FUJIFILMレンズ レンズ 海外の評価

XF23mmF2 R WRはストリートフォトに適した素晴らしい性能のレンズ

Digital Camera Worldが富士フイルム「XF23mmF2 R WR」のレビューを公開。絞り開放から周辺部まで良好な解像性能を評価し、ストリートフォトに適した焦点距離のレンズとしては良好な性能と評価。

Digital Camera World:Fujinon XF23mm f2 R WR review

外観・構造:

  • 金属鏡筒に加えて防塵防滴仕様の良好なビルドクオリティだ。

携帯性:

  • F1.8よりも1/3段暗いレンズだが、そのぶん小型・軽量化を実現している。

操作性:

  • 絞りのリングは、1/3段刻みでクリック感があるのが特徴だ。操作に慣れた方には嬉しいレンズである。
  • フォーカスリングも同様に感触が良い。静粛性の高いステッピングモーターと電子的に結合しているにも関わらず、良好なトルクで滑らかな操作性は、非常に精密な調整を可能にしている。
  • ステッピングモーター搭載のオートフォーカスレンズの典型として、焦点距離の目盛りはないが、Xシリーズの様々なカメラに搭載されているライブビュー上の目盛りが代わりを果たす。

フォーカス:

  • 中央のシャープネスはF4~F11で良好だ。F2やF22でも大きく落ち込むことはない。
  • フレーム周辺部や四隅までシャープネスが維持されている。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • 記載なし。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 記載なし。

色収差:

  • カメラ内補正により、周辺部も含め、絞り値全域で色にじみをほとんど感じない。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • ファームウェア補正による性能向上もあり、ごくわずかな糸巻き型だ。

周辺減光:

  • 記載なし。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 記載なし。

総評

ストリートフォトに最適なレンズといえば、焦点距離35mmの単焦点レンズだ。この23mmレンズは、APS-Cフォーマットのミラーレスカメラで同じ有効画角を実現し、その条件を完璧に満たしている。小型・軽量なのも嬉しいポイントで、街中で目立たずに撮影することができる。さらに、いくつか便利な機能が搭載されており、性能は素晴らしい。

  • 長所
    ・小型・軽量
    ・絞りリングとウェザーシール
    ・印象的な画質
  • 短所
    ・光学式手ブレ補正機構がない
    ・かなり控えめな絞り値
    ・絞りリングのクリックを外すことができない

とのこと。
2016年に登場したF2 WRシリーズ第二弾のレンズですね(第一弾はたしかXF35mmF2)。開放F値が「F2」のレンズとしては少し高価ですが、金属鏡筒で絞りリングや防塵防滴に対応したしっかりとした作りとなっています。さらにDigital Camera Worldをはじめ、光学性能の評価は高い。F2で問題なければ、競合他社には存在しない面白い選択肢と言えそうです。

私もX-T30と組み合わせるために2019年に購入しました。XF35mmF2と比べると解像性能を重視した描写となっており、絞り開放から周辺部まで良好な解像性能を得ることが出来ます。ただし、35mmF2と比べるとボケが少し硬調と感じるので注意が必要。F2 WRシリーズとしてはフォーカスブリージングが良く抑えられており、AFが非常に快適。

これら特徴に加えて、防塵防滴や小型軽量なレンズサイズを考慮すると、確かにスナップ向けのレンズなのかなと。特に光学ファインダーを搭載しているX-Pro2やX-Pro3などと組み合わせる場合、レンズサイズが小さいのでファインダーがケラレにくいのは長所と言えるでしょう。

XF23mmF2 R WRのレビュー・作例を集めるページはコチラ

XF23mmF2 R WR ブラック
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
  キタムラで中古在庫を探す
XF23mmF2 R WR シルバー
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
  キタムラで中古在庫を探す

関連レンズ

関連記事

-FUJIFILMレンズ, レンズ, 海外の評価
-