SONYレンズ SONY広角レンズ カメラ レンズ 海外の評価

ソニーFE 24mm F1.4 GM コンパクトながら最高峰の24mm単焦点レンズ【海外の評価】

スポンサーリンク

Dustin Abbottがソニーの交換レンズ「FE 24mm F1.4 GM」のレビューを公開しています。

Sony FE 24mm F1.4 G Master Review

  • 多くのメーカーが見習ってほしいビルドクオリティのレンズだ。小型軽量かつ優れた性能を備えている。ミラーレスとの相性や見た目も良い。
  • 他の選択肢としてシグマ「24mm F1.4 DG HSM」が存在するものの、サイズが遥かに大きい。一眼レフ用レンズにミラーレス用のアダプターを組み込んでいるので全長と重量がかなり増えている。
  • GMasterシリーズでサイズについて褒めることは稀だ。是非ともこのレンズのサイズを確認して欲しい。控えめなサイズながら、間違いなくプレミアムなレンズだ。
  • 他のGMレンズと同じように絞りリングを備えている。この絞りリングは1/3段ごとにF1.4からF16まで動作する。レンズ右下のスイッチを操作することでクリックを解除することも可能だ。この絞りリングは電子制御のため、電源オフ時に操作しても動作しない。
  • フォーカスリングも電子制御だが、リニアな動作で回転速度の影響を受けない。これは動画撮影で特に重要だ。
  • 最短撮影距離におけるパフォーマンスは良好だ。
  • 11枚の絞り羽根により、絞っても玉ボケが円形を維持している。F4まで絞っても円形だ。ただし、小絞り時の光条は22本と多くなる。
  • フォーカス駆動にはDDSSMを使用している。静かで高速、そして正確なフォーカス駆動だ。瞳AFは良好に動作する。唯一気になったのは、強い逆光シーンにおけるオートエリアモードでミスショットが発生したことだ。稀な状況ではあるが、特定のシチュエーションでは注意した方が良いだろう。全体的に見ると優れたパフォーマンスのAFだ。
  • 歪曲収差はとても穏やかな樽型だ。
  • 周辺減光はF2まで絞るとほぼ解消する。
  • 絞り開放から優れた中央解像・優れた周辺解像を発揮する。四隅のみコントラストとディテールが僅かに低い。無限遠を使うとさらに四隅の甘さが目立つ。F2.8まで絞ると大きく改善し、とてもシャープな描写となる。
  • F2.8からF4まで絞るとさらに少し改善する。良好な発色・高いシャープネスとコントラスト・低歪曲はとても優れた風景レンズとなるだろう。
  • 玉ボケは本当に滑らかな描写だ。玉ねぎボケなど騒がし兆候は一切ない。前後のボケも非常に滑らかだ。騒がしくなりそうな背景でも非常い良好な描写を維持している。
  • 軸上色収差の影響が僅かにあるものの、マイナスと感じるほど目立つことは無い。
  • 画角と明るさ、そして周辺減光の小ささは天体撮影に適している。しかし、コマ収差補正はそこまで良く無い。F2まで絞ると減少するが、まだ収差が目に付く。天体撮影用として買うなら「14-24mm F2.8 DG DN」がより適しているはずだ。
  • 逆光耐性はとても良好だ。

ソニー最高の単焦点レンズとなる一本だ。機能性・光学性能・優れたAFの魅力的な特性が程よいサイズのレンズに収まっている。絞っても非常に有能なレンズとなるが、本当の強みはF1.4の明るさと質の高いボケ描写、そして広い画角だ。

GMを買うことが出来ない場合、シグマ「24mm F1.4 DG HSM」が選択肢となる。しかし、GMは小型でシャープ、優れたAFを備えつつシグマのほぼ半分程度の重量だ。
タムロン「24mm F/2.8 Di III OSD M1:2 Model F051 」は遥かに安い選択肢だが、ビルドクオリティ・操作性・性能が同じ水準とは言えない。光学性能は優れているが、開放F値が2段も大きく、AFは競合足り得ない。

予算が許すのであればEマウント最高峰の24mm単焦点レンズだ。付け加えると、GMasterの中では最も安い。

長所:サイズと性能の優れたバランス・美しく豊富な機能を備えたビルドクオリティ・防塵防滴・滑らかで静かな高速AF・リニアな動作で適度な減衰性を持つフォーカスリング・絞り開放から大部分で優れた光学性能・F2.8絞った時に非常にシャープな四隅・低歪曲・低周辺減光・とても滑らかなボケ

短所:非常に高価・コマ収差補正はそれほどでもない・逆光時のAF

Dustin Abbott:Sony FE 24mm F1.4 G Master Review

とのこと。
光学性能が良好でサイズが程よいことから、広角単焦点としては人気のあるレンズです。Dustin Abbottの作例を確認しても、確かにシャープでボケが綺麗な広角単焦点であることが分かります。大口径ながらレンズサイズが抑えられているのも強みと言えそうですね。

Flickrのグループページでは既に2000点以上のユーザー投稿が公開されています。α7R IVやα7R IIIと言った高画素機で撮影した作品も数多く存在し、ダウンロードして確認できるのでおススメ。高画素機でも四隅までシャープで魅力的な描写。24mm好きには最高の一本となることでしょう。

価格は10万円台後半と安く無いものの、このクラスのレンズとしては一般的な値付けと感じます。光学性能や取り回しの良さを考えると良心的な価格設定にすら見えます(キヤノンやニコンの最新単焦点レンズが非常に高価なので)。

FE 24mm F1.4 GMのレビュー・作例を集めるページはコチラ

スポンサーリンク

関連レンズ

サイト案内情報

ソニー関連レンズ

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29

-SONYレンズ, SONY広角レンズ, カメラ, レンズ, 海外の評価
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~