SONYレンズ SONY標準レンズ レンズ 海外の評価

サムヤン AF45mm F1.8 FE 小型軽量ながら均質性の高いシャープネス【海外の評価】

スポンサーリンク

Phototrendがサムヤンのミラーレス用交換レンズ「AF45mm F1.8 FE」のレビューを掲載しています。

TEST SAMYANG 45 MM F/1.8 FE, UNE FOCALE INTERMÉDIAIRE TRÈS COMPACTE POUR TOUS TYPES DE PRISES DE VUE

  • サムヤンは2019年にフルサイズミラーレス対応の交換レンズを合計8本発表した。このレンズはその中の1本だ。小型軽量な標準単焦点レンズである。
  • あまり一般的な焦点距離では無いが、汎用性の高い焦点距離だ。35mmから50mmで画角の選択に迷っている場合にもおススメである。
  • APS-Cで使うと約67mm相当の画角となる。
  • レンズにはサイズにぴったりのハードケースが付属している。
  • 162gと驚きの軽さだ。α7 IIIと組み合わせることでミニマムなカメラシステムとなる。
  • 軽量だがビルドクオリティを損なっていない。
  • AF/MFスイッチは存在しない。カメラ側で操作する必要がある。
  • フォーカスリングのストロークはあまり長く無いが、正確に操作する十分な量が確保されている。
  • 防塵防滴は非対応だ。
  • シャープネスは均質性が高くディテールを正確に描写している。絞り開放だと少しソフトな描写となるので、ディテールを高めるためにF2.8まで絞ると良いだろう。
  • ボケは柔らかく「AF85mm F1.4 FE」とよく似ている。
  • 周辺減光は強すぎるものでは無いが、F2から解消し始め。F2.8で解消する。
  • 色収差の補正は完璧では無く、状況によって僅かに発生している。
  • 色再現は赤と緑の色再現がとても忠実だ。
  • オートフォーカスにはステッピングモーターを使用している。良い光環境ではとても滑らかに動作する。
  • 小型軽量で汎用性が高く、効果的なオートフォーカスで全ての人におススメできるレンズだ。システムサイズを抑えたいバックパッカーに最適である。

完璧では無いが、注目に値するレンズだ。

長所:小型軽量・ミニマルデザイン・F2.8の画質・オートフォーカス・柔らかいボケ・色再現性

短所:AF/MFスイッチなし・色収差・低照度でのAF・50mm単焦点と比べた時の価格設定

Phototrend:TEST SAMYANG 45 MM F/1.8 FE, UNE FOCALE INTERMÉDIAIRE TRÈS COMPACTE POUR TOUS TYPES DE PRISES DE VUE

とのこと。
低価格ながら良好な光学性能の標準単焦点レンズですね。私も発売日に入手して楽しみました。外装やレンズマウントがプラスチック製でビルドクオリティは正直心もとないと感じますが、光学性能は価格の割にとても良好な描写です。

同じ焦点距離の「45mm F2.8 DG DN」はより良好なビルドクオリティとボケ描写を備えていますが、少し高価でF2.8と暗いのが泣き所。個人的には手ごろな価格で全体的に描写も良好なコチラがおススメ。

AF45mm F1.8 FEのレビュー・作例を集めているページはコチラ

購入早見表

スポンサーリンク

関連レンズ

同社の関連レンズ
競合レンズ

サイト案内情報

Samyangレンズ関連記事

キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
EOS R/M 最大2万円 -2020/5/7 2020/5/22
GFX 最大15万円 -2020/3/31 2020/4/14
X-T4+レンズ 最大10万円 -2020/5/10 2020/5/25
Fuji X 最大2万円 -2020/3/31 2020/4/14
Nikon Z 最大4万円 -2020/3/31 2020/4/17
SONY GM 1万円 -2020/3/31 2020/4/14
E-M5 III 最大1.5万円 -2020/3/31 2020/4/14

-SONYレンズ, SONY標準レンズ, レンズ, 海外の評価
-

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.