Nikonレンズ Nikon関連の情報 Z NIKKOR レンズ 海外の評価

NIKKOR Z 28mm f/2.8は弱点の少ない手ごろな価格の広角レンズ

PhotographyBlogがニコン「NIKKOR Z 28mm f/2.8」のレビューを公開。プラスチック構造とフレーム端の解像性能のみ弱点とし、価格を考えると魅力的なレンズであると評価しています。

PhotographyBlog:Nikon Z 28mm F2.8 Review

外観・構造:

  • ビルドクオリティはとても良好だ。手ごろな価格の単焦点レンズに期待するものを上回っている。
  • レンズマウントを含めて外装はプラスチック製だ。
  • SE版はZ fcに合わせた外観だが、通常モデルはZシリーズに合わせたモダンデザインだ。
  • 手ごろな価格のレンズとしては珍しく防塵防滴に対応している。
  • 52mmフィルターに対応している。

携帯性:

  • フルサイズ用レンズとしては155gと非常に軽量だ。
  • 現状、最軽量のNIKKOR Z単焦点レンズである。
  • 70mm×43mmのサイズで、ニコンZシリーズとしては最小クラスのレンズだ。
  • Z fcのようなDXフォーマットのカメラに適している。
  • Z 9と組み合わせると違和感がある。

操作性:

  • DXフォーマットでは換算42mmとなる。一般的な35mmや50mmの焦点距離の中間であり、慣れるのに少し時間がかかる。
  • 十分なサイズのフォーカスリングを搭載している。MFとして利用しない場合は絞りやISO感度、露出補正などを割り当て可能である。

オートフォーカス:

  • マルチフォーカスのステッピングモーター駆動だ。
  • ほとんど静かで滑らかに動作する。
  • Z 9との組み合わせでAFは高速だ。
  • 大部分の状況で正確なフォーカスが可能だった。

マニュアルフォーカス:

  • MFはモーター駆動で動作する。フォーカスリングは適切なトルクで回転する。マニュアルオーバーライドも可能だ。
  • バイワイヤのため、ピント両端にハードストップは無い。

手ぶれ補正:

  • 光学手ぶれ補正は非搭載だ。

解像性能:

  • 中央はF2.8からF11まで優れたパフォーマンスだ。F16で回折の影響を受ける。
  • 端は中央ほどではなく、F4からF11で最適な結果を得ることが出来る。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 広角レンズとしては非常に魅力的なボケである。

色収差:

  • 非常にコントラストが高い状況でのみ発生する。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • JPEG・RAWどちらも目立つ歪曲収差はほとんどない。

周辺減光:

  • 絞り開放で目立つ周辺減光が発生する。
  • 解消するには少なくとも3段は絞る必要がある。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 絞ってもあまり綺麗な光条は発生しない。
  • 太陽をフレームに入れるとフレアが発生しやすい。

作例集

総評

小型・軽量・F2.8の手ごろな単焦点レンズであり、日常的な撮影が可能なお散歩レンズだ。主なセールスポイントは、28mmの古典的な画角、小型軽量、そしてモダンなスタイルが最先端のZ9に完璧にマッチしていることだ。

F2.8の絞り開放で撮影しても、フレームのほぼ全域でとてもシャープとなり、バーゲンプライスの割には光学的に驚くほど良い性能だ。当然のことながら、フルサイズカメラでの周辺性能は、APS-Cカメラでテストしたときほど良くないが、それでもこのような安価なレンズとしては十分すぎるほど立派なものだ。色収差と樽型歪曲はJPEGとRAWの両方でよく補正されており、ボケ味はかなり良好だ。

一方、開放での撮影では周辺光量がやや多く、F16の光条は特にハッキリとしておらず、太陽に向かって直接撮影するとフレアが目立つ。

さらに、低価格を実現するためにレンズマウントやフィルターネジに至るまで、すべてプラスチック製だ。これが長期的な問題を引き起こすかどうかはまだわからないが、もし金属構造にこだわるのであれば、他を探す必要がある。また、前後レンズキャップ以外の付属品はなく、フードもケースも同梱されていない。

全体として、フレーム端のシャープネスと総プラスチック構造以外の本当の弱点はほとんど持たず、魅力的な価格の広角レンズだ。

とのこと。
光学系は「Special edition」と同じですが、外装はよりZカメラに似あうデザインとなっている通常モデルですね。フルサイズに装着して使うと、フレーム端のシャープネスや周辺減光が強くなるものの、それ以外に欠点は見られない模様。総プラスチック外装のレンズは確かに不安になりますが、これは長期的に使ってみないと分からないですねえ。そして、過去のプラスチックマウントのレンズで、マウントに関して指摘している声を耳にしたことが無いので、おそらく問題ないのかなと思います。

私もSE版をZ fcやZ 7と組み合わせて使用しています。Z fcと組み合わせるのが最適と感じますが、フルサイズで28mmレンズとして使うことが出来るのも嬉しい。ただ、PhotographyBlogでも指摘しているように周辺減光が強いのでヴィネッティング補正は必須。絞ってもあまり改善しないのでソフト補正は外さない方が良いでしょう。それ以外の性能はなかなか良好なので、コストパフォーマンスが高い広角レンズだと思います。

ニコン「NIKKOR Z 28mm f/2.8」交換レンズデータベース

NIKKOR Z 28mm f/2.8
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
  キタムラで中古品を探す
NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo!
ビックカメラ icon キタムラで中古品を探す
Z fc ボディ
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
Z fc 16-50 VR SLレンズキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
Z fc 28mm f/2.8 Special Edition キット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

関連レンズ

関連記事

-Nikonレンズ, Nikon関連の情報, Z NIKKOR, レンズ, 海外の評価
-