FUJIFILM FUJIFILM関連の情報 X-S10 Xシリーズ 一眼 カメラ デジタルカメラ総合 噂情報 機材の噂情報・速報

富士フイルム「X-S10」最新情報まとめページ

【広告】Yahoo!ショッピングでソフトバンクホークス優勝セール開催中

このページでは富士フイルムXシリーズのミラーレスカメラ「X-S10」に関する最新情報などを収集しています。

最新情報

  • 2020-10-15:正式発表されました。
  • 2020-10-12:Fuji Rumorsが「防塵防滴非対応」と発信しています。
  • 2020-10-10:「10月15日にX-S10が発表されるかもしれない」という噂に「富士フイルムが10月15日にX Summit OMIYAライブ配信決定」と言う情報を受けて「X-S10」専用の情報収集ページを作成しました。

データベース

特集記事

購入早見表

  • 2020年11月19日発売予定
  • 2020年10月20日予約開始

関連記事

関連カメラ

カメラ外観比較

海外の評価

PhotographyBlog

PhotographyBlog:Fujifilm X-S10 First Impressions

  • 通常の富士フイルムとは異なる究極のオールラウンダーと言われている。製品名の「S」について公式に何も言及していないが、「Samll(小型)」「Secure(安心確実)」「Simplicity(シンプル)」「Stabilised(手ぶれ補正)」と言い表すことが出来る。
  • サイズは126×85.1×65.4mm、重量は465gだ。X-T4よりも20%軽量で10%小型である。フォームはX-HシリーズとX-Tシリーズの中間に位置し、ポジションとしてはX-T30の上位、X-T3やX-T4の下位となる。
  • 非常に小型軽量なカメラだが、ビルドクオリティは印象的だ。X-T200よりも遥かに優れている。ただし、他のミドルレンジ同様、防塵防滴仕様ではない点に注意が必要だ。
  • 小型モデルとしては非常に大きなグリップを備えている。これはボディ内手ぶれ補正を搭載するために、バッテリコンパートメントをグリップに移動した結果だ。大きなグリップは望遠レンズと組み合わせてもしっかりカメラを保持するのに役立つ。
  • ボディ内手ぶれ補正を搭載するX-H1やX-T4より遥かに小型軽量なカメラだが、依然として非常に優れた補正効果を持っている。そしてミドルレンジにボディ内手ぶれ補正を搭載したのはこれが初めてだ。
  • X-T4の補正ユニットよりも30%小型化されているが、補正効果は僅かに減少しており、X-T4と比べて半段低下する。ただし、X-H1よりも半段良好な性能である。ボディサイズを考慮すると見事な結果だ。
  • カメラ上部には一般的な露出制御のダイヤルが存在せず、撮影モードダイヤルを搭載している。初期設定でフィルムシュミレーションを操作するダイヤルと、従来のPASMモードダイヤルを搭載。この簡素化されたインターフェースは富士フイルムシステムにまだ関心を持っていない新規ユーザーや、シンプルで合理化された操作性が好きなユーザーにとって威圧感の無い設計だ。
    さらにX-S10は前後にコマンドダイヤルを搭載している。これにより、シャッタースピード・絞り・ISO感度・露出補正を素早く変更可能だ。
  • 背面にはカスタマイズ可能な「表示モード」「AEL」「AF-ON」ボタンがある。さらに8方向に操作できるAFジョイスティックを搭載。
  • モードダイヤルには4つのカスタム撮影モードを備えており、AF/MFや撮影設定・画質などを登録可能だ。これは静止画のみ機能し、動画では機能しない点に注意して欲しい。
  • X-S10は主要ライバル以上の動画機能を備えている。高品質なDCI 4K 30pに対応し、4:2:0 8Bitの内部記録と4:2:2 10Bitの外部出力に対応している。F-Logが利用可能で、圧縮方式はLong GOPのみだ。ALL-intraは利用できない。連続録画時間は30分と長い。
  • X-S10はさらにX-T4で初導入された240fpsのハイレフームレートの撮影に対応している。
  • その他主要な動画機能
    ーISブーストモード
    ーモードダイヤルに専用の動画モード
    ー動画用のクイックメニュー機能
    ー3.5mmマイクポート
    ーUSB-C経由のヘッドホンポートアダプタ同梱
    ースタンバイ時にSDカードの残量を分で表示する機能
  • X-T4と主な動画機能の違い
    ー4K 30pまで
    ーLong GOPのみ
    ー内部記録時は8Bitまで
    ー連続撮影時間が30分対応
  • X-T4で導入されたEternaブリーチバイパスが含まれている。
  • フィルムシュミレーションを選択中にQボタンを押すと、簡単な説明を表示することが出来る。
  • オートモード・シーンモードでは、新しいアルゴリズムを使用している。例えば、明瞭度やカラークロームブルーを適用して空を強調、風景写真を自動的に改善する。また、シーンに応じてプロビア・ベルビア・アスティアのいずれかを選択すする新しい自動フィルムシュミレーションモードもある。さらにAUTOモードでもRAW出力やAFエリアの選択が可能となっている。
  • 3.0型104万ドットのバリアングルモニタを搭載している。ファインダーは0.62倍、アイセンサー内蔵でリフレッシュレートは100fpsだ。
  • メカニカルシャッターで8コマ秒連写、×1.25クロップの電子シャッターで30コマ秒までの連写が可能である。
  • 対応メディアはSDXC UHS-Iまでだ。当然、デュアルスロットでは無く、シングルスロットである。バッテリーコンパートメントに収メモリーカードスロットがあるのは不便だ。
  • X-Pro3やX-T4と同じ、2610万画素 裏面照射型CMOSセンサーを使用している。このため、静止画や動画のクオリティはほぼ同じだ。
  • イギリスでは2020年11月中旬に発売される。価格はボディのみで949ポンドだ。
  • 主なライバルはZ 50・α6600・EOS M6 Mark IIだ。
  • X-Tシリーズ・X-Hシリーズとは異なるデザインの興味深い選択肢であり、同等の画質と多くのコア機能を低価格で実装している。

Digital Camera World

Digital Camera World:Hands on: Fujifilm X-S10 review

  • 従来の富士フイルム製カメラ(ミドル~ハイエンド)と違い、一般的なモードダイヤルを搭載したミラーレスカメラだ。個性的な物理的露出制御は多くのファンを獲得したデザインだったが、モードダイヤルを搭載したアプローチしやすいカメラに仕上がっている。
  • X-T4で使用している2610万画素 X-Trans CMOSセンサーとX-Processor 4を搭載している。AFシステムも同じ100%カバーの位相差AFに対応、応答時間はわずか0.02秒、低照度AFは-7EVまで対応している。
  • X-T4と同様にボディ内手ぶれ補正を搭載しているが、補正ユニットは30%小型化されている。補正効果はX-T4が6.5段分であるのに対し、X-S10は6.0段分と僅かに違いがある。
  • 大きな違いがあるのは連写性能と動画性能だ。X-T4はメカニカルシャッターで15コマ秒の連写に対応しているが、X-S10は8コマ秒までだ。ただし電子シャッターで20コマ秒、×1.25クロップで30コマ秒まで利用可能だ。
  • X-T4は4K 60pの内部記録に対応している。X-S10は外部出力でも4K 30pまでである。ただし、外部出力時は4:2:2 10Bitに対応している。
  • シングルカードスロット、比較的低解像な電子ファインダーを搭載している。コストパフォーマンスに優れているが、X-T4とは価格差分の差がある。
  • カメラを手に取って感動しないのは難しい。465gとそれほど重くないにもかかわらず、非常にしっかりとした感触に加え、大きなグリップで優れたホールディングを実現している。
  • 一般的なモードダイヤル操作だが、操作性を損なっているわけではない。前後のコマンドダイヤルを搭載し、カメラ左上には3つ目のFnダイヤルまで搭載している。
  • D-Padは存在せず、AFジョイスティックでメニューなどを操作する。
  • 通常、富士フイルム機のカメラ上部にQボタンは存在しないが、X-S10は録画ボタンとセットでカメラ上部に配置されている。
  • 電子ファインダーは良好だが低解像で、特に0.62倍のファインダー倍率が平凡だと感じる。
  • バリアングルモニタは問題ないが、側面のケーブルポートと干渉しやすい。
  • プリプロダクションモデルのため、RAW画質を確認することは出来ない。しかし、カメラ出力のJPEGカラーとディテールは正確だ。AFや手ぶれ補正を評価するのも時期尚早だが、X-T4と同じようなものだと感じる。

プリプロダクションモデルの評価となるが、今のところビルドクオリティと操作性は際立っていると感じた。一般的なモードダイヤル操作へシフトしたのは富士フイルムファンを失望させたかもしれないが、優れた仕上がり、ビルドクオリティ、ハンドリング、ボディ内手ぶれ補正を搭載してここの価格設定は魅力的だ。X-T30よりも訴求力のあるカメラに仕上がっていると思う。

長所:見事な仕上がり・操作性・ボディ内手ぶれ補正・100%カバーの位相差AF・フル画角の4K

短所:通常のモードダイヤル・4K 60p非対応

DPReview:initial review

DPReview:Fujifilm X-S10 initial review

  • 最初にX-S10を見た時、「これは富士フイルムなのか?」と感じた。深いグリップ、目立つファインダー、無印のダイヤルとモードダイヤルを備えている。従来のミドルレンジ・ハイエンドXシリーズとは一線を画すデザインだ。
  • 同社はX-T30とX-H1のクロスモデルと説明している。前者からはセンサーやプロセッサを、後者からはデザインや手ぶれ補正を得ている。
  • スペック的にはX-T30とX-T4をブレンドしたようなものとなっている。
  • 小型ボディのためX-T4の手ぶれ補正ユニットは適合しない。そこで同社はX-T4より30%の小型軽量化を実現した補正ユニットを開発した。新しいモーションセンサーはユニットを効果的にし、消費電力を抑える回路基板を備えている。
  • 手ぶれ補正の性能はX-T4とわずかに異なる。それは僅か半段の差だ。手ぶれ補正を搭載しないレンズでは5.5段、手ぶれ補正搭載レンズでは最大6.0段の補正効果が期待できる。
  • オートモードは状況に応じてプロビア・ベルビア・アスティアのいずれかを手動で選択可能なモードがある。また、AFエリアはスポットからゾーン、ワイドまで、任意のモードでオートモードを利用可能だ。RAW出力にも対応している。
  • AFジョイスティックは他のモデルと動作が少し異なる。レバーを押し込むと、拡大機能が動作する。これは他のカメラで押し込み式リアダイヤルを押すことで動作していた機能だ。カスタマイズも可能である。
  • フィルムシュミレーション選択画面でQボタンを押すと任意のフィルムシュミレーションに関する説明を確認することが可能だ。
  • 正面から見た時のデザインはX-H1と似ている。カメラ左上部のデザインはX-T200と似ている。
  • ビルドクオリティはとても安定しており、防塵防滴があるかどうか不思議だったが、どうやら非対応のようだ。弱そうな部分と感じるのはポート用ドアとカメラ上部のダイヤルだ。
  • 背面のボタンレイアウトはシンプルだが、このカメラのターゲットユーザーには適度な操作量と感じるだろう。
  • おそらく最も大きな変更点はモードダイヤルを搭載したことだ。富士フイルムの伝統あるスタイルにこだわる人は悲鳴を上げるかもしれないが、一眼レフユーザーの乗り換えにはちょうどいい。
  • ファインダーやモニタのスペックは際立ったものは無い。3.0型 104万ドットのカラー液晶モニタだ。ファインダーはOLEDパネルを使い、解像度は236万ドット、倍率0.62倍、リフレッシュレート100fpsはX-T30と同じだ。
  • バッテリーはX-T30と同じNP-126SNP-W126Sを使用する。X-T4のような大容量バッテリーではないため、一回の充電でCIPA準拠で325コマの撮影が可能だ。USB経由で充電・給電に対応しているが、後者を利用するにはUSB-PD経由でることが必須となる。
  • 動画は基本的にX=T30と同じだ。オーバーサンプリングされたDCI 4K・4K UHDに対応。前面のマグネシウム合金ボディをヒートシンクとして利用し、4K 30pで連続30分の撮影に対応した。電子ISを利用可能であり、手ぶれをさらに軽減することが可能となる
  • F-Logに対応しているが、内部記録は最大で4:2:0 10Bitだ。より柔軟性のあるフッテージが好みであれば、外部出力で4:2:2 10Bitに対応している。

私は以前から富士フイルムのカメラのファンだったが、もしまだ古いキヤノンのシステムに投資していなければ、カメラを乗り換えることを検討していただろう。富士フイルムのカメラ出力JPEGや豊富なレンズコレクションにはいつも満足している。

私は今でもデジタル一眼レフでの撮影が好きな人間の一人だ。手の震えが気になる私には、グリップの大きさが気に入っている。老朽化したX-H1を除けば、富士フイルムXシリーズでグリップが大きなカメラは無い。シャッタースピードダイヤルがトッププレートにあるのが好きな人は多いが、私は滅多に使わないので、モードダイヤルと交換してもいいと思っている。
大きなグリップ、モードダイヤル、ボディ内手ぶれ補正、X-T4からの多くの機能、これらが携帯性の高いボディに詰め込まれている。手を動かさずに両方のダイヤルとジョイスティックに手が届き、後者はX-T30よりも良い位置にある。確かに、より高解像度ファインダーであれば良かったが、236万ドットのパネルはこのクラスでは典型的なものだ。

X-S10を使って数日しか経っていないが、それがどのように動作するか、多くのことを理解している。センサー、プロセッサー、AFシステムはX-T4と同じで、画質が良く、オートフォーカスは非常に優れている。
富士フイルムの伝統主義者の中には、X-S10のアイデアを嘲笑する人もいるかもしれない。しかし、私は富士フイルムが型破りのカメラをリリースしたのを見て嬉しく思う。私も含め、デジタル一眼レフカメラの形と操作性を求める人たちにとって、本当に良い選択肢だと思う。

外部コーティングDPReview:Hands on

DPReview:Hands-on with the Fujifilm X-S10: Small camera, great grip

  • X-T30とX-H1が交わったようなカメラだ。基本的にX-T30やX-T4と同じAPS-Cセンサーを搭載したコンパクトカメラだが、非常に優れたグリップとボディ内手ぶれ補正を搭載している。
  • X-S10を手にしたとき、感銘を受けたことは認めざるを得ない。価格に見合う価値を持っていると思う。特にシンプルな操作性は一眼レフから移行する多くのユーザーにアピールできるものとなるだろう。
  • 他のカメラにも搭載している2610万画素 X-Trans CMOS 4センサーを使用している。優れたノイズ耐性と高速読み出しを実現しているセンサーだ。オートフォーカス性能や動画機能の向上に役立つものである。
  • オートフォーカスはX-T30やX-T3、X-T4と同様と予想される。つまりとても優れたものだ。
  • 動画仕様もしっかりとしている。4K 30p 8Bitの内部記録に対応。外部記録の場合は4:2:2 10Bitまで拡張できる。
  • 連写はこのクラスらしい性能だ。メカシャッターで8コマ秒、電子シャッターで最大20コマ秒、さらに×1.25クロップで30コマ秒に対応している。バッファはまだ不明だ。
  • 信じられない程しっかりとしたカメラだが、防塵防滴とは言及されていない。
  • 小型ボディに収まる新開発のボディ内手ぶれ補正を使用している。最高で6段分の補正効果を持ち、光学手ぶれ補正非搭載のレンズは5~5.5段分となる。
  • 際立っているのはコントロールレイアウトだ。大部分の富士フイルム機はISO・シャッタースピード・露出補正ダイヤルがあるものだが、このカメラには存在しない。つまり、このカメラではモードダイヤルを「P」に操作するだけで操作が遥かに簡単となる。
  • フルオートモードが調整され、AFと画質のパラメータをユーザーが少し制御できるようになっている。シーンに応じてフィルムシュミレーションを自動的に選択できるようにもなっている。
  • ポップアップフラッシュ搭載も特筆すべき点である。
  • カメラ背面はとてもシンプルだ。X-T30よりも好ましいレイアウトである。ジョイスティックの位置も完璧だ。
  • ファインダーはかなり中途半端な236万ドットのEVFだが、優れたリフレッシュレートとコントラストを備えている。
  • 3.5mmマイクポートに加え、USB-CとマイクロHDMIポートを搭載している。USB-Cは充電やアダプタ経由でヘッドホンを装着することが出来る。ただしバリアングルモニタを展開する際は邪魔となる可能性がある。
  • バッテリーは標準的なNP-W126Sを使用する。CIPA準拠で325枚だが、実際にはより多くの撮影枚数になると思う。
  • 残念なのはシングルカードスロットがSD UHS-Iであることだ。UHS-IIには対応していない。
  • 画期的なカメラではないものの、手ごろな価格で非常にバランスの取れたモデルに見える。新規顧客を獲得しうる可能性を秘めたカメラとなるだろう。

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29

-FUJIFILM, FUJIFILM関連の情報, X-S10, Xシリーズ 一眼, カメラ, デジタルカメラ総合, 噂情報, 機材の噂情報・速報
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~