「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Panasonicレンズ Panasonic広角レンズ Panasonic関連の情報 カメラ レンズ 機材の噂情報・速報 機材レビュー 海外の評価

LEICA DG 10-25mm F1.7 ASPHはビデオグラファーなら真剣に検討すべきレンズ【海外の評価】

投稿日:

PhotographyBlogがパナソニックのマイクロフォーサーズ用交換レンズ「LEICA DG Vario-Summilux 10-25mm F1.7 ASPH」のレビューを掲載しています。

  • 10-25mm F1.7というスペックを考えるとマイクロフォーサーズ用レンズとして大きく(12.8cm)重い(690g)レンズであることは驚くべきことでは無い。
  • ズーミングで内筒が伸び縮みする。25mm時に最長となり、13mmで最短となる。
  • フォーカスモードの切り替えはスイッチでは無くフォーカスリングのクラッチ機構を利用する。スライドするとピント距離表示が見える。
  • フォーカス駆動はバイワイヤ方式のステッピングモーターだ。0.28mm-無限遠の両端にはハードストップがあるものの、被写界深度指標は無い。
  • オートフォーカスは非常に高速で信頼できるものだ。
  • 絞りリングは1/3ステップで動作する。素晴らしい滑らかさのデクリック機構なので動画撮影に最適だ。その一方、絞りリングの目測で正確な絞り値を操作するのは難しい。
  • 外装は金属製だ。「完璧な耐候性」とは呼ばなくなってしまったが、防塵防滴に加えてー10℃までの耐寒仕様だ。
  • 色収差はこのレンズでは問題とならない。
  • 周辺減光はF1.7で四隅の減光が目に付くがそれほど大きくはない。
  • 10mmで明らかな樽型歪曲が目に付くものの、それほど極端ではない。
  • ボケの評価には個人差があるものの、我々の見解としてゃとても素晴らしい描写だ。
  • シャープネス
    10mm:中央・四隅どちらもF1.7-F8まで優れたパフォーマンスだ。F11から回折による低下が見られる。
    12mm:中央・四隅どちらもF1.7-F8まで優れたパフォーマンスだ。F11から回折による低下が見られる。
    14mm:中央・四隅どちらもF1.7-F8まで優れたパフォーマンスだ。F11から回折による低下が見られる。
    18mm:中央・四隅どちらもF1.7-F8まで優れたパフォーマンスだ。F11から回折による低下が見られる。
    25mm:中央・四隅どちらもF2-F8まで優れたパフォーマンスだ。F11から回折による低下が見られる。

LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm/F1.7 ASPH.は優れた光学性能と驚きの明るさ、リニアなフォーカスリングとデクリック仕様の絞りリングを備えた動画撮影に魅力的なレンズだ。焦点距離全域、絞り値全域で優れた性能を発揮するので数多くの単焦点レンズに取って代わることが出来る。

プロのビデオグラファーであれば真剣に購入を検討すべき魅力的で個性的で多目的な優れたレンズだ。

PhotographyBlog:Panasonic Leica DG Vario-Summilux 10-25mm F1.7 ASPH Review

とのこと。

ePHOTOzineと同じくズームレンジ全域でとても良好なパフォーマンスを発揮するようですね。実写作例を多数公開しており、やはり非常に良好な光学性能であることが分かります。

F1.7の明るいレンズながら逆光でも色収差が少なく、フレーム周辺部もシャープな画質と言うのは単焦点レンズ以上と言えるかもしれません。ボケも非球面レンズの影響が少なく、きちんとした描写のようです。

絞リングがデクリック仕様限定となっており、静止画メインだと少し使い辛そうです。クリック仕様に切り替えられると良かったですねえ。

LEICA DG Vario-Summilux 10-25mm F1.7 ASPHのレビュー・作例を集めるページはコチラ

LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm/F1.7 ASPH.
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連レンズ

サイト案内情報

パナソニック関連ページ

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

現在のキャッシュバックキャンペーン一覧表

キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
GFX50R&GF 最大15万円 -2019/9/1 -2019/9/17
ツアイス ミラーレス 最大2万円 -2019/8/18 -2019/8/21
E-M1 II+PRO 最大7万円 -2019/9/30 -2019/10/15
フジX・XF 最大3万円 -2019/9/1 -2019/9/17
RX100シリーズ 5千円 -2019/7/28 -2019/8/13
Sony α7 最大3万円 -2019/7/28 -2019/8/13
Sony APS-C α 最大1.5万円 -2019/7/28 -2019/8/13
EOS Kiss M 最大5千円 -20119/9/30 -2019/10/15
Nikon Z 最大4万円 -2019/7/29 -2019/8/23

-Panasonicレンズ, Panasonic広角レンズ, Panasonic関連の情報, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報, 機材レビュー, 海外の評価