Canonレンズ RFレンズ レンズ 海外の評価

RF14-35mm F4 L IS USMはF2.8 Lを超える素晴らしい解像性能だが妥協点もある

Dustin Abbottがキヤノン「RF14-35mm F4 L IS USM」のレビューを公開。15-35mm F2.8以上の解像性能を備えていると評価しつつ、35mmでパフォーマンスが低下したり、14mmのメカ的なケラレを指摘しています。

Dustin Abbott:Canon RF 14-35mm F4L IS USM Review

外観・構造:

  • プログレードのレンズらしく高度な防塵防滴仕様の高品質なレンズだ。
  • 内部には11カ所にシーリングが施され、前玉にはフッ素コーティングが施されている。
  • 外装はポリカーボネート製のマットな塗装が施されている。

携帯性:

  • EFレンズよりも小さくて軽いのだから驚きだ。特に広角端の画角が広いことを考慮すると見事である。
  • 直径84mm、全長99mm、重量544gと小型軽量だ。
  • ズーム操作により内筒が1cm伸びる。
  • レンズが最も短くなるのは焦点距離が22mmと中途半端な位置だ。

操作性:

  • ズームリング/フォーカスリング/コントロールリングを搭載している。
  • ズームリングは傾斜が付いているので触感で判断しやすい。トルクは素晴らしく、滑らかに回転する。
  • フォーカスリングは電子制御式だ。適度なトルクで滑らかに回転する。
  • コントロールリングはローレット加工のため触感で判断しやすい。割り当てる機能はカメラ側でカスタマイズ可能だ。クリック付きの操作性となっているが、有償サービスで無段階操作に切り替えることが可能だ。
  • 側面のスイッチはAF/MF

フォーカス:

  • ナノUSM駆動のAFは非常に高速かつ静かに動作する。
  • 10段分のNDフィルターを装着した状態でも瞬間的なAFだった。
  • 画角が広いので瞳を検出し辛かった。とは言え、被写界深度は十分に深く、問題はないだろう。
  • 最短撮影距離は20cmだ。35mm時に最大撮影倍率0.38倍と高い数値を実現している。ただし最短撮影距離ではコントラストが低下する。
  • 動画撮影では静かで滑らかに動作する。
  • フォーカスブリージングは最小限だ。

手ぶれ補正:

  • 光学手ぶれ補正を搭載しており、最大で5.5段分の補正に対応する。
  • EOS R5との組み合わせで35mm 0.6秒の露出における成功率が40%だった。
  • 動画撮影でも安定した結果を得ることが出来た。
  • ISモードスイッチは無いが、パン動作を自動的に検出して調整するとキヤノンは述べている。

解像性能:

  • RF15-35mm F2.8 L IS USMと比較したところ、同等の絞り値ではF4 Lのほうが明らかに優れている。
  • サムヤンAF 14mm F2.8 RFよりも遥かにシャープだ。
  • F5.6まで絞るとコントラストが向上するが、十分にシャープで絞る必要は無い。
  • 20mmも驚くほどシャープである。
  • 24mmも良好な状態を維持しているが、隅が僅かに低下する。
  • 28mmの結果は24mmとよく似ている。
  • 35mmは他のズーム域よりもかなり悪化する。28mmと比較してコントラストが大幅に低下している。絞るとコントラストは改善するが、隅のシャープネスで良い結果が得られるわけでは無い。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 9枚の絞り羽根により絞りの形状は円形を良く維持している。
  • F4広角ズームで大きなボケは得られないが、接写性能が高いので、結果的に良好なボケを得ることが出来る。

色収差:

  • 軸上色収差に関する問題は見られない。
  • 倍率色収差に関する問題はほとんど無い。

球面収差:

  • 接写時は球面収差が大きくなり、コントラストが低下する。

歪曲収差:

  • 14mmでは重い樽型歪曲が発生し、陣笠状に歪んでいるので手動補正が難しい。レンズプロファイルを適用したJPEGは非常に良好で、同等のプロファイルがRAW現像ソフトも利用可能となったら問題は解消する。
  • 歪曲収差を補正すると、実際には15mmくらいの画角となる。サムヤンAF 14mm F2.8 RFと比べて画角は少し狭かった。
  • 少しズームすると状況は本当に改善し、24mmまで歪曲はほとんど無い。
  • 35mmでは軽度の糸巻き型歪曲となる。

周辺減光:

  • 14mmのRAWを確認すると明らかにイメージサークルが足りていない。これはケラレであり、絞っても改善することがない。安価なレンズや高倍率ズームで見ることはあっても、プログレードのレンズでこのような仕様は見たことが無い。
  • 通常の周辺減光はも非常に強く、ズーム全域で目立つ。

コマ収差:

  • 良好な補正状態だ。

逆光耐性:

  • 絞った際には綺麗な光条が発生する。
  • レビュー中で逆光耐性に問題は見られなかった。

作例集

総評

キヤノンRF 14-35mm F4L IS USMの私のレビューは、私が予想したよりも複雑になっている。 というのも、これまでのプレミアムレンズはすべてEFレンズよりもかなり高い価格設定だったからだ。 この価格帯については、視聴者からネガティブな声も聞こえてきた。

しかし、プラスの面も多くある。 このレンズは、35mm以外のところでは、基本的に信じられないほどシャープな広角レンズだ。 EOS R5の画素数45Mpを見事に処理し、コントラストと色彩の素晴らしいディテールの写真を提供する。 フレア耐性も優れており、コマの処理も良好だ。 非常にコンパクトで軽量であり、手ブレ補正も非常に効果的である。

RAWファイル用プロファイルが届けば、このレンズの主な欠点はきれいに覆い隠されるだろう。 素晴らしい防塵防滴仕様に加え、軽量で汎用性が高く、シャープな広角ズームを探している人にとって素晴らしい選択肢となる。 キヤノンは非常に野心的なズームレンジに挑戦し、すべての障害を克服しなかったが、多くのことを得意とするダイナミックなレンズの実現に成功した。 RF14-35mm F4L IS USMは、RFのラインナップに歓迎される存在となるだろう。

  • 長所
    ・優れたビルドクオリティ
    ・適度な小型軽量
    ・プログレードの防塵防滴
    ・14mm
    ・ねじ込みフィルターに対応
    ・効果的な手ぶれ補正
    ・最もシャープな広角ズーム
    ・美しい色とコントラスト
    ・逆光耐性
    ・色収差の補正状態
    ・コマ収差の補正状態
    ・高い撮影倍率
  • 短所
    ・EFレンズよりも高価
    ・最も短くなるのはズーム中間域
    ・フォーカスリングが見つけにくい
    ・14mmの口径食
    ・重い周辺減光
    ・14mmの歪曲収差

とのこと。
広角14mmをカバーしつつ35mmまで利用できる幅広いズームレンジや光学手ぶれ補正、高い最大撮影倍率を兼ね備えた便利な広角ズームレンズですね。価格設定はEFレンズと比べて遥かに高くなってしまいましたが、14mmや接写性能などF4ズームとしての価値は高まっているように見えます。手ぶれ補正を搭載しているので、EOS RやEOS RPなどでも使いやすいのが良いですねえ。

解像性能は非常に良好で、色収差やコマ収差の補正状態も良いとのこと。ただし、歪曲収差や周辺減光はソフト補正が前提となっており、特にメカ的な口径食が発生する歪曲収差は気を付けたほうが良さそう。レンズプロファイルが無いと陣笠状の歪曲収差を補正し辛いのはマイナスと感じる可能性あり。このようなレンズはRFレンズでいくつか存在しますが(RF16mm・RF24-240mmなど)Lレンズでここまで極端な歪曲収差を残したレンズは初めてかもしれません。

キヤノン「RF14-35mm F4 L IS USM」交換レンズデータベース

RF14-35mm F4 L IS USM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

関連記事

キヤノンレンズ関連記事

-Canonレンズ, RFレンズ, レンズ, 海外の評価
-