OLYMPUSレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

OM SYSTEM 40-150mm F4 PROは小型軽量ながらシャープなレンズ

Amateur Photographerが「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0 PRO」のレビューを公開。主に操作や機能面で妥協が見られるものの、絞り開放からシャープな小型軽量の望遠ズームと評価しています。

Amateur Photographer:OM SYSTEM M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150MM F4.0 PRO REVIEW

外観・構造:

  • デザインは他のPROシリーズとよく似ている。ズームリングとフォーカスリングはどちらも金属製だ。
  • 伸びる内筒はプラスチック製である。

携帯性:

  • 沈胴構造を採用しているので、収納時はカメラで撮影することができない。
  • 比較的軽量で、E-M5など比較的軽量なカメラと組み合わせてもバランスは完璧だ。

操作性:

  • 沈胴構造を展開すると、誤操作で引っ込めてしまうことが無いようにハードストップがある。
  • MFクラッチ構造がないのでイライラする時がある。
  • フォーカスリングは正確で滑らかな操作が可能だ。

フォーカス:

  • F2.8 PROと比べ、OM-1の50fps AF追従連写に対応していない。
  • S-AFモードでは被写体を瞬間的かつ正確に捕捉する。
  • フォーカスリミッターはないが、動体にうまく追従している。ただし、高速移動する被写体は僅かに遅延が見られた。
  • フォーカス駆動音は静かで、動画撮影でも録音されることはない。
  • 目立つフォーカスブリージングは発生しない。
  • 動画撮影にも適しているが、残念ながらリニアレスポンスのフォーカスリングが無い。

手ぶれ補正:

  • 光学手ぶれ補正は搭載していないが、このレンズの焦点距離であればボディ内手ぶれ補正が効果的だ。

解像性能:

  • 隅から隅までシャープなレンズだ。
  • F5.6以降で回折の影響が出始めるが、F4からシャープなので絞る必要は無い。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • マイクロフォーサーズのF4ズームレンズとなるので、ボケは小さく、背景は少し騒がしく見える場合がある。

色収差:

  • 倍率色収差は自動的に補正される。
  • コントラストが高いシーンでは僅かに色づきが見られるが、目障りではない。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 歪曲収差は自動的に補正される。

周辺減光:

  • 光量落ちはほとんど無く、F4で隅が僅かに暗くなるだけだ。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 逆光時にフレアやゴーストの影響は見られなかった。

総評

多くの点で期待に対して見事に応えている。12-45mm F4 PROと同様、小型軽量なパッケージから美しいシャープな結果が得られる。絞り開放から十分なディテールが得られるので、焦点距離と絞りのスイートスポットを探す必要もない。絞り込み過ぎないのがコツとなる。

しかし、コンパクトサイズと引き換えに、いくつかの妥協点を受け入れる必要がある。F4は背景をボカすには不向きで、AFも高価なレンズに比べると動きの速い被写体にはついていけない。しかし、多くのユーザーは携帯性と引き換えに、これらの欠点を喜んで受け入れてくれるのではないかと思う。

ラインナップの中で、同じ範囲をカバーするエントリークラスとF2.8プロズームの間の隙間をきちんと埋める、素晴らしい小型レンズといえる。コンパクトなマイクロフォーサーズボディとの相性が特に良いが、軽量化を目指すE-M1/OM-1ユーザーにとっても同様に良い選択である。標準ズーム12-40mm F2.8や12-45mm F4.5との相性も抜群だ。

  • 長所
    ・小型軽量
    ・シャープ
    ・IP53の防塵防滴
    ・高速かつ静かなAF
  • 短所
    ・MFクラッチがない
    ・AF/MFスイッチがない
    ・L-Fnボタンがない
    ・C-AFの性能はF2.8 PROほどではない

とのこと。
2022年に登場した小型軽量なF4望遠ズームレンズですね。F2.8 PROと違いテレコンバージョンレンズや50fps AF/AE追従連写に対応していませんが、携帯性を重視する場合には面白い選択肢となりそうです。特に沈胴構造を採用しているので、カメラを収納するスペースが限られている場合に高品質な望遠ズームレンズを使いたい場合に最適。沈胴構造を展開後はインナーズーム方式で動作するため、ズーム操作で全長に変化が無いのは興味深い設計ですね。

今のところ光学性能は肯定的な評価が多く、Amateur Photographerも全体的に長所が多いレンズとレビューしているように見えます。ボケが少し騒がしく、自動補正が外れた際の歪曲収差や周辺減光が気になるものの、一般的な使用環境であれば、画質面で特に心配する項目は無さそう。ここ最近のPROレンズらしく逆光耐性に強い(と言われている)のも嬉しいポイント。

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0 PRO 最新情報まとめ

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0 PRO
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ビックカメラ icon キタムラで中古品を探す

関連レンズ

関連記事

-OLYMPUSレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-