FUJIFILM FUJIFILM関連の情報 X-S10 Xシリーズ 一眼 カメラ デジタルカメラ総合 機材の噂情報・速報

DPReviewが富士フイルム「X-S10」のハンズオンとサンプルギャラリーを掲載

【広告】Yahoo!ショッピングでソフトバンクホークス優勝セール開催中

DPReviewが正式発表されたばかりの富士フイルム「X-S10」のハンズオン・サンプルギャラリーを公開しています。手ごろな価格で非常にバランスの取れたミラーレスカメラに仕上がっているようです。

バランスの取れたミドルレンジモデル

DPReview:Hands-on with the Fujifilm X-S10: Small camera, great grip

  • X-T30とX-H1が交わったようなカメラだ。基本的にX-T30やX-T4と同じAPS-Cセンサーを搭載したコンパクトカメラだが、非常に優れたグリップとボディ内手ぶれ補正を搭載している。
  • X-S10を手にしたとき、感銘を受けたことは認めざるを得ない。価格に見合う価値を持っていると思う。特にシンプルな操作性は一眼レフから移行する多くのユーザーにアピールできるものとなるだろう。
  • 他のカメラにも搭載している2610万画素 X-Trans CMOS 4センサーを使用している。優れたノイズ耐性と高速読み出しを実現しているセンサーだ。オートフォーカス性能や動画機能の向上に役立つものである。
  • オートフォーカスはX-T30やX-T3、X-T4と同様と予想される。つまりとても優れたものだ。
  • 動画仕様もしっかりとしている。4K 30p 8Bitの内部記録に対応。外部記録の場合は4:2:2 10Bitまで拡張できる。
  • 連写はこのクラスらしい性能だ。メカシャッターで8コマ秒、電子シャッターで最大20コマ秒、さらに×1.25クロップで30コマ秒に対応している。バッファはまだ不明だ。
  • 信じられない程しっかりとしたカメラだが、防塵防滴とは言及されていない。
  • 小型ボディに収まる新開発のボディ内手ぶれ補正を使用している。最高で6段分の補正効果を持ち、光学手ぶれ補正非搭載のレンズは5~5.5段分となる。
  • 際立っているのはコントロールレイアウトだ。大部分の富士フイルム機はISO・シャッタースピード・露出補正ダイヤルがあるものだが、このカメラには存在しない。つまり、このカメラではモードダイヤルを「P」に操作するだけで操作が遥かに簡単となる。
  • フルオートモードが調整され、AFと画質のパラメータをユーザーが少し制御できるようになっている。シーンに応じてフィルムシュミレーションを自動的に選択できるようにもなっている。
  • ポップアップフラッシュ搭載も特筆すべき点である。
  • カメラ背面はとてもシンプルだ。X-T30よりも好ましいレイアウトである。ジョイスティックの位置も完璧だ。
  • ファインダーはかなり中途半端な236万ドットのEVFだが、優れたリフレッシュレートとコントラストを備えている。
  • 3.5mmマイクポートに加え、USB-CとマイクロHDMIポートを搭載している。USB-Cは充電やアダプタ経由でヘッドホンを装着することが出来る。ただしバリアングルモニタを展開する際は邪魔となる可能性がある。
  • バッテリーは標準的なNP-W126Sを使用する。CIPA準拠で325枚だが、実際にはより多くの撮影枚数になると思う。
  • 残念なのはシングルカードスロットがSD UHS-Iであることだ。UHS-IIには対応していない。
  • 画期的なカメラではないものの、手ごろな価格で非常にバランスの取れたモデルに見える。新規顧客を獲得しうる可能性を秘めたカメラとなるだろう。

DPReview:Fujfilm X-S10 pre-production sample gallery

FUJIFILM X-S10はXマウントシリーズの最新モデルだ。2610万画素 X-Trans 裏面照射型CMOSセンサーを搭載し、美しいJPEGカラーの撮影が可能である。また、グリップ部は、デジタル一眼レフカメラのようなデザインを採用している。
:プリプロダクションモデルを使った作例であり、富士フイルムは現時点でJPEGのみの提供を要請している。できるだけ早くにプロダクションモデルのサンプルギャラリーを公開する予定だ。

とのこと。
「こういうミラーレスを待っていたんだ」と言う声が聞こえてきそうですね。特に富士フイルムでは珍しいフォルム・操作性のカメラに仕上がっています。ボディサイズはX-T30と似ているものの、大きなグリップとボディ内手ぶれ補正、バリアングルモニタを搭載しています。スペック的にはX-T30と似ている部分が多いものの、ソフト的にはX-T4と同水準の最新版を使用しているように見えます。つまり、X-T30にはないカラークロームブルーや明瞭度、トーンカーブや新しいフィルムシュミレーションを利用可能。これで10万円ちょっとはリーズナブルと感じます。かなり売れるのではないかと感じるモデル。

富士フイルム「X-S10」最新情報まとめページ

購入早見表

  • 2020年11月19日発売予定
  • 2020年10月20日予約開始
FUJIFILM X-S10
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
FUJIFILM X-S10/XC15-45mm
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
FUJIFILM X-S10/XC15-45mm/XC50-230mm
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
FUJIFILM X-S10/XF18-55mm
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

関連記事

関連カメラ

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29

-FUJIFILM, FUJIFILM関連の情報, X-S10, Xシリーズ 一眼, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材の噂情報・速報
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~