SONYレンズ 海外の評価

Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZAはゴージャスな描写だが価格が高い

Digital Camera Worldが「Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA」のレビューを公開。絞り開放の解像性能に低下が見られるものの、滑らかなボケや良好なコントラストを高く評価しています。

Digital Camera World:Sony Sonnar T* FE 55mm f/1.8 ZA review

外観・構造:

  • ツアイスゾナーとして5群7枚構成の光学設計を採用している。
  • レンズフードが付属している。

携帯性:

  • 281gと軽量だ。

操作性:

  • 記載なし。

フォーカス:

  • 静止画では高速で、動画撮影では滑らかなリニアモーター駆動である。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • シャープネスとコントラストは良好だが、F1.8では顕著な低下が見られる。
  • F4からF11でフレーム全域が見事な性能となる。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • ボケはとても滑らかだが、F1.8らしいボケ量だ。

色収差:

  • 色収差はとても少ない。
  • F8以降で少し目に付くようになる。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 歪曲収差はほとんどない。
  • 極僅かな糸巻き型だ。

周辺減光:

  • 記載なし。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • ツアイスT*コーティングを採用。
  • フレアとゴーストを抑えつつ、演色性やコントラストを最適化している。

総評

古典的なSonnarの設計原理に基づいており、ツァイスの伝説的なT*コーティングを採用したレンズだ。画質はゴージャスだが、F1.8の標準単焦点レンズとしては価格が高い。

  • 長所
    ・良好なシャープネスとコントラスト
    ・滑らかなボケ
    ・耐候性
  • 短所
    ・F1.8としては高価

とのこと。
ソニーEマウント35mm判(フルサイズ)システム黎明期に登場したF1.8単焦点レンズですね。ツアイスZAシリーズとしてやや高価ながらシャープでボケが綺麗なレンズとして人気を博しました。高画素化が進んだ2022年では少し粗が目立つかもしれませんが、それでも長所が活かせるレンズとして健在と言ったところでしょうか。

私はα7R IVと組み合わせるために購入しました。6100万画素の超高解像センサーを最大限活かしきるレンズとは言えませんが、十分な解像性能を備え、何より滑らかなボケが強みとなるレンズと感じました。最新の50mm F.8(例えばニコンのZ 50mm F1.8)と比べると色収差が少し目立ち、最短撮影距離が長いのが欠点ですが、ディールブレーカーと呼べるほど致命的なポイントはありません。敢えて言えば新品の価格設定が少し高めと感じるくらいでしょうか?個人的には特徴的なボケ描写に価値を見出したら買いなレンズ。

ソニー Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA 最新情報まとめ

Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
ソニーストアicon
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

レンズの仕様

レンズの仕様
発売日 2013年12月20日 初値 ¥84,412
マウント E 最短撮影距離 0.5m
フォーマット 35mm 最大撮影倍率 0.14
焦点距離 55mm フィルター径 49mm
レンズ構成 5群7枚 手ぶれ補正 -
開放絞り F1.8 テレコン -
最小絞り F22 コーティング T*
絞り羽根 9枚
サイズ・重量など
サイズ φ64.4×70.5mm 防塵防滴 配慮
重量 281g AF リニア
その他 -
付属品
レンズフード・キャップ・ケース

関連レンズ

AF

MF

関連記事

-SONYレンズ, 海外の評価
-