【価格情報】BLACK FRIDAY「Amazon」「SmallRig」「PERGEAR

COSINAレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

コシナAPO-LANTHAR 110mm F2.5は実に上品なレンズ

ePHOTOzineがコシナ「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount」のレビューを掲載。中央からフレーム端まで均質的で非常に高い解像性能を発揮し、使っていて楽しく、素晴らしい結果が得られる、実に上品なレンズと評価しています。

ePHOTOzine:Voigtlander 110mm F/2.5 Macro APO Lanthar Lens Review

ビルドクオリティ:

  • 金属製レンズフードが付属しており、58mmフィルターネジに装着する。
  • レンズキャップはレンズ本体とレンズフード用の2種類が用意されている。
  • フォーカス操作で内筒が大きく伸びるが、しっかりとした作りだ。
  • 金属マウントには電子接点がある。ボディ側の5軸手ぶれ補正に対応し、MF自動アシストも利用可能だ。
  • レンズ構成は12群14枚で、3つのフローティングフォーカス群を備えている。

携帯性:

  • 大きく、太く、かなり重いレンズだ。
  • 重量は771gある。

操作性:

  • 非常にストロークの長いフォーカスリングを搭載している。
  • フォーカスリングにはピント距離表示と撮影倍率を確認できる。
  • 被写界深度の表示もあるが、焦点距離と撮影距離を考慮すると有用性は限られる。
  • 絞りリングは滑らかに回転し、十分な軽い操作のクリックストップが得られる。
  • このレンズはクリックを解除することが出来ない。

オートフォーカス:

  • 記載なし。

マニュアルフォーカス:

  • AF非対応だが、マクロ撮影ではMFを使う場合が多い。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • 中央と端の画質は絞り全域で実質的に同程度だ。F2.5からF4までOutstandingとなり、以降は回折により徐々にパフォーマンスが低下する。
  • F5.6でExcellent、F8からF16までVery goodだ。F22でもGoodを維持している。
  • F22でさえ満足のいく画質を維持しているのは注目に値する。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 騒がしい背景でも、ボケはとても滑らかで快適な描写である。
  • 絞っても良く維持している。

色収差:

  • 色収差は良好に補正されている。
  • アポクロマート設計ではないレンズも良好な色収差補正を実現しているが、このレンズも遜色のないパフォーマンスだ。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • +0.73%のわずかな糸巻き型歪曲だ。

周辺減光:

  • F2.5-2.8で目に付くが、絞ると急速に改善する。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 逆光耐性は良好だ。
  • 最も厳しい環境でわずかなゴーストが発生する。

総評

マニュアルフォーカスレンズ、特に単焦点レンズは復活を遂げているように見える。大きさや重さ、時には品質や使いやすさの面でも多くの利点がある。「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount 」は、優れたマクロレンズであり、α7R IIIはもちろん、他のソニーボディとも非常に相性が良い。かなり重くてかさばるレンズなので、APS-Cボディで使おうとすると、ちょっと無理があるかもしれない。しかし、フルサイズカメラでは全く問題ない。

嬉しいことに、電子接点に対応しているので、現場でのピント合わせがスムーズでとても簡単だ。三脚を使ってマクロ撮影しても、その性能は申し分なく、AFはあまり必要ない。使っていて楽しく、素晴らしい結果が得られる、実に上品なレンズだ。「エディターズ・チョイス」にふさわしい。

  • 長所
    ・際立つシャープネス
    ・美しいビルドクオリティ
    ・マクロ距離での品質
    ・逆光耐性
    ・低色収差
    ・穏やかな周辺減光
    ・滑らかなボケ
    ・電子接点あり
    ・MFアシスト
  • 短所
    ・防塵防滴非対応
    ・MF限定

とのこと。
中央からフレーム端まで非常に優れた解像性能を発揮する模様。少なくとも4200万画素のα7R IIIでは絞りによる画質の改善効果は薄く、寧ろ絞ると回折の影響がパフォーマンスが低下する模様。と言っても小絞りF22を使っても結果は非常に良好で、絞り値全域で満足のいく結果が得られるのは凄い。解像性能に加え、細部のコントラストが非常に高く、パンチのある解像感が得られています。近距離でもパフォーマンスに顕著な低下は見られないのは、フローティングフォーカスのおかげでしょうか?
ボケは滲みを伴うような柔らかいボケではないものの、悪目立ちせず、周辺部まで滑らかな描写を維持しているように見えます。価格は10万円超と決して安くは無いものの、等倍マクロで優れた光学性能のレンズを探しているのであれば面白い選択肢となりそうです。

コシナ MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount データベース

MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon PREMOA icon キタムラ中古品を探す

関連レンズ

コシナレンズ関連記事

-COSINAレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-