OLYMPUSレンズ OLYMPUS標準レンズ レンズ 海外の評価

オリンパス 12-45mm F4 PRO は優れた小型軽量レンズだが12-40mm F2.8 PROも要検討【海外の評価】

スポンサーリンク

Digital Camera Worldがオリンパス製交換レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO」のレビューを公開しています。

Olympus M.Zuiko 12-45mm f/4 Pro review

  • ポケットに入る世界最小のF値固定ズームレンズだ。35mm判換算で24-90mmの焦点距離をカバーしている。レンズのサイズは明らかにセールスポイントとなる。
  • 外装は総金属製で防塵防滴に加え耐凍結仕様だ。防塵防滴の小型ボディ「OM-D E-M5 Mark III」との組み合わせが適している。
  • 小型軽量にも関わらず、12-40mm F2.8 PROと同じくらい頑丈だ。外観も似ているが、フォーカスクラッチやL-Fnボタンが無い。
  • ズームレンジ全域で0.5倍の撮影倍率を実現している。
  • 光学手ぶれ補正は搭載していないものの、ボディ側に強力な手ぶれ補正を備えているカメラが多い。
  • オートフォーカスは正確で高速だ。動画撮影時もほぼ同じように動作する。
  • 明るい環境やフラッシュを使える環境であればF4の絞り開放F値は問題とならない。
  • マイクロフォーサーズのF4でボケを作り出すのは難しいが、パンフォーカスは得やすい。
  • 中央は絞り開放から優れたパフォーマンスを発揮する。45mmの性能は平凡だが、それでも許容範囲内である。四隅は18mm・25mmでとても優れているものの、ズーム両端でソフトとなる。
  • シャープネスは特にマクロ領域で見事なパフォーマンスだ。
  • 色収差は実写でほとんど存在しない。
  • 歪曲収差は自動的に補正される。補正後の結果は広角側でわずかな樽型のみで心配することは無い。

コンパクトさとマクロ性能を優先し、明るさと機能性を犠牲にした面白い選択肢だ。F4はパンフォーカスで便利な時もあれば、ISO感度を押し上げる原因ともなる。

洗練されたレンズ設計であり、小型軽量ながらとても優れたパフォーマンスを発揮する。主に絞って撮影することが多いのであれば完璧だ。明るい環境やフラッシュを利用した撮影、特にマクロ撮影を楽しむ場合は素晴らしいオールラウンドレンズとなるだろう。

しかし、少し高価で大きい「12-40mm F2.8 PRO」で十分なシチュエーションは多い。

長所:小型軽量・マクロ・防塵防滴

短所:マニュアルフォーカスクラッチが無い・L-Fnボタンが無い・手ぶれ補正が無い

Digital Camera World:Olympus M.Zuiko 12-45mm f/4 Pro review

とのこと。
小型軽量で優れた光学性能と評価しつつも、価格設定やF4ズームであることを考えると「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」も要検討と言ったところですね。12-40mm F2.8は2月の値上げで少し高価となってしまったものの、1段明るい開放F値とフォーカスクラッチ・L-Fnボタンを備えています。お金に余裕があれば12-40mm F2.8 PROのほうが良い選択肢となりそうです。

その一方12-45mm F4はPROシリーズとしては最も安く、小型軽量で防塵防滴仕様のズームレンズです。キットレンズからのステップアップや小型軽量ボディ(特にE-M5系)で防塵防滴システムを組む時に良さそうですね。逆光耐性も多少良くなっている模様。

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PROの最新情報を集めるページはコチラ

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

オリンパスレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony E 最大5万円 -2020/7/26 2020/8/11
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-OLYMPUSレンズ, OLYMPUS標準レンズ, レンズ, 海外の評価
-

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.