レンズとして珍しいことではないが、建築物などでは少し目立ち過ぎる。風景撮影では許容できると思う。
  • 自動補正は約2%まで低減するがソニーEマウント版と比べると効き目が弱い。

周辺減光:

  • F2.8で約3EVと非常に重い光量落ちが発生する。ただし、14mmの広角レンズとしては予想できる範囲内だ。
  • 絞ると改善するが目に付くままである。興味深いことに、この際の数値はソニーよりも少し高い。
  • 自動補正で-1.3EVまで緩和する。歪曲収差と同じく、効き目はソニーEマウント版のほうが良好だ。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 記載なし。

総評

スペックに比して非常に低価格で販売されている極端なレンズだ。これは通常、良い組み合わせではないが、大局的に見ると、サムヤンはここできちんとした仕事をしている。

中心部の広い範囲は、要求の厳しいユーザーにも適したシャープさだが、外側の品質は高画素センサーで苦労している。隅の解像度はソフトで、良い結果を得るためにはかなり絞る必要があり、それでもまだエキサイティングなシャープネスとは言えない。EOR R6やRPのような画素数の少ないカメラでは、このような問題はほとんど無いだろう。絞り値が中程度の場合には性能が格段に向上し、フレーム全体で非常にシャープな画像が得られる。
倍率色収差は四隅で目立ち、RAWには目立つ樽型歪曲が見られ、周辺光量もF2.8では非常に重い。ただし、これらは大部分が自動補正できる。ボケの質はまずまずだだが、この焦点距離で優れたボケ質レンズは見たことが無い。

ビルドクオリティは非常に説得力がある。ガタツキは無く、大部分は金属製だ。サテン仕上げはあまり好きではないが、これは好みの問題である。耐候性がないのは少し残念だが、この価格帯で驚くことではない。AFは超広角レンズとしては十分に速く、ノイズもない。

興味深いレンズだが、2つの注意点がある。これまでの経験から、サムヤンのレンズは個体差がかなり大きいことが予想され、キヤノンRFマウントのサードパーティ製レンズの将来については根本的な疑問がある。キヤノンは、ユーザーにどんな不都合があろうとも、自社にサードパーティメーカーを入れることに積極的ではないようだ。サムヤンがRFマウントのAFレンズの生産を再開するかどうかは、まだ分からない。

とのこと。
確かにサムヤン製レンズは個体差が大きいように感じます。私もいくつかサムヤン製レンズを購入してテストしていますが、購入数の割に初期不良が多く、偏心が強く見られる個体もいくつか存在しました。低価格で高性能なレンズも多いですが、購入後は早めにチェックしておくことをおススメします。幸いにも国内代理店を通して購入することで初期不良品を交換することは可能。(時間がかかる場合もあります)

さらに、サムヤンがキヤノンRFマウントのレンズ生産を停止していることも気になる情報ですね。あくまでもサムヤンの技術的な問題なのか、それともキヤノンが関わっているのかは不明。私は「AF 85mm F1.4 RF」を購入して使用していますが、極稀にカメラがフリーズすること以外は問題なく機能しています。今後はTinyシリーズのRFマウント版が登場するものと期待していただけに残念。

AF RFレンズは今のところ「AF 14mm F2.8 RF」「AF 85mm F1.4 RF」の2本ですが、どちらも作りは良好で、個体差や初期不良を回避できればコストパフォーマンスの高いレンズだと思います。14mmは光学的な欠点を含んでいるものの、低画素機では十分満足のいく結果を得られるかもしれません。

AF14mm F2.8の最新情報を集めるページはコチラ

AF14mm F2.8 FE
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
AF14mm F2.8 RF
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

競合レンズ

*一眼レフ用は要マウントアダプタ

サイト案内情報

Samyangレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Samyangレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-