Canonレンズ Canon中・望遠レンズ RFレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

「RF85mm F2 Macro IS STM」はF4まで絞れば均質性の高い見事な解像性能

Lesnumeriquesがキヤノン「RF85mm F2 Macro IS STM」のレビューを公開。手振れ補正搭載のF2レンズとしてはコンパクトで、さらにF4まで絞れば全体的に見事な解像性能を発揮すると評価しています。唯一の欠点は防塵防滴非対応とのこと。

Lesnumeriques:Test Objectif Canon RF 85mm F2 Macro IS STM : le bon portraitiste

レンズの紹介:

  • キヤノンはフルサイズミラーレス市場での遅れを取り戻すために全力を尽くしている。すでに5つのカメラボディを投入し、さらにEOS R3が控えている。
  • さらにキヤノンは幅広い予算のニーズに応えるべく、RF50mm F1.8やRF600mm F11など手ごろな価格帯のレンズを投入した。
  • そしてキヤノンはEOS Rシステム開始から2年のうちに2本目の85mmレンズを投入した。
  • RF85mm F1.2のような大きなボケは得られないものの、0.5倍の高い撮影倍率に対応している。

ビルドクオリティ:

  • 落ち着いたエレガントなデザインだ。全体的に黒の色合いを採用している。
  • 防塵防滴には非対応だ。

携帯性:

  • 全長9cm、重量500gのレンズはEOS R5などとの組み合わせでバランスは良好だ。

操作性:

  • 3系統のAFリミッターに対応したスイッチを搭載している。
    ・FULL
    ・50cm~∞
    ・35cm~50cm
  • AF/MFスイッチを搭載している。
  • 手振れ補正のオンオフを切り替えるスイッチを搭載している。
  • さらにキヤノンは多くのRFレンズと同じく、レンズの先端にコントロールリングを採用している。このリングにはカメラ側で露出補正などを割り当てることが可能だ。
  • フォーカスリングの操作性は良好だが、ピント位置を移動するには操作量が多い。少し面倒かもしれないが、マクロ撮影には便利である。

オートフォーカス:

  • AFはしっかりとしているが、ノイズが強く動画撮影には適していない。
  • さらにクローズアップ時は内筒が数センチ伸びる。

マニュアルフォーカス:

  • 記載なし。

手ぶれ補正:

  • 光学手振れ補正を搭載しているので、手持ちのマクロ撮影も苦にならない。

解像性能:

  • EOS R5と組み合わせてテストした。
  • シャープネスはとても良好だ。F2で性能が低下するものの、描写は良好だ。
  • 少し絞ると著しく改善し、ピークの結果を得ることが出来る。
  • 隅まで最良の結果を得るにはF4まで絞ればよい。
  • F8の結果も見事だが、F11まで絞ると性能は大きく低下する。
  • 絞り開放におけるフレーム全体の均質性が少し不足しているのが残念だ。均質性を重視する場合はF4まで絞る必要がある。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 中央の玉ボケは円形でキレイな描写だ。

色収差:

  • 目に見える色収差は残っていない。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 歪曲収差は目立たないが、少し残っている。

周辺減光:

  • F2で最も目立つが、少し絞るとほとんど解消する。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 記載なし。

総評

手振れ補正搭載の明るいレンズながらコンパクトで接写性能も高いレンズだ。限られた予算のアマチュアフォトグラファーにとって貴重な選択肢となるだろう。もちろん防塵防滴仕様ではないのが残念だが、これが唯一の欠点だ。
今のところ競合レンズは存在しないが、ボケを大きくしたい場合はサムヤン「AF 85mm F1.4 RF」も検討することができる。

  • 長所
    ・F2
    ・F2.8~F5.6の良好なシャープネス
    ・コントロールリング
    ・ボケ
    ・手振れ補正
    ・ハーフマクロ
  • 短所
    ・防塵防滴仕様ではない
    ・口径食
    ・大音量のAF

とのこと。
小型軽量でF2と明るく、ハーフマクロにも対応する汎用性の高い中望遠レンズですね。従来のEF85mm F1.8 USMと比べるといくらか高価ですが、随分と機能的なレンズに仕上がっています。光学性能も悪くなく、特に少し絞ればフレーム端まで良好な解像性能を発揮する模様。実際、私がEOS R5と組み合わせて使っていてもそう思います。
Lesnumeriquesはボケの評価も高いですが、個人的に中望遠レンズに期待しているボケと比べると少し硬いなと。どちらかと言えばマクロレンズのようなボケで、もう少し柔らかさを残しても良かったのじゃないかなと思うのです。とは言え、ボケ質にこだわらなければ機能的で汎用性の高いレンズに間違いない。注意すべき点があるとすれば、マクロ側で内筒が大きく伸びることくらいでしょうか?(+駆動音が大きい&ピントが迷うと遅い)

RF85mm F2 Macro IS STM交換レンズデータベース

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

キヤノンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
XF・GFレンズ 最大20万円 -2021/9/20 2021/10/4
ZV-1 1万円 -2021/8/1 2021/8/16
α7 Series&レンズ 最大5万円 -2021/8/1 2021/8/16
E-P7&レンズ 景品&Giftカード -2021/9/30 2021/10/14
EOS R5 景品 -2021/7/26 2021/8/31
EOS R/M 最大3万円 -2021/7/26 2021/8/31
Z 5 最大3万円 -2021/10/4 2021/10/22
LUMIX S5 最大3.5万円 -2021/6/7 2021/6/18
LUMIX GH5 II 最大2万円 -2021/8/29 2021/9/12

-Canonレンズ, Canon中・望遠レンズ, RFレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER