Nikonレンズ Nikon広角レンズ Nikon関連の情報 Z NIKKOR レンズ 機材の噂情報・速報 海外の評価

ニコン NIKKOR Z 24mm f/1.8 S 絞り開放付近の周辺画質が期待外れ【海外の評価】

スポンサーリンク

Lenstipがニコン製ミラーレス用交換レンズ「NIKKOR Z 24mm f/1.8 S」のレビューを掲載しています。

Nikon Nikkor Z 24 mm f/1.8 S

  • レンズ構成枚数は一眼レフ用と変わらないが、F1.8 Sシリーズとしては複雑な光学設計のレンズだ。
  • 直径29mmの後玉はレンズマウント付近に配置され、周囲は反射防止用の塗装が施されている。ここで非難すべきポイントは無い。
  • 製造国は中国だ。
  • 39mm幅のフォーカスリングはステッピングモーター駆動の電子制御式だ。回転量は回転速度に依存しており、素早く回すと90度未満、ゆっくり回すと180以上の回転量が必要となる。ただし、インジケーターが表示されないのでゆっくり回転させてもMFは難しい。
  • 金属製のフォーカスリングは傷つきやすい。
  • 解像度
    -Z 7のRAWに基づいて測定している。
    -レコードに達するレンズは85lpmmを超える可能性がある。
    -優れた単焦点レンズは80~85lpmmだ。
    -良像の基準値は42~44lpmmだ。
    -フレーム中央は絞り開放から50lpmmを超え、完全に実用的な画質だ。絞ると素早く改善し、F4で80lpmmに達する。ただし、一眼レフ用の24mm F1.8も非常に優れた性能である。
    -APS-C領域ではF2.5まで、フルサイズ四隅はF2.8まで絞らないと良像を下回る画質となる。フレーム中央と端で大きな画質差を感じるはずだ。
    -AF-S 24mm F1.8Gは24mm F1.8 Sより画質差が小さく、F1.8からシャープな描写だった。ミラーレス用広角レンズとしては残念な結果だ。
  • 軸上色収差は絞り開放で僅かに発生し、1段絞っても収差が残っている。
  • 倍率色収差は0.04%未満の非常に低い数値に抑えられている。実写で知覚することは出来ないだろう。
  • 球面収差の補正が完璧では無く、F1.8からF2.5に絞るとことで被写界深度が遠方へ移動している。玉ボケへの影響もみられる。
  • 歪曲収差はAF-S 24mm F1.8Gと同程度だ。ただし、陣笠状歪曲を伴っているので注意が必要である。
  • コマ収差はAPS-C領域でも確認できる影響がある。フルサイズ四隅は1段絞っても影響が残る。ただし、このカテゴリはF1.8Gがより悪い結果だった。
  • 非点収差は20.4%とF1.8Gと比べて顕著に悪い。
  • 広角レンズとしては見栄えの良いボケだが、玉ボケには「玉ねぎボケ」の兆候がある。口径食は四隅の端でのみ影響を受ける。
  • 周辺減光はF1.8でー2.57EVと強く、一眼レフ用よりも悪い結果だ。F2まで絞ってもー2.18EVほど残っている。
  • 逆光耐性は非常に効果的だ。絞り開放でも絞ってもゴーストやフレアを発生させるのが難しい。このような複雑な光学設計の逆光耐性としては称賛に値する。F1.8Gと比べて明らかに改善している。
  • オートフォーカスは静かだがノイズレスでは無い。フォーカス速度は中程度だ。ピント距離全域を移動するのに0.7秒かかる。
  • 最短撮影距離から遠方の被写体へフォーカスする時に0.2~0.4秒ほどハンチングすることがあった。ピント精度は良好だ。

長所:頑丈で防塵防滴仕様の鏡筒・無視できる倍率色収差・歪曲収差について大きな問題なし・APS-Cで穏やかな周辺減光・静かで正確なAF・とても良好な逆光耐性

短所:周辺減光が目立つ・コマ収差の影響が大きい・顕著な非点収差・絞り開放付近におけるフルサイズ端の解像性能

高価なレンズであり、ミラーレス仕様の優れた広角レンズを期待していたが、見事な結果とはならなかった。より安価な一眼レフ用「AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED」より悪い結果であり、これまでテストしてきたZレンズの中では最も悪い。

補足すると、フレーム中央はとてもシャープなレンズだ。しかしそれも1000ドル近い価格設定を考慮すると平凡な性能と言わざるを得ない。

Lenstip:Nikon Nikkor Z 24 mm f/1.8 S

とのこと。
他のレビューサイトで軒並み高評価となっているレンズなにで、Lenstipの酷評には驚きました。どうも絞り開放付近の画質に問題があるようですね。

解像性能やコマ収差、非点収差で芳しくない結果となった模様。この結果がテスト環境依存なのか、個体の問題なのか気になるところ。細かくチェックしている他のレビュワーのテスト結果を見る限り、個体の問題な気もしますが…。

どちらにせよ、実売10万円を超える単焦点レンズとしては気になるテスト結果ですね。より安価で、中古なら半値で手に入る「AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED」の存在は悩ましいところ。(24mm F1.8Gはもともと非常に高い評価のレンズ)

ニコンNIKKOR Z 24mm f/1.8 S交換レンズデータベース

関連レンズ

一眼レフ用レンズ

サイト案内情報

NIKKOR Z 24mm f/1.8 S関連記事

ニコンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29

-Nikonレンズ, Nikon広角レンズ, Nikon関連の情報, Z NIKKOR, レンズ, 機材の噂情報・速報, 海外の評価
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~