【セール情報】Amazon「GODOX製品が最大19%OFF」「ProGrade COBALT 325GB 15%オフ
【予約販売開始】キヤノン「EOS R3・RF16・RF100400」ニコン「Z 40mm F2

Nikonレンズ Nikon標準レンズ Z NIKKOR カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

ニコン「NIKKOR Z 50mm f/1.8 S」はこのクラスで抜群のボケ描写

Optical Limitsがニコン「NIKKOR Z 50mm f/1.8 S」のレビューを掲載。優れたビルドクオリティと光学性能であり、比較的辛口なOptical Limitsとしては珍しく高評価なレンズとなっています。

Optical Limits:Nikkor Z 50mm f/1.8 S (FX) - Review / Test Report

レンズの紹介:

  • ニコンZシステムにおける最初にリリースされたレンズのうちの一つだ。2枚のEDレンズと非球面レンズを含む12枚のレンズ構成を採用し、通常の標準単焦点レンズと比べてかなり複雑な光学設計となっている。
  • 手ごろな価格の一般的なレンズと比べると高価であり、レンズサイズも大きく重い。

ビルドクオリティ:

  • デザインはミニマルですっきりとしている。
  • 外装はポリカーボネートと金属パーツを使い分けている。金属パーツはレンズマウントやフォーカスリングなどに使われている。
  • Z 35mm F1.8 Sと外観が非常に良く似ているので間違えやすい。

携帯性:

  • 記載なし。

操作性:

  • コントロールポイントは最小限だ。フォーカスリングとAF/MFスイッチだけである。
  • ピント距離表示は無く、ライブビュー上に表示されるインジケーターも最小限だ。
  • フォーカスリングを使ったピント移動速度はリングの回転速度に依存する。速度変化に合わせてとても正確に動作する。

オートフォーカス:

  • ステッピングモーター駆動のAFは高速だ。ただし、駆動音はノイズレスではないので、外部マイクの使用がおススメだ。

マニュアルフォーカス:

  • 記載なし。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • 絞り開放から中央と中央周辺で優れた解像性能を発揮し、端や隅でも非常に良好だ。
  • F5.6まで絞ると端でも優れた水準に達する。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • とても滑らかで心地よい描写だ。
  • ハイライトのボケには縁取りがほとんど無く、玉ボケは絞っても円形を維持している。
  • 玉ボケは隅に向かって口径食の影響を受けるが、絞ると改善する。
  • 前後のボケは背景が滑らかな描写となり前景が穏やかな2線ボケとなっている。

色収差:

  • とても良好に補正されている。
  • 軸上色収差は発生していないわけではないが、このクラスとしては絞り開放から非常に少ない。

球面収差:

  • 絞ると僅かなフォーカスシフトが発生する。

歪曲収差:

  • 0.7%の樽型歪曲だ。単焦点レンズとしてはかなり低い数値であり、さらにソフト補正で0.2まで抑えることが出来る。

周辺減光:

  • 絞り開放では2段を超える光量落ちが発生する。
  • 絞ると大きく改善し、F2.8では既に1段未満となり、F4で半段まで緩和する。
  • ボディ内補正は効き目が悪いものの、RAWを現像ソフトで補正する時はプロファイルの効き目が良好だ。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 記載なし。

総評

NIKKOR Z 50mm f/1.8 Sは、非常にシャープで、非常に心地よい後ボケを兼ね備えている。レンズの解像度は、絞り開放からフレーム全体にわたって高いレベルであるだけでなく、テストされた絞り範囲全体で均一であり傑出した性能だ。

後ボケは非常にソフトで滑らか、玉ボケは縁取りが見えずに均一な描写である。後者は、ボケの色付きがかなり少ないことも役に立っている。要約すると、ボケ質はこのレンズクラスでは傑出している。

色収差は非常によく制御されており、全く問題ない。歪曲収差は光学的にとても良好だ。周辺光量落ちは大口径レンズらしく顕著だが、このようなレンズでは当然のことだ。しかし、ニコンがカメラ内補正プロファイルを十分に活用していないのは驚きだ。

このレンズのビルドクオリティは非常に高いレベルだ。いくつかのプラスチックパーツがあるものの、大部分はアルミニウム製で、頑丈でしっかりした感じがする。レンズの操作系は最小限に抑えられており、AF/Mスイッチとフォーカスリングのみだ。AFはステッピングモーターのおかげで、とても速く、静かである。

全体的に見て、本当に素晴らしいレンズであり、強くおススメできるレンズに仕上がっている。

とのこと。
非常に評価の高い単焦点レンズに仕上がっているみたいですね。これと言った欠点が無く、レンズサイズと価格設定を許容できれば面白い選択肢となりそう。特に「50mm F1.8」クラスとしては解像性能や色収差の補正状態がとても良好に見えます。

私もZ 7と共に購入して2018年から使い続けています。この間にキヤノンやソニーの50mm F1.8・55mm F1.8などと撮り比べており、やはり優れたレンズであると認識。特に色収差補正はとても良好で、厳しいコントラストでも目立つ色収差が発生し辛いのは評価できるポイント。さらに絞り開放からフレーム端まで非常に高い解像性能を発揮し、コマ収差も良く抑えられているので、夜景などにも使いやすい。ボケは極上の滑らかさとは言えませんが、やはり50mm F1.8クラスとしては評価できる描写。レンズサイズが少し大きく、価格が少し高めですが、ハイエンドな50mm F1.8を楽しみたい人にとっておススメしやすいレンズに仕上がっています。

NIKKOR Z 50mm f/1.8 Sのレビュー・作例を集めるページはコチラ

NIKKOR Z 50mm f/1.8 S
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連レンズ

ニコンレンズ関連記事

-Nikonレンズ, Nikon標準レンズ, Z NIKKOR, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-