SONYレンズ 海外の評価

E 11mm F1.8は小さいながらも強力で魅力的なレンズ

Digital Camera Worldがソニー「E 11mm F1.8」のレビューを公開。カメラ側の補正に依存する樽型歪曲や周辺減光は目立つと指摘しつつ、コンパクトながら強力なレンズと評価しています。

Digital Camera World:Sony E 11mm F1.8 review

(基本的なスペックなどの紹介は割愛しています)

外観・構造:

  • 超広角レンズだがレンズフードは脱着可能だ。
  • 円形フィルターに対応している点も強みになるだろう。
  • しっかりとした作りの防塵防滴レンズである。

携帯性:

  • 超広角レンズとしては非常にコンパクトで軽量だ。

操作性:

  • フォーカスリングはリニアレスポンスで正確な微調整が可能だ。
  • E 15mm F1.4 Gと異なり絞りリングは搭載していない。

フォーカス:

  • 記載なし。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • F1.8で撮影してもフレーム全体で見事なシャープネスだ。
  • F2.8まで絞るとさらに改善する。
  • 絞り全域で一貫した性能だが、回折によりF11以降は低下する。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 記載なし。

色収差:

  • 軸上色収差・倍率色収差どちらも極僅かだ。
  • 補正無しでも無視できる程度だ。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 未補正で恐ろしいほど大きな樽型歪曲だ。

周辺減光:

  • 絞り開放時に周辺減光が目立つ。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 逆光耐性はとても良好である。

総評

APS-C Eマウント用の超広角レンズは、小型軽量でボディとの相性が良好だ。直感的な操作性と優れたオールラウンド性能で、風景、インテリア、天体写真、Vlog撮影に最適だ。自社ブランドレンズとしてはリーズナブルな価格設定となっており、コストパフォーマンスにも優れている。

小さくても力強く、APS-Cフォーマットの超広角レンズとして非常に魅力的な存在です。

  • 長所
    ・隅から隅まで見事なシャープネス
    ・AFLボタン
    ・防塵防滴
  • 短所
    ・絞りリングがない
    ・大きな樽型歪曲
    ・目立つ周辺減光

とのこと。
超広角の明るいレンズとしては比較的手ごろな価格の無印単焦点ですが、良好な光学性能を備えているみたいですね。歪曲収差や周辺減光を指摘しているものの、カメラ側での補正が簡単であり、特に心配する必要は無さそう。ただし、補正用プロファイルが無い現像ソフトでは手動補正が必要となるので少し手間と感じるかもしれません。しかし、そのリスクを考慮しても携帯性や光学性能は魅力的と言えるでしょう。動画撮影でも有効活用できそうですが、手ぶれ補正を搭載していないので電子ISやボディ内手ぶれ補正が必要となる点には注意が必要です。

ソニー E 11mm F1.8 最新情報まとめ

E 11mm F1.8
ソニーストア icon
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

レンズの仕様

レンズの仕様
発売日 2022年6月24日 初値 62,370円
マウント E 最短撮影距離 15cm
フォーマット APS-C 最大撮影倍率 0.13倍
焦点距離 11mm フィルター径 55mm
レンズ構成 11群12枚 手ぶれ補正 -
開放絞り F1.8 テレコン -
最小絞り F16 コーティング 不明
絞り羽根 7枚
サイズ・重量など
サイズ φ66×57.5mm 防塵防滴 配慮
重量 181g AF リニア
その他 AFLボタン・AF/MFスイッチ

関連レンズ

関連記事

-SONYレンズ, 海外の評価
-