Canonレンズ Canon中・望遠レンズ RFレンズ カメラ レンズ 海外の評価

キヤノン「RF600mm・800mm F11 IS STM」は超望遠の印象を完全に覆すレンズ

Mobile01がキヤノン「RF600mm F11 IS STM」「RF800mm F11 IS STM」のレビューを公開。前例のないレンズで評価に困っているようですが、小型軽量な超望遠単焦点は手持ち撮影の機動力が強みとなりそうですね。画質もまずまず良好な模様。

前例のない小型軽量な超望遠

Mobile01:Canon 平價超望遠鏡頭 RF 600mm f/11 與 RF 800mm f/11 評測報告!

  • 「超望遠単焦点」と言えば大部分のカメラマンにとって高嶺の花となるレンズだ。しかし、今回登場した超望遠レンズはどちらも手ごろな価格設定である。
  • このような焦点距離のレンズとしては、前例のないサイズ・重量・価格だ。
  • どちらも第三世代の回折光学素子を用い、色収差補正を実現しつつ、レンズサイズの小型軽量化を目指している。
  • どちらのレンズも外装は強化プラスチック製だが質感は損なっていない。
  • RF600mm F11は93.0×269.5mm、重量はわずか930gだ。RF800mm F11は101.6×351.8mmで、重量は1260gまで増加する。しかし、「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」13720gよりも軽量だ。
  • EF800mm F5.6L IS USM」の重量は4.5kgである。手持ち撮影はほとんど不可能だ。
  • フィルターサイズはそれぞれ82mm・95mmだ。RF800mmの95mmはフィルターコストが嵩張ってしまうものの、RF600mmの82mmフィルターは汎用性が高い。
  • F値は「11」固定だ。これ以上絞ることは出来ない。絞りユニットを省略することでレンズの軽量化を実現している。
  • 沈胴機構を採用しており、格納状態でレンズサイズを縮小することが出来る。防塵防滴には対応していないため、過酷な環境での撮影には注意が必要だ。
  • どちらのレンズも前部に偽皮素材を使ったグリップを備えている。硬質プラスチックに近い感触だが、肌触りは良好だ。
  • 通常の「大砲」では不可能な片手持ちも可能である。RF600/800mm最大の魅力と言えるだろう。
  • どちらもフォーカスリミッターを搭載している。RF600mmは4.5~12m、RF800mmは6m~20m、またはその逆に制限が可能だ。
  • 通常、望遠レンズに付属している三脚座は嵩張るうえに重量増の原因となる。この2本のレンズは鏡筒にネジ穴を組み込む非常にスマートな手段を採用した。
  • どちらもフォーカス駆動はステッピングモーターを使用している。静かで高速なフォーカス動作であり、実写でも満足のいく性能だ。
  • EOS R5と組み合わせたところ、AF対応エリアは「40%×60%」と狭くなる。
  • 実写で800mmの狭い画角を使って動く被写体を追いかけるのは簡単なことではない。運や経験が必要だ。
  • 600mm・800mmどちらもコントラストはとても良好だ。しかし、シャープネスは特にフレーム端でイマイチとなる。
  • 600mmの中央~端の画質は環ずくないが、テレコンバージョンレンズを装着するとソフトな画質となる。しかしコントラストは依然として良好だ。
  • 800mmも陽炎の影響を受けてしまったが、コントラストは平均以上に見える。
  • DOレンズの効果なのか、色収差の問題が無い。
  • 逆光時はフレアが発生しやすいものの、このようなレンズで逆光がフレーム入ることは珍しいはずだ。
  • 内蔵の光学手ぶれ補正は600mmが5段分、800mmが4段分だ。

これらは、従来の超望遠レンズにおけるサイズと重量の印象を完全に覆すものだ。800mmは画角が狭く、撮影技術を要するため、RF600を使い後からトリミングするのがおススメだ。どちらもテレコンバージョンレンズに対応しているが、非常に暗いレンズとなり、必然的にISO感度が跳ね上がる点には注意が必要である。どちらもF11固定の単焦点レンズなので、日中限定の望遠レンズとなるだろう。
これらレンズの強みは携帯性であり、三脚に載せて撮影するよりは機動力を活かした手持ち撮影で臨みたい。

とのこと。
抜群の画質でもAF性能でもありませんが、焦点距離を考慮すると抜群の携帯性は評価に値するみたいですね。決して小さなレンズではありませんが、600mm・800mmのレンズとしては非常に小型、そして軽量。日中屋外での使用が主な用途となりますが、それで問題なければコストパフォーマンスの高い望遠レンズとして活躍が期待できそうですね。
私はRF800mmを手に入れましたが、RF600mmと比べるといくらかサイズが大きく、携帯性を考慮するとRF600mm×R5の組み合わせでクロップを活用しても良かったかなと感じています。(焦点距離に対してF値が明るいと感じて800mmをチョイスしたものの)
オートフォーカスは確かに実用十分な速度・精度を備えています。どちらも最短撮影距離が長く、接写に弱い点は注意が必要。
解像性能やコントラストも十分良好。切れ味を求めると、非常に高価なLレンズが必要となりますが、手ごろな価格で写真を楽しみたい場合はコレで十分。不足する解像感やキレは後処理でいくらか改善可能だと思います。

RF800mm F11 IS STM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
  キタムラで中古在庫を探す
RF600mm F11 IS STM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
  キタムラで中古在庫を探す
EXTENDER RF1.4x
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
EXTENDER RF2x
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

キヤノンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Canonレンズ, Canon中・望遠レンズ, RFレンズ, カメラ, レンズ, 海外の評価
-,