【セール情報】Amazon「GODOX製品が最大19%OFF」「ProGrade COBALT 325GB 15%オフ
【予約販売開始】キヤノン「EOS R3・RF16・RF100400」ニコン「Z 40mm F2

LAOWAレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

LAOWA FF II Argus 35mm F0.95は非常に競争力のあるF0.95レンズ

XitekがVenus Optics「LAOWA FF II Argus 35mm F0.95」のレビューを公開。絞り開放から実用的で優れた画質のF0.95レンズに仕上がっており、競争力のある大口径レンズと評価しています。

Xitek:超大光圈猛将 老蛙FF II Argus 35mm F0.95测评

レンズの紹介:

  • LAOWAはこれまで広角レンズやマクロレンズの開発に注力してきたが、今年の初めにArgusシリーズを発表して大口径レンズの開発にも着手した。
  • フルサイズミラーレス用の光学設計で、対応マウントはソニーE・ニコンZ・キヤノンRFだ。
  • 35mmのF0.95レンズとしては今のところ唯一の存在である。
  • レンズ名の「Argus」はギリシャ神話の巨人の名前だ。

ビルドクオリティ:

  • 外箱は従来のLAOWAレンズと異なり、よりハイエンドなデザインだ。モデル名に加えてレンズのパラメータに関する情報が記載されている。
  • 箱の中にはレンズ本体の他に説明書・保証書・フードなどが入っている。
  • 花形レンズフードが同梱されている。
  • 外装は総金属製で一級品の質感と堅牢性だ。
  • フィルター径は72mmだ。
  • レンズ構成は9群14枚で、非球面レンズ1枚、EDレンズ1枚、特殊高屈折レンズ4枚を使用している。

携帯性:

  • 全長103mm・重量755gであり、小型軽量なレンズではない。
  • インナーフォーカスのためレンズ全長は変化しない。
  • Z5と組み合わせた際のバランスはとても良好だ。

操作性:

  • フォーカスリングは非常に滑らかで、適度なトルクで回転する。
  • 絞りリングを搭載しており、絞りに応じた被写界深度表示もある。
  • 絞りリングはクリックをオンオフの切替が可能となっている。無段階操作に切り替えることで動画撮影にも最適だ。

オートフォーカス:

  • フローティングフォーカス構造となっており、ピント距離によらない画質を期待できる。

マニュアルフォーカス:

  • 記載なし。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • F0.95から中央は比較的良好で実用的な画質である。端もきちんとしているが、MTF曲線どおり画質が低下する。
  • F1.4まで絞ると中央と端の画質が向上し、F2.8~F4で大幅に改善する。
  • F5.6で全体的なパフォーマンスが向上し、フレーム全体で均質な性能となる。
  • F5.6~F16でピークの性能を維持している。
  • 感銘を受けたのはF0.95における性能だ。F0.95の大口径としては競争力のあるレンズである。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • F0.95のレンズとして口径食は許容範囲内だ。隅でボケが変形するものの、それほど大きな問題ではない。
  • 後ボケは柔らかいが、小ボケが僅かに硬調だ。

色収差:

  • 大口径レンズは色収差が発生しやすいが、EDレンズで収差を抑えている。
  • 高コントラストな状況ではパープルフリンジが発生しているが、F2まで絞ると解消する。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 糸巻き型歪曲が発生しているが、後処理で補正可能だ。

周辺減光:

  • F0.95だと周辺減光が目立つが、予想外の影響ではない。
  • F1.4まで絞ると影響が弱くなり、F5.6以降は比較的小さくなる。
  • 解消するにはF8まで絞る必要がある。

コマ収差:

  • 点光源が変形しているのが見える。

逆光耐性:

  • F0.95で明らかなゴーストが発生する。
  • F11まで絞ると光条が発生し、ゴーストは極僅かとなる。

総評

長年マニュアルレンズの開発に携わってきたLAOWAは、ついに大口径単焦点レンズの開発に移行した。"Argus "シリーズは、出来映え、描写ともに優れており、開放絞りはF0.95で撮影する楽しさを味わえる優れた描写と充実した使い勝手の良さを評価したいと思う。 ソニー、キヤノン、ニコンのフルサイズミラーレス用に設計されたこのレンズは、インナーフォーカスの総金属製で、非常に扱いやすく、フルサイズミラーレスユーザーに最適だ。

とのこと。
フルサイズ用の超大口径レンズはTTAtisanや7Artisans、中一光学などが手掛けているものの、35mmの広角レンズとしてはLAOWAが初めて。比較的高価なレンズですが、LAOWAらしい優れた光学性能を備えており、これでF0.95の明るさを備えているのであれば安いくらいと言えそうです。実際に作例を確認してみると、F0.95から実用的な画質を実現していることが分かります。
国内での流通は始まっていませんが、サイトロンジャパンからそのうちアナウンスがあるかもしれません。ちなみに、既に「LAOWA CF Argus 33mm F0.95」は取り扱いを開始しています。

Venus Optics「LAOWA FF II Argus 35mm F0.95」交換レンズデータベース

LAOWA FF II Argus 35mm F0.95(簡易検索)
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連レンズ

関連記事

-LAOWAレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-