Nikonレンズ Z NIKKOR レンズ 海外の評価

NIKKOR Z 28mm f/2.8はズームよりも解像しないが携帯性が魅力的

Photographylifeがニコン「NIKKOR Z 28mm f/2.8」のレビューを公開。S-Lineのズームレンズよりも解像性能は低いとしつつ、携帯性の高い28mmは40mm F2や70-300mmとの相性が良いと評価しています。

Photographylife:Nikon Z 28mm f/2.8

外観・構造:

  • 大部分がプラスチック製だが、問題とは感じない。
  • 頑丈な作りだが、レンズマウントまでプラスチック製だ。好みの問題だが物議を醸すことだろう。
  • 防塵防滴に配慮した設計だが、フッ素コーティングに非対応のため、水滴や汚れが付着しやすい。

携帯性:

  • フィルター径は52mmと小型だ。

操作性:

  • スイッチはなく、コントロールリングのみだ。
  • NIKKORレンズの中では最もシンプルであり、個人的にはAF/MFスイッチを搭載してほしかった。

フォーカス:

  • とても良好な精度で高速かつ静かに動作する。
  • 低照度でも良好だ。
  • 撮影倍率は1:4と、40mm F2よりも良好である。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • F2.8は比較的弱いが、F4まで絞ると特に中央と隅が改善する。
  • F5.6で最も良好となり、その後は徐々に低下する。
  • S-Lineほど優れた結果ではなく、24-70mm F4のようなズームレンズよりも悪い結果だが、それでもシャープなレンズだ。

像面湾曲:

  • 明確な像面湾曲があり、部分的にシャープネスが大幅に低下する可能性がある。

ボケ:

  • 28mm F2.8はボケを大きくできる組み合わせではない。
  • それでも小さな被写体に近寄って撮影する場合は検討の余地がある。その際のボケはとても良好だ。
  • 玉ボケは滑らかで良好だ。

色収差:

  • 絞り値全域で適度な色収差が発生している。
  • Z S-Lineシリーズの広角レンズと比べると目立つ。

球面収差:

  • 適度なフォーカスシフトがある。

歪曲収差:

  • 中程度の樽型だ。
  • 直線が多いと目立つが、極端な数値ではない。
  • ズームレンズほどではないが、単焦点としては目立つ。
  • 後処理で簡単に補正可能だ。

周辺減光:

  • F2.8の無限遠では2段を超える周辺減光が発生する。
  • 非常に重い減光であり、絞ってもあまり改善しない。
  • しっかり補正するにはカメラ側でヴィネッティング補正を強めに設定しておく必要がある。

コマ収差:

  • 若干の収差が見られるが、全体的に良好な性能だ。

逆光耐性:

  • 目立つゴーストを含めてフレアが発生する可能性がある。
  • シンプルな光学系に期待していたのだが、残念ながら期待外れだった。
  • 絞った際の光条はシャープにならない。

作例集

総評

多くのNIKKOR Zレンズと異なり、妥協点がいくつかある。しかし、手ごろな価格で携帯性がよく、手軽に旅行に持ち運ぶ際に考慮すべきレンズである。

解像性能はS-Lineのズームレンズよりも悪く、周辺減光や歪曲収差、逆光耐性などが欠点となる。このため、24-70mm F4や24-120mm F4と組み合わせるには厳しいレンズだと思われる。これらズームレンズと共にF2.8のためだけに携帯する価値があるかどうかは疑問だ。(Z 40mm F2は区別化できる)

とは言え、28mm F2.8と40mm F2、それとタムロンの軽量望遠ズームなどと組み合わせるには相性が良い。40mm F2とのコンビは一日中携帯しても苦にならない。28mm F2.8をボディキャップ代わりに装着しておくのもいいだろう。

  • 長所
    ・良好な作り
    ・AF
    ・小型軽量
    ・低価格
  • 短所
    ・プラスチック製レンズマウント
    ・コントロールはリングのみ
    ・フッ素コーティングなし
    ・歪曲 / 周辺減光 /色収差が目立つ
    ・フォーカスシフト
    ・像面湾曲
    ・逆光耐性と光条

とのこと。
APS-C用を含めて、最も手ごろな価格のNIKKOR Zレンズですね。外装にはいくらか妥協が見られるものの、小型軽量で扱いやすいサイズ、重量となっています。APS-Cボディに装着しても画角は十分に広く、汎用性が高いレンズと言えそうです。Photographylifeのレビューでは問題のない解像性能ですが、ズームレンズと比べて優位性がないのが悩ましいところ。24-70mm F4も沈胴時は十分にコンパクトなので、F2.8のためだけに携帯するのは難しいかもしれません。

私はSE版をZ fcと共に入手しました。確かに小型軽量で、Z fcのキットレンズになるだけのことはあるなと。フルサイズで使うと周辺減光や歪曲収差が顕著なので(自動補正可能ですが)、個人的にフルサイズで使えるのは「おまけ」程度と割り切っています。Photographylifeでも指摘していますが、特に絞っても改善しない周辺減光が気になるので、なんらかの方法で補正が必須となります。解像性能はフルサイズセンサーでも非常に良好ですが、接写時はマルチフォーカスながら周辺部に向かって性能低下が目立つので注意が必要。特に球面収差の変動が大きく、少しソフトな画質となります。(ただしボケが綺麗)

ニコン「NIKKOR Z 28mm f/2.8」交換レンズデータベース

NIKKOR Z 28mm f/2.8
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
  キタムラで中古品を探す
NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo!
ビックカメラ icon キタムラで中古品を探す

関連レンズ

関連記事

-Nikonレンズ, Z NIKKOR, レンズ, 海外の評価
-,