Canonレンズ Canon関連の情報 RFレンズ レンズ 特許情報

「RF16-28mm F2.8」 「RF15-28mm F2.8-4」「RF15-28mm F4-5.6 IS」を想定したような特許出願

2022年4月22日付けでキヤノンの気になる特許出願が公開。「RF16-28mm F2.8」 「RF15-28mm F2.8-4」「15-28mm F4-5.6 IS」を想定したような実施例を含んでいますね。

概要

  • 【公開番号】P2022063727
  • 【発明の名称】ズームレンズおよび撮像装置
  • 【出願日】2020-10-12
  • 【出願人】
    【識別番号】000001007
    【氏名又は名称】キヤノン株式会社
  • 【課題】広画角で製造が容易で、変倍による収差変動が少ないズームレンズを提供する。
  • 【0004】
    特許文献1、2に開示されたズームレンズでは、歪曲収差と像面湾曲を良好に補正するために、第1レンズ群と第2レンズ群に大偏肉、大口径の非球面レンズが用いられている。この結果、ズームレンズの製造の難易度が高い。
    本発明は、広画角で製造が容易でありながら、歪曲収差と像面湾曲を良好に補正することが可能なズームレンズを提供する。

実施例1

  • 焦点距離:16.45-27.50
  • F値:2.88
  • 半画角:52.71-38.49
  • 像高:19.00-21.64
  • 全長:134.57-119.35
  • バックフォーカス:14.07

実施例2

  • 焦点距離:15.40-27.50
  • F値:2.88-4.04
  • 半画角:54.50-38.66
  • 像高:19.00-21.64
  • 全長:114.50-110.87
  • バックフォーカス:14.15

実施例4

  • 焦点距離:15.40-27.50
  • F値:4.00-5.60
  • 半画角:54.51-38.94
  • 像高:19.00-21.64
  • 全長:103.50-103.50
  • バックフォーカス:14.20

製造が難しくなる特殊レンズの使用を抑えつつ、良好な収差補正を実現させた広角ズームレンズを目指しているみたいですね。と言っても広角側の歪曲収差はボディ側でのソフト補正が前提に見えます。

実施例1は「RF16-28mm F2.8」、実施例2/3/5は 「RF15-28mm F2.8-4」、実施例4は「15-28mm F4-5.6」のようなレンズを想定しているみたいですね。どちらにせよ、キヤノンRFレンズには既に「RF14-35mm F4 L IS USM」「RF15-35mm F2.8L IS USM」が存在しているので、これらの実施例が実用化される可能性は低そう。登場するとしたら非Lシリーズのように見える15-28mm F4-5.6でしょうか?広角端と望遠端の全長に変化が無いので、実質的なインナーズームの筐体を採用してもおかしくありません。また、光学手ぶれ補正を搭載しているので、EOS RPのような手ぶれ補正非搭載の小型軽量ボディと相性が良さそう。

収差図を見ると、実施例1は球面収差がそこそこ残っているように見えるので、もしも実現するとしたらF2.8-4かF4-5.6の光学系でしょうか?非Lレンズで手ごろな価格の広角ズームが登場するとしたら購入する人はそれなりに多いかもしれませんね。個人的には明るさが必要ないので、小口径でコンパクトなモデルが登場すると嬉しいのですが…。

RF14-35mm F4 L IS USM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
RF15-35mm F2.8L IS USM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
  キタムラで中古在庫を探す

参考:RFレンズ一覧

RF ズームレンズ
RF 単焦点レンズ

特許関連記事

-Canonレンズ, Canon関連の情報, RFレンズ, レンズ, 特許情報
-,