Canonレンズ RFレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STMは小型軽量で理想的なトラベルズーム

Digital Camera Worldがキヤノン「RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STM」のレビューを公開。小型軽量ながらマクロ機能も備え、オールインワンで使える理想的な高倍率ズームと述べています。

Digital Camera World:Hands on: Canon RF-S 18-150mm f/3.5-6.3 IS STM review

  • 35mm判換算で28.8-240mmに相当する高倍率ズームレンズだ。
  • 幅広いズームレンジをF3.5-6.3の開放絞りで対応している。
  • 光学手ぶれ補正は4.5段分の補正効果を持ち、ボディ側の手ぶれ補正と協調することで最大7段分の補正効果を得ることができる。
  • 35mmのMF時に撮影倍率0.59倍で撮影することが可能だ。
  • 重量はわずか305g、縮長は84mmだ。150mmまでズームすると全長は43mm伸びる。
  • コントロールリングはボディ側でカスタマイズ可能だ。
  • 幅広いズームリングは滑らかで最小限の回転で操作できる。
  • Lレンズ並みの性能ではないが、適切な環境であれば非常に見事なシャープネスだ。
  • 開放絞りが暗いので低照度には不適だが、効果的な手ぶれ補正で問題なく撮影することができた。
  • 150mmまでズームしてもシャープである。
  • EOS R7やR10の驚異的なAFと組み合わせることで被写体を逃すことなく撮影できる。
  • ステッピングモーター駆動は動画撮影にも適している。ただし、開放絞りが変動するので露出が変化しやすい。それでも非常に便利なオールインワンレンズである。

総評

小型軽量な高倍率ズームで、EOSR7やEOS R10と組み合わせるトラベルズームとして理想的だ。RF-S18-45mmよりも遥かに広いズームレンジと少し明るい開放F値を備え、ちょっとしたマクロ機能もある。キットレンズ以上のパフォーマンスを発揮する優れた選択肢となるだろう。

  • 長所
    ・最大7段分の手ぶれ補正
    ・28.8-240mm相当のズームレンジ
    ・0.59倍のマクロ機能
  • 短所
    ・防塵防滴仕様ではない
    ・暗い開放絞り

とのこと。
フルサイズ判換算で29mmから240mmまでをカバーする高倍率ズームレンズですね。さらにAF時に0.44倍の撮影倍率(50mm)を利用でき、さらにMF時(CFM)には35mmで0.59倍とハーフマクロ以上の接写性能が得られる便利な機能付き。ただし、CFM時は通常と比べて周辺部における像の流れが強くなるため、中央でのみ良好な結果を期待できます。

フォーカスリングはカスタマイズに対応したコントロールリングとしても利用可能ですが、フルサイズ用レンズのようにスイッチがないため、ボディ側で設定を変更するのは少し手間と感じるかもしれません。その一方、ボディ側には物理的なAF/MFスイッチを搭載しているのでフォーカスモードを切り替える手間は少し軽減されています。

レンズ構成は「EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM」とほとんど同じですが、MTF曲線はだいぶ異なります。EF-M版と比べて低周波のパフォーマンスが低下しているようにも見えますが、実際にはどのような結果が得られるのか気になるところ。Digital Camera Worldは「とてもシャープ」と評価していますが、この辺りはもう少し他のサイトのサンプルも確認しておきたいですね。

キヤノン RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STM 最新情報まとめ

RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

関連レンズ

関連記事

-Canonレンズ, RFレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-