OLYMPUSレンズ OLYMPUS広角レンズ OLYMPUS標準レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

OMDS「M.ZUIKO 8-25mm F4.0 PRO」は旅のお供の有力候補

ePHOTOzineがOMDS「M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO」のレビューを公開。F4と小口径ながら、小型軽量で汎用性の高いズームレンジと高い光学性能を高く評価しています。

ePHOTOzine:Olympus M. Zuiko 8-25mm F/4.0 Pro Lens Review

レンズの紹介:

  • 35mm判で16-50mmに相当する非常に便利なズームレンズだ。開放F値はF4だが、F2.8よりもコンパクトな光学系に仕上がっている。

ビルドクオリティ:

  • しっかりとしているレンズだ。
  • 防塵防滴仕様で、IPX1に準拠している。これは水滴が垂直に落下した時に耐性があることを示しており、大雨は避けるべきかもしれないが、耐候性を具体的に示している点では満足のいく仕様だ。
  • 花形レンズフードが付属している。
  • フィルター径は72mmだ。

携帯性:

  • 411gと適度な重量がある。

操作性:

  • フォーカスリングをスライドすることでピント距離表示のあるフォーカス操作が可能である。
  • フォーカスリングは誤ってスライドしやすく、この際にAFが効かなくなる。これに気が付くまでに少し時間がかかる。
  • 沈胴構造であり、使用時は8mmまでズームリングを操作し鏡筒を伸ばす必要がある。
  • L-Fnボタンを搭載しており、カメラ側で機能をカスタマイズすることが出来る。

オートフォーカス:

  • リニアモーター駆動のAFは静かで高速だ。
    (訳注:ステッピングモーター駆動だったはず)
  • 最短撮影距離は0.23mで、この際の撮影倍率は0.21倍だ。マクロレンズでは無いが、便利なクローズアップ性能である。

マニュアルフォーカス:

  • 記載なし。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • 8mmは中央がF4からF8までExcellent、F11でVery good、F16でGood、F22でFairだ。端はF4でExcellent、F5.6とF8でVery good、F11でGood、F16でFairとなり、F22でSoftとなる。
  • F22は回折の影響が強いので、このフォーマットでF22の選択肢が必要かどうか疑問だ。しかし、撮り手の選択肢にはなる。
  • 10mmの中央はF4でOutstanding、F5.6-8でExcellent、F11でVery good、F16でGood、F22でFairだ。端はF4~F8でVery good、F11でGood、F16でFair、F22でSoftだ。
  • 18mmの中央はF4~F8でExcellent、F11でVery good、F16でGood、F22でFairだ。端はF4~F8でExcellent、F11でVery good、F16でGood、F22でFairだ。
  • 25mmの中央はF4~F8でExcellent、、F11でVery good、F16でGood、F22でFairだ。端はF4~F5.6でExcellent、F8~F11でVery good、F16でGood、F22でFairだ。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • ボケは滑らかで不自然ではない。
  • 8-25mm F4で大きなボケを得ることは難しい。

色収差:

  • 色収差の補正は見事で、問題となる可能性はほとんど無い。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 8mmで-1.06の樽型だ・広角レンズとしては良好である。
  • 10mmは-0.04%と僅かで、18mmまでまったく歪曲が見られない。
  • 25mmは-0.01%の樽型だが、これも問題とならない。

周辺減光:

  • 周辺減光はとてもきちんとしている。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • ゴーストを発生させるのは簡単だが、かなり小さく、適切に抑えられている。

総評

このレンズはまさに万能レンズで、性能も良く、コンパクトで、価格も手頃なので、旅のお供として有力候補だ。近接撮影ができるのも魅力である。

唯一の制限は、本質的に回折限界があるフォーサーズフォーマットに関連している。これは結果にはっきりと表れている。レンズをF8、場合によってはF11よりも低い絞り値に保つ限り、非常に鮮明な画像が得られるだろう。

被写界深度も問題で、このレンズは、絞り開放で背景をぼかした撮影には不適である。マイクロフォーサーズでは被写界深度が深すぎる。逆に言えば、できるだけ深い被写界深度を求める人には高い満足感が得られるだろう。強くおススメできるレンズだ。

  • 長所
    ・F8まで優れたシャープネス
    ・良好な色収差補正
    ・低歪曲
    ・穏やかな周辺減光
    ・防塵防滴
    ・高速で静かなAF
    ・小型軽量
  • 短所
    ・回折の影響
    ・フォーカスクラッチの誤操作
    ・逆光耐性

とのこと。
解像性能はPROレンズらしく絞り開放からピークのパフォーマンスを発揮している模様。12-100mm F4 IS PROと似たような傾向ですね。歪曲収差や周辺減光はソフト補正込みの評価となっているように見えますが、それでも解像性能に問題は見られない模様。
手持ちの8-25mm F4をテストしたところ、未補正のRAWでは大きな樽型歪曲が発生しています。マイクロフォーサーズカメラのRAWは内部に補正用プロファイルが格納されているので(敢えて補正を適用しないような現像方法以外で)大きな問題とはならないはず。

便利なズームレンジと、そこそこ携帯性の良いレンズサイズが相まって、確かに旅行や行楽で使いやすいレンズに仕上がっています。使用時は沈胴構造を伸ばす必要があるので若干の不便さは感じるものの、広角8mmから標準25mmまでを扱えるメリットは大きい。ほとんどボケを得られない点には目を瞑る必要がありますが、小さい被写体であれば接写することで被写界深度を浅くすることが可能。
「F4広角ズーム」として考えると価格は高めですが、新境地の「広角高倍率ズーム」と適当な価格設定かなと。(それでも安いとは感じませんが…)

OMDS「M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO」交換レンズデータベース

M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Facebook

最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-OLYMPUSレンズ, OLYMPUS広角レンズ, OLYMPUS標準レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-