「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

SONYレンズ SONY標準レンズ SONY関連の情報 カメラ デジタルカメラ総合 レンズ 機材の噂情報・速報 機材レビュー 海外の評価

Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZAは素晴らしい解像性能だが色収差が目立ち常軌を逸した価格設定【海外の評価】

Optical Limitsがソニー「Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA」のレビューを掲載しています。

スポンサーリンク

良好な描写性能だが色収差と高値がネック

  • 従来の50mm F1.8はそれほど高価なレンズでは無いが、このツアイスブランドのレンズは1000USDと非常に高価だ。この価格分の価値を見出せるかどうか、悩むことだろう。
  • FE55mm F1.8 ZAは小型軽量なレンズだ。軽量化されているが、ビルドクオリティは犠牲となっていない。外装・マウント・フォーカスリングは金属製で、光学系の内フレームがプラスチック製である。ガタツキは無く、全てがしっかりと組み立てられている。
  • フォーカスリングは滑らかに動作し、程よく減衰してある。
  • オートフォーカスは見事な速さではないが良好だ。駆動音は聞こえない。
  • 標準レンズは一般的に歪曲がほとんどなく、このレンズも例外ではない。0.3%の僅かな糸巻き型だ。
  • 周辺減光はF1.8でー2.6EVと目立つが、フルサイズ用レンズとしては一般的な減光量だ。F2.8まで絞ると-1.2EVまで改善するが、解消するためにはF5.6まで絞らなければならない。
  • 解像特性は完璧では無いものの素晴らしい結果だ。中央はF1.8からとても優れた結果となり、周辺部も良好な基準を超えている。F2.2まで絞ると中央領域は素晴らしい結果となり、周辺部は絞り込むにつれて改善してゆく。ベストな結果はF4-F5.6で達成される。F8以降で回折が始まるものの、F11でもまだシャープだ。
  • テストした個体の偏心は小さく良好だ。
  • 倍率色収差はF1.8で0.8px、中程度まで絞ると半分まで低減する。4200万画素センサーとしては見事なパフォーマンスだ。
  • ボケ描写の評価は複雑だ。玉ボケはF1.8からF2.8まで円形を保っているが、内側はとても騒がしい。この問題は3枚の非球面レンズが関係している可能性がある。口径食による影響はフルサイズとしては一般的だ。
  • 後ボケはとても滑らかで、前ボケは少し騒がしくなる。
  • 軸上色収差はF1.8でかなり目立ち、F2.2-F2.8でも明らかだ。F4で改善傾向となるが、F5.6でもまだ残存している。

Sonner FE55mm F1.8 ZAは(いくらか制限があることを理解すれば)確かに素晴らしい結果をもたらすレンズだ。中央はF1.8からシャープだが、周辺領域はそれほど見事な結果ではない。もちろん四隅の性能は絞ると改善し、F2.2まで絞ると中央はとてもシャープとなり、F4まで絞るとフレーム全域でシャープとなる。

周辺減光は絞り開放で目立つが、これを味と捉える人もいるだろう。改善するにはF2まで絞る必要がある。倍率色収差はまったく問題とならず、歪曲収差も無い。

重要となってくる後ボケは良好な描写だが前ボケは心地よい描写ではない(それでも良好だ)。玉ボケはとても騒がしく、ボケの色づきも発生する。

メカクオリティの観点ではただただ素晴らしい。小さなレンズだが、本当に頑丈だ。インナーフォーカスで滑らかな操作性、そして防塵防滴仕様と完璧に近い。類似する一眼レフ用レンズほどでは無いが、オートフォーカスはとても高速だ。マニュアルフォーカスはとても正確で滑らかだ。

大きな問題はこのレンズの値付けが適正であるかどうかと言う点に尽きる。現時点で標準単焦点レンズはこの1本のみで他に選択肢が無い(訳注:2015年12月)。正直に言うとやや常軌を逸している価格設定だ。疑う余地のない良好なレンズだが、55mm F1.8に1000ドルは如何なものだろうか?

とのこと。

2015年に投稿されたレビューなので、2019年現在と比べるとFE55mmが少し割高と感じたかもしれませんね。とは言え、今でも標準F1.8としてはやや高めの価格設定ですが…。

中央解像や絞った際の周辺解像を評価する一方で、軸上色収差による色づきや玉ボケの描写について指摘しています。レビュワーによって評価が分かれているポイントで、色づきや玉ボケを許容できる人は高く評価し、看過できない人にとっては価格設定がネックとなる模様。

個人的にもα7 III用にいつか使ってみたいとは思っているのですが、微妙にボケの色づきと玉ボケが気になるのですよね…。各所の作例を見る限りでは、粗が目立たないことも多いようです。とは言え、現在では「Planar T* FE 50mm F1.4 ZA」と言った魅力的な選択肢が登場しています。ボケ重視なら高価でもFE50ZAをゲットしたほうが満足できるのかもしれません。

Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZAのレビュー作例を集めるページはこちら

Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo 直営店icon

スポンサーリンク

サイト案内情報

ソニーレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

関連ページ

Canon EFマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Canon RFマウント RFレンズ一覧表
Canon EF-Mマウント EF-Mシステム一覧
Canon FDマウント レンズ一覧
Nikon Fマウント 広角域 標準域 中~望遠域 
1 NIKKOR(CX) 一覧
PENTAX Kマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Kマウント オールドレンズ一覧表
PENTAX 645マウント レンズ一覧表
SONY Eマウント 広角域 標準域 中~望遠域
SONY Aマウント 広角域 標準域 中~望遠域
FUJIFILM Xマウント 広角域 標準域 中~望遠域
マイクロフォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
フォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
新興レンズメーカー一覧 中一光学 Laowa Samyang
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
FUJI GFX 最大15万円 -2020/1/13 2020/1/27
FUJI X 最大23万円 -2020/1/13 2020/1/27
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-SONYレンズ, SONY標準レンズ, SONY関連の情報, カメラ, デジタルカメラ総合, レンズ, 機材の噂情報・速報, 機材レビュー, 海外の評価

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.