【セール情報】Amazon「GODOX製品が最大19%OFF」「ProGrade COBALT 325GB 15%オフ
【予約販売開始】キヤノン「EOS R3・RF16・RF100400」ニコン「Z 40mm F2

SIGMAの情報 SIGMAレンズ カメラ レンズ 機材の噂情報・速報 機材レビュー 管理人レビュー 解像力チャート

シグマ「150-600mm F5-6.3 DG DN OS」レンズレビュー 解像チャート編

シグマ「150-600mm F5-6.3 DG DN OS Sports」のレビュー第三弾を公開。今回は6100万画素のα7R IVと組み合わせて恒例の解像力チャートを使ったテストを実施しています。

150-600mm F5-6.3 DG DN OSのレビュー一覧

まえがき

2021年に登場したシグマで13本目となるフルサイズミラーレス用レンズ。そしてミラーレスでは初となる「Sports」ラインの高性能モデル。ズームレンジから一眼レフ用「150-600mm F5-6.3 DG OS HSM」を彷彿とさせるものの、比較してサイズと重量が抑えられ、MTFを見る限りでは光学性能も飛躍的に向上している。軽量化しているにも関わらずしっかりとした防塵防滴仕様で、直進ズームにも対応する頑丈な作りを実現。フォーカス駆動にはステッピングモーター駆動を採用しており、静止画のみならず、動画撮影において滑らかで静かなフォーカスを期待できる。

概要
レンズの仕様
マウント E/L 最短撮影距離 58-280cm
フォーマット フルサイズ 最大撮影倍率 1:2.9
焦点距離 150-600mm フィルター径 95mm
レンズ構成 15群25枚 手ぶれ補正 4段分
開放絞り F5-6.3 テレコン 対応(L限定)
最小絞り F22-29 コーティング SMC・フッ素
絞り羽根 9枚
サイズ・重量など
サイズ φ109.4mm × 265.6mm 防塵防滴 対応
重量 2,100g AF STM
その他 AFリミッター・ズームトルク・カスタムモード
付属品
三脚座・フード

レンズ側面には一般的なAF/MF・AFリミッター・OS・OSモードスイッチ(3~6)の他に、一眼レフには無かったAFLボタンとズームトルクスイッチを搭載。AFLボタンはボディ側で好みの機能を登録することが可能。ズームトルクスイッチはズームリングを150mmでロックしたり、ズーム操作時のトルク調節(2段階)が可能となっている。

価格のチェック

一眼レフ用は20万円に迫る価格設定だったものの、今回は買い方次第で15万円以下での入手が可能。高性能化・小型軽量化・高機能化しているにも関わらず、価格は抑えられ、全体的に見て魅力的なパッケージを実現しているように見える。実際のところレンズの真価は如何ほどか?をこれから見ていきたい。

150-600mm F5-6.3 DG DN OS Sports Leica L
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
150-600mm F5-6.3 DG DN OS Sports Sony E
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

解像力チャート

撮影環境

テスト環境

  • カメラボディ:α7R IV
  • 交換レンズ:150-600mm F5-6.3 DG DN OS
  • パール光学工業株式会社「【HR23348】ISO12233準拠 8K解像力テストチャート(スチルカメラ用)
  • オリンパス HYRes 3.1 解析ソフト
  • 屋内で照明環境が一定
  • 三脚・セルフタイマー10秒・電子シャッター
  • RAW出力
  • ISO 64 固定
  • Adobe Lightroom Classic CCでRAW現像
    ・シャープネス オフ
    ・ノイズリダクション オフ
    ・色収差補正オフ
    ・格納されたレンズプロファイル(外せない)
  • 解析するポイントごとにピントを合わせて撮影
    (像面湾曲は近接で測定が難しいので無限遠時にチェックしています)
  • 近接でのテストであることに注意(無限遠側はさらに良好となる可能性あり)

補足

今回はRAW出力を元にしてシャープネスをオフの状態で検証しています。ボディ出力のJPEGやRAW現像でシャープネスを整えるとより数値が向上する可能性があります。今回の数値はあくまでも「最低値」とお考え下さい。

150mm

中央

絞り開放から非常に良好な結果を得ることができる。絞ることにより少し改善するものの、解像性能に大きな変化は見られないので、ISO感度やシャッタースピード優先で絞り開放を使うのは賢い選択肢。6100万画素のα7R IVを使う場合、F5.6をピークとして徐々にパフォーマンスが低下する。F11付近から回折の影響が強くなり、画質低下のスピードが速くなるので注意したい。

周辺

中央と比べると1~2グレードの画質低下が見られるものの、許容範囲内に収まっている印象あり。ただし、6100万画素を有効活用するつもりならF8まで絞って使いたいところ。F8まで絞ると4000近い数値まで解像性能が向上し、F16まで同程度のパフォーマンスを維持している。以降は回折の影響で急速に画質が低下するので気を付けたいところ。

四隅

周辺と比べてさらに画質が低下する。解像性能を重視するのであれば、やはりF8までは絞って使いたい。絞ると徐々に性能が向上し、ピークとなるのはF11付近。ただし、ここまで絞ると中央のパフォーマンスが1ランク低下するので悩ましいところ。隅の画質は妥協するならF8付近が無難。

数値確認
中央 周辺部 四隅
F5.0 4372 2769 2296
F5.6 4744 2937 2470
F8.0 4525 3844 3245
F11 4186 3849 3583
F16 3695 3877 3374
F22 3013 2722 2858

200mm

中央

絞り開放から4500を超える極めて良好なパフォーマンスを発揮。使用したチャートの限界値に達しており、絞ることでさらに伸びしろが少し残っているように見える。F8以降は回折の影響で急速にパフォーマンスが低下する。周辺や隅とのバランスを取るのであればF11までが許容範囲か。

周辺

150mmと比べると絞り開放の画質が改善。このままでも十分に実用的な画質だが、絞るとさらに性能が向上し、F11付近で中央に追いつく。その後は回折で急速に低下。

四隅

150mmと比べてずっと良好で、周辺に近い性能を発揮する。その後の傾向もよく似ているが、絞った際の伸びしろには制限があり、F8以降でこれと言った上昇は見られない。画質とのバランスを考慮するのであればF8付近の使用がベスト。

数値確認
中央 周辺部 四隅
F5.6 4708 3491 3301
F8.0 4781 4073 3776
F11 4355 4306 3853
F16 3826 3557 3398
F22 2648 2805 2879

300mm

中央

200mmと同じく絞り開放から4500を超える極めて良好な結果。絞っても改善することは無く、むしろ低下し始める。被写界深度に問題が無ければ絞り開放を積極的に使いたいところ。許容範囲はF16付近で、F22~F25はかなりソフトな画質となる。それほど被写界深度やシャッタースピードを調整する必要がある場合を除いて避けたい絞り値。

周辺

なんと中央と同じく4500を超える極めて良好な性能を発揮。パフォーマンスは中央とほぼ同じで、絞り開放がピークの性能となり、絞ると徐々に解像性能が低下する。許容範囲はF16付近で、F22~F25はかなりソフトな画質となる。それほど被写界深度やシャッタースピードを調整する必要がある場合を除いて避けたい絞り値。

四隅

絞り開放から4000を超える非常に良好な性能。絞っても大きく改善しないので、解像性能を重視する場合は絞り開放を使えばOK。

数値確認
中央 周辺部 四隅
F5.6 4767 4591 4158
F8.0 4526 4457 4176
F11 4145 3890 4318
F16 3666 3511 3243
F22 3063 2791 2805
F25 2616 2477 2523

400mm

中央

300mmと比べるとパフォーマンスが僅かに低下するものの、それでも非常に良好な結果を維持している。やはり絞ると徐々に画質が低下するので、パフォーマンス重視であればF6.3を積極的に使いたい。回折の影響はF16まで緩やかなので、場面によってはためらわずに小絞りを使うことが出来る。ただし、F16以降は急速に画質が低下する点に注意したい。

周辺

300mmと比べるとパフォーマンスは低下するものの、それでも4000を超える非常に良好な解像性能。絞って性能が低下する傾向は中央と同じで、F11までは緩やかに低下し、以降で画質低下の速度に勢いがつく。周辺部まで画質を重視する場合はF11までにとどめておきたい。

四隅

300mmと同程度のパフォーマンス。ただし、絞るとすぐに性能が低下し始める点で300mmと異なる。画質の均質性とパフォーマンスを両立させたいのであれば絞り開放を使うのがベスト。

数値確認
中央 周辺部 四隅
F6.3 4509 4205 4047
F8.0 4406 4023 3788
F11 4044 3840 3423
F16 3855 3198 3314
F22 2819 2628 2801
F25 2477 2258 2295

500mm

中央

400mmを超えると中央のパフォーマンスに低下の傾向が見られる。と言っても非常に良好な性能に違いは無く、F11~F16まで同程度の性能を維持しているのは評価できるポイント。ただし、F16を超えると急速に画質が低下するので気を付けたい。

周辺

ズーム中間域と比べると解像性能は低下するが、良好な性能であるのは確か。絞ってもこれと言って改善しないので、被写界深度が必要無ければ絞り開放を使えば問題ない。

四隅

良好な性能ではあるものの、300mmや400mmと比べると画質低下が目立つ。そして6100万画素を活かすには少し力不足感がある。ただし、F11まで絞ると周辺の性能に追いつくので、絞れる環境であれば絞って使うのも一つの手。

数値確認
中央 周辺部 四隅
F6.3 3898 3640 3250
F8.0 4135 3607 3316
F11 4218 3668 3674
F16 3843 3651 3570
F22 2822 2858 2904
F29 2324 2476 2359

600mm

中央

驚いたことに500mmよりもパフォーマンスが向上している。150-600mmの望遠端としては非常に良好な性能。タムロン150-500mm F5-6.7 Di III VC VXDの望遠端とほぼ互角なので、テレ端を重視する人にとって600mm F6.3のアドバンテージは大きい。性能はF8まで維持され、その後は回折の影響で徐々に性能が低下する。

周辺

驚いたことに周辺解像も500mmより良好。望遠端の周辺解像としては非常に優れており、シグマが新製品プレゼンテーションで「600mmの単焦点がズームする」と発言していたのはあながち嘘ではない。絞っても性能が改善することは無いものの、気軽に絞り開放を使うことが出来る。

四隅

中央や周辺ほど良好では無いものの、500mmよりも少し良好で、絞り開放から実用的な画質に違い無し。絞り全域でパフォーマンスが安定している。

数値確認
中央 周辺部 四隅
F6.3 4406 4007 3440
F8.0 4389 3940 3407
F11 3836 3970 3390
F16 3628 3640 3268
F22 2934 2908 2736
F29 撮り損ねた

競合レンズ比較

おそらく、最も比較検討されるのはタムロン「150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD」だと思われる。同じ超望遠ズームで、似たような価格、似たようなズームレンジ、似たような接写性能を備えている。2本のレンズにおける広角端・中間・望遠端を見比べた結果が以下の通り。

解像性能は非常に良く似ているものの、どの焦点距離においてもシグマが僅かにリードしている。この結果を実写で感じ取ることができるかどうか微妙な差ではあるものの、ズームレンジがタムロンより広いにも関わらず、同程度のパフォーマンスを備えているシグマを高く評価したい。

今回のおさらい

予想していたよりもずっと良かった。タムロンよりも光学倍率が高く、600mmまでカバーしているにも関わらず、望遠端で目立った画質の低下が無い点は大いに評価できるポイント。もちろん撮影距離によっては今回のテスト通りの結果が得られない可能性はある。それでも同じテスト環境でタムロンよりも良好な望遠端の性能であるのは確か。

隅のパフォーマンスを重視しないのであれば、基本的に絞り開放がピークの性能と考えて問題無いはず(150mmを除く)。ただし、遠景解像テストではハイライトに色収差が発生する可能性があり、場合によってはコントラスト改善のために絞ったほうが良い場面があるかもしれない。そのようなシーンを除けば、ISO感度やシャッタースピードを優先して良いと思われる。

風景撮影にも積極的に使っていきたい解像性能。ただし、F11~F16を超えると急速に画質が低下するので、被写界深度とのバランスには気を付けたい。

購入早見表

管理人
当ブログはアドセンスやアフィリエイトなどの広告収入で維持・管理しています。もしも記事が参考になりましたら、当ブログのリンクから購入していただけると幸いです。
150-600mm F5-6.3 DG DN OS Sports Leica L
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
150-600mm F5-6.3 DG DN OS Sports Sony E
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

作例

オリジナルデータはFlickrアルバムから閲覧可能です。

関連レンズ

関連記事

-SIGMAの情報, SIGMAレンズ, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報, 機材レビュー, 管理人レビュー, 解像力チャート
-,