Nikonレンズ Z NIKKOR カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

Z DX 18-140mm f/3.5-6.3 VRは一眼レフ用と比べ周辺画質が大きく改善

Digital Camera Worldがニコン「NIKKOR Z DX 18-140mm f/3.5-6.3 VR」のレビューを公開。キットレンズ2本と比べて画質面で大きな改善は期待できないものの、一眼レフ用の高倍率ズーム比で周辺画質が大きく改善しているとのこと。

Digital Camera World:Nikon Z DX 18-140mm f/3.5-6.3 VR review

外観・構造:

  • フルサイズ換算で27mmから210mmをカバーする高倍率ズームレンズだ。旅行や日常のカジュアルな撮影で大部分をカバーする焦点距離を備えている。
  • より広角側が必要であれば「NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR」を、望遠側が必要であれば「NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR」を検討すると良いだろう。
  • 望遠側にズームすると暗くなる。140mmはF6.3となり、一眼レフ用と比べて1/3段暗い。
  • 軽量だが頑丈でしっかりとしたレンズだ。
  • 防塵防滴用のガスケットがマウントに無いのは残念である。Z 50やZ fcはセンサーの除塵機能が無い。
  • レンズマウントはプラスチック製だが、頑丈で問題は無い。
  • レンズフードは別売りだ。

携帯性:

  • 一眼レフ用と比べて遥かに軽量だ。

操作性:

  • M/AスイッチやVRスイッチが無い。これらを変更するにはカメラ側の操作が必要だ。
  • フォーカスリングに別の機能を割り当てることが出来る。

フォーカス:

  • ステッピングモーター駆動で動作する。滑らかな動作で高速なフォーカスを実現しており、動画撮影にも最適だ。
  • 被写体に応じてスッと正確にピントが合う。
  • 動画撮影時は滑らかに動作するうえ、フォーカスブリージングが無い。

手ぶれ補正:

  • 公称値5段分の手ぶれ補正を搭載している。
  • 実写で公称値通りの結果が得られた。

解像性能:

  • ラボテストではズーム両端の中央シャープネスは一眼レフ用と非常に似ている。18mmで良好で、140mmは低下する。
  • 18-50mmのズーム範囲で(一眼レフ用と比べて)周辺部のシャープネスが改善している。
  • 18-70mmのズームレンジで(一眼レフ用と比べて)フレーム端や隅のシャープネスが大幅に改善している。
  • 全体的にみて、7.8倍ズームとしては見事なシャープネスだ。
  • フレーム周辺部の画質が一眼レフよりも改善している。ただし、望遠端はフレーム全体でシャープネスが低下し、一眼レフ用と同程度になる。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 記載なし。

色収差:

  • 一眼レフ用と比べて色収差は遥かに少ない。
  • どちらにせよカメラ内で補正をオフにすることは出来ず、完全に無視できる水準まで抑えられている。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 自動補正に依存しており、カメラ内補正をオフにすることは出来ない。

周辺減光:

  • 記載なし。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 記載なし。

総評

フルサイズ換算で27-210mmに相当する豊富なズームレンジを備えている。一眼レフ用レンズと比べて物理的には小型化され、重量も約3分の2に抑えられている。ただし、軽量化のため、マウントは金属製ではなくプラスチック製とし、防塵防滴のガスケットも使用していない。良好な画質に加え、5段分の光学式手ぶれ補正とカスタマイズ可能なコントロールリングによる良好な操作性を実現している。価格を考慮しても、「Z DX 16-50mm F3.5-6.3 VR」や「Z DX 50-250mm F4.5-6.3 VR」と比較して、十分にお買い得なレンズといえる。

キットレンズの「Z DX 16-50mm F3.5-6.3 VR」と「Z DX 50-250mm F4.5-6.3 VR」を置き換えるレンズとして検討している人もいるだろう。これには長所と短所がある。Z DX 18-140mmは、画質や総合的な性能の面でステップアップすることは出来ないし、画質や操作性もそれほど良くない。一方で、ズームレンジが広くなったことで、レンズ交換を頻繁にする必要がなくなる。

欠点は、16-50mmのパンケーキのようなプロポーションと、超軽量な沈胴式デザインが得られないことだ。また、最大視野角が広くなり、もう一方のキットレンズでは望遠側が長くなる。結局のところ、16-50mmしか持っておらず、撮影シーンに応じてレンズを交換しても構わないのであれば、Z DX 50-250mm F4.5-6.3 VRを追加購入して、18-140mmを見送ることには大きな意味があると思う。

  • 長所
    ・便利なズームレンジ
    ・5段分の手ぶれ補正
    ・全体的に良好な性能
  • 短所
    ・プラスチック製マウント
    ・防塵防滴なし
    ・AF/MFスイッチがない
    ・VRスイッチがない
    ・レンズフード別売り

とのこと。
フルサイズ換算で27mmから210mmまでをカバーする高倍率ズームですね。高倍率としてはズーム比が小さいものの、小型軽量で手ごろな価格を実現。
光学性能は一眼レフ用の高倍率ズームと比べて周辺部や隅の画質が向上している模様。風景撮影などパンフォーカスで解像性能が重視されるシーンで使いやすくなっているようですね。また、効き目の高い手ぶれ補正を搭載しているので、ISO感度を抑えてカメラ側の画質向上にも一役買っている模様。

私もZ fc用に購入しており、解像性能の印象はDigital Camera Worldの意見に近いです。高倍率ズームに過度な期待を抱かなければ、使い勝手の良いレンズになってくれると思います。鏡筒はレンズマウントまでプラスチック製ですが、手に取った感触はとても良好で、堅牢性に関して得に不安は感じませんでした。ただし指摘にある通り「防塵防滴に配慮した設計」ながら、マウント部にゴム製シーリングはありません。耐候性はあまり期待しないほうが良いのかなと。

ニコン NIKKOR Z DX 18-140mm f/3.5-6.3 VR データベース

NIKKOR Z DX 18-140mm f/3.5-6.3 VR
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す
レンズフード HB-101
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連レンズ

Fマウント

関連記事

-Nikonレンズ, Z NIKKOR, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-