LAOWAレンズ カメラ レンズ 噂情報 機材の噂情報・速報 海外機材情報

間もなくVenus Opticsが大量の新LAOWAレンズを発表

SonyAlphaRumorsが間もなく発表されるVenus OpticsのLAOWAレンズ群に関する情報を発信しています。各フォーマットのF0.95の他、大量のシネレンズや既存レンズの他マウント版が登場する模様。

いよいよArgus登場なるか?

Sony Alpha Rumors:Laowa will announce four new lenses today: Including the 35mm and 45mm f/0,95 FE lenses!

数時間以内にVenus Opticsは4つの新しいレンズを発表する。そのうちの2つは35mmと45mm f/0,95 FEだ!
ロンドン時間で12:00に発表となる。

とのこと。以前にブログでお伝えした通り、本日の午後8時(日本時間で午後9時)に正式発表されるようです。
今のところ判明しているレンズは以下の通り。

  • OOOM 25-100mm T2.9 Cine レンズキット
  • 1.33× Rear アナモルフィックアダプター
  • 1.4× フルサイズエクステンダー
  • 既存モデルのZマウント・Lマウント版
  • 24mm F14 Prove FE Cine
  • 11mm F4.5 FF RL
  • 14mm F4 FF RL Zero-D EFマウント・Fマウント
  • 33mm F0.95 APS-Cミラーレス
  • 35mm F0.95 フルサイズミラーレス
  • 45mm F0.95 フルサイズミラーレス
  • 7.5mm F2 マイクロフォーサーズ 自動絞り版
  • 12-24mm F5.6 Zoom フルサイズミラーレス
  • 10mm T2.1 マイクロフォーサーズ
  • 17mm T1.9 マイクロフォーサーズ
  • 7.5mm T2.9 Super35
  • 9mm T2.9 Canon RF
  • 25mm F0.95マイクロフォーサーズ

圧巻の新製品群ですね。フルサイズからAPS-C、そしてマイクロフォーサーズまでカバーしているのは凄いというほかありません。既存レンズの対応マウントを拡張するほか、Argus F0.95シリーズも各種登場する模様。特にフルサイズで35mm F0.95と言うのは珍しい。中華レンズメーカーとしては比較的高価なレンズが多いLAOWAシリーズで、F0.95がどのような価格設定となるのか注目ですねえ。

マイクロフォーサーズは既存レンズの7.5mm F2が自動絞りに対応するようです。距離エンコーダーに対応したのかどうか気になるところですが、レンズ情報を記録できるようになるのは有難いですね。

14mm F4 FF RL Zero-DはもともとライカMマウント用のレンズだったはずですが、キヤノンEFやニコンFなど一眼レフに対応するのは意外。光学系に変更があるのか、マウントを切り替えるだけなのか気になるところ。

参考:既存のLAOWAレンズ群

サイト案内情報

Laowaレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
VLOGCAM ZV-1 1万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28
SIGMA fp 最大3万円 ~2021-5-18 2021-5-26

-LAOWAレンズ, カメラ, レンズ, 噂情報, 機材の噂情報・速報, 海外機材情報
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER