COSINAレンズ レンズ

コシナ Voigtländer NOKTON 35mm F1.2 Aspherical SE 交換レンズデータベース

このページでは一眼カメラ用交換レンズ「Voigtländer NOKTON 35mm F1.2 Aspherical SE」の情報を収集しています。

最新情報

レンズデータ

レビュー

作例

参考サイト

購入早見表

レンズデータ

レンズ仕様

焦点距離 35mm
口径比 1 : 1.2
最小絞り F22
レンズ構成 7群9枚
画角 61.9°
絞り羽根枚数 12 枚
最短撮影距離 0.3m
最大撮影倍率 1 : 5.8
最大径×全長 φ66.5×59.9mm
フィルターサイズ φ58mm
重量 387g
レンズフード 付属
電子接点 あり
 フォーカス拡大機能 対応
 Exif情報: 対応
 レンズ補正選択 可能
 5軸ボディー内手ブレ 対応(5軸対応ボディーに限る)

MTFチャート

レンズ構成図

関連レンズ

海外の評価

Sony Alpha Blog

Sony Alpha Blog:Voigtländer 35mm F1.2 Nokton SE

  • 「SEモデル」はデクリック機構を省略し、フォーカスリングの形状が異なっている。
  • ビルドクオリティはとても良好だ。外装は総金属製で、絞りリングとフォーカスリングはとても良好に調整されている。唯一の欠点は防塵防滴に対応していないことだろう。
  • フォーカスリングは適切に減衰しており、無限遠とMFDにハードストップがある。フォーカスリングは30cm~無限遠まで約180度だ。
  • ピント距離はファインダーにリアルタイムで表示される。特にこのタイプのレンズでは非常に便利だ。
  • 絞りリングは1/3段ごとにクリックストップがある。クリックレスのスイッチは存在しない。
  • シャープネス:α7R IV
    ・中央:F1.2から完全に実用可能な画質だ。シャープネスは良好だが、滲みが発生しているのでコントラストが低い。
    ・F4まで絞るとシャープネスが大幅に改善し、F4で際立った水準となる。
    ・残念ながら四隅はとても悪く、中央画質と比べて遥かに劣っている。
  • 周辺減光はF1.2でとても目立つが、F2まで絞るとほとんど解消する。
  • 小さな樽型歪曲があるものの、修正するほどでは無い。
  • 色収差はF1.2でとても目立ち、F4まで絞っても残存している。
  • 逆光耐性はとても良好だ。
  • F1.2ですら優れた光条が発生する。
  • F2の時点でとても優れたコントラストだ。
  • 後ボケはとても柔らかく心地よい。
  • 玉ボケは四隅で変形する。F1.4まで絞ると12枚の絞り羽根の形状が現れてしまう。
  • NOKTON 40mm F1.2・50mm F1.2と比べると、中央でより優れているが、四隅はあまり良く無いのでバランスが悪い。
  • シグマ「35mm F1.2 DG DN」は最上級のシャープネスとより良好なボケを得ることが出来る。後ボケはとても柔らかいが、フォクトレンダーのような滲みは発生しない。
  • 実写では、2mの撮影距離で撮影したポートレートでとても素晴らしい描写だ。1mの撮影距離では素晴らしい滲みを得ることが出来る。シャープな画質を得たい場合はF2.8~F4まで絞ると良いだろう。

NOKTON 35mm F1.2 SEスペシャルなレンズだ。とても柔らかい後ボケと、小ボケ領域の滑らかな描写を得ることが出来る。滲む傾向を含めてポートレートで非常に優れた描写だ。F1.2~F2までの個性的な写りとなるレンズだ。

長所:とても良好な後ボケ・柔らか小ボケ・滲み・F2.8から優れた中央シャープネス・良好なボケ・とても良好な逆光耐性・F1.2から素晴らしい光条・低歪曲・小型軽量・電子接点搭載・F2で周辺減光の影響がとても小さい

平凡:F1.2~F1.4の強い減光・F2以上い絞ると玉ボケが角ばる

短所:色収差補正がとても悪い・四隅のシャープネス・価格設定

サイト案内情報

コシナレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29

-COSINAレンズ, レンズ
-,

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~