Canonレンズ RFレンズ レンズ 海外の評価

RF14-35mm F4 L IS USMはズーム全域で良好な解像性能

PhotographyBlogがキヤノン「RF14-35mm F4 L IS USM」のレビューを公開。小型軽量ながらズーム全域で良好な解像性能を実現し、諸収差も良好に補正していると評価しています。

PhotographyBlog:Canon RF 14-35mm F4L IS USM Review

外観・構造:

  • Lシリーズらしいレンズの作りである。
  • しっかりとした防塵防滴仕様だ。
  • 鏡筒は頑丈な構造だ。
  • レンズフードが付属している。

携帯性:

  • 全長99.8mm、重量540gとコンパクトな超広角ズームである。
  • 14mm/35mmに設定すると内筒が1cm伸びる。
  • 22mmでレンズは最も短くなる。
  • EOS R5との組み合わせでバランス良好だ。

操作性:

  • AF/MF・IS用スイッチを搭載している。
  • 3つの異なるリングを搭載している。
  • 3つのリングは触感だけで判断することが可能だ。
  • フォーカスリングには十分な抵抗量があり、緩すぎず硬すぎない。

フォーカス:

  • EOS R5との組み合わせでAFは高速だ。
  • 大部分の状況で高速AFを実現している。
  • 最大撮影倍率0.38倍とクローズアップの撮影に便利だ。

手ぶれ補正:

  • 5.5段分の光学手ぶれ補正を搭載している。
  • ボディ内手ぶれ補正搭載カメラと組み合わせると7段分だ。

解像性能:

  • 14mmの中央はF4からシャープで、F5.6でピークとなる。端もほぼ同じくらいシャープだ。
  • 20mmの中央はF4からシャープで、F5.6でピークとなる。端もほぼ同じくらいシャープだ。
  • 24mmの中央はF4からシャープで、F5.6でピークとなる。端もほぼ同じくらいシャープだ。
  • 28mmの中央はF4からシャープで、F5.6でピークとなる。端もほぼ同じくらいシャープだ。
  • 35mmの中央はF4からシャープで、F5.6でピークとなる。端もほぼ同じくらいシャープだ。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 超広角ズームとしては非常に良好だ。

色収差:

  • 高コントラストな領域を除いて色収差の影響はほとんど無い。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • あまり目立たない。

周辺減光:

  • F4で周辺減光が発生する。
  • 解消するには少なくとも2段絞る必要がある。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 絞ると素晴らしい光条が発生する。

作例集

総評

F2.8のフラッグシップモデルには及ばないかもしれないが、多くのフォトグラファーにとって、携帯性の高さはより魅力的であり、わずかながら広い画角と大幅に安い価格設定は見逃せない。風景や建築などの被写体をコンスタントに撮影するフォトグラファーなら、検討する価値のあるレンズだ。

コンパクトで優れた耐候性を備え、優れた画質を実現している。
光学的には、ズーム全域で、中心と周辺のシャープネスの両方が非常に高い。色収差はほとんどなく、歪曲はとても良好に補正され、太陽に向かって直接撮影してもフレアは顕著に発生しない。唯一の光学的問題は、14mmで目立つ周辺減光だ。

F2.8が必要無ければ大部分のユーザーにおススメできるお散歩広角ズームレンズである。

とのこと。
他のレビューサイトを確認する限り、歪曲収差はデジタル補正に依存していることが確認されています。RAW現像でプロファイルを使った補正が可能であれば問題ありませんが、古い現像ソフトを使う際は気を付けたほうが良いかもしれません。とは言え、それ以外の大きな問題は周辺減光くらいで、色収差は良好に補正されている模様。

F4ズームとしては驚くほど高価ですが、14mmを利用可能であること、にも関わらず円形フィルターを使用できること、さらに光学手ぶれ補正を搭載すること、などを考慮すると面白い選択肢となるかもしれません。とは言え、15万円前後まで値下がりすると買いやすいのですが…。

キヤノン「RF14-35mm F4 L IS USM」交換レンズデータベース

RF14-35mm F4 L IS USM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

関連記事

キヤノンレンズ関連記事

-Canonレンズ, RFレンズ, レンズ, 海外の評価
-