Canonレンズ Canon関連の情報 RFレンズ カメラ 噂情報

キヤノンは2023年に11-22mm F4.5-5.6を含む3本のRF-Sレンズを発表する?

Canon Rumorsがキヤノン新製品に関する噂情報を発信。2023年に少なくとも3本のRF-Sレンズを発信すると情報得た模様。そのうちの1本はEF-Mから継承する11-22mmとなるようです。

Canon Rumors:Canon RF-S 11-22mm f/4.5-5.6 IS STM coming in the first half of 2023

キヤノンは2023年に少なくとも3本のRF-Sレンズを発売するようで、そのうちの2本はEF-Mレンズをベースにしたものになりそうだ。

2023年の前半に発売されると言われているレンズの1つは、RF-S11-22mm F4.5-5.6 IS STMだ。EF-Mバージョンは発売以来、EOS Mの撮影者に愛用されている。価格設定が本当にとても良いレンズだ。

2023年のロードマップの全貌はわからないが、2月のCP+が近づくにつれ、より多くの情報を目にすることになるのだろう。

とのこと。
どうやら「RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STM」に引き続き、EF-Mレンズの光学系を再利用するRF-Sレンズが登場するみたいですね。「EF-M11-22mmF4-5.6 IS STM」はAPS-C広角ズームとしては手ごろな価格だったので、価格据え置きでRF-Sレンズに生まれ変わるとしては歓迎できる1本となりそう。私もEOS M3と組み合わせて使用していました。

さらにEF-Mレンズから光学系を継承したレンズが1本、新規光学系と思われるレンズが1本登場する模様。EF-Mレンズはもともと必要最低限のラインアップだったので、全てのレンズをRFマウントに移行しても良さそうですが、特に「EF-M22mmF2STM」「EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM」の2本はキットレンズとして必須と言えるかもしれません。2023年の第一四半期に「EOS R50」と共に「RF-S22mm F2 STM」が登場するとも言われているので、RF-Sシステムが盛り上がる1年となりそうです。今後の追加情報に期待。

EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す
EF-M32mm F1.4 STM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す
EF-M22mm F2 STM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す
EF-M22mm F2 STM シルバー
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す
EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

噂のまとめ

EOS R1

  • 2023年春にティーザーが見れるかもしれない
  • 2023年後半まで期待できない
  • 2024年となる可能性あり
  • グローバルシャッターの可能性は低い
  • EOS R5よりも高解像
  • 他社の競合モデルを置き去りにするカメラ
  • EOS R3よりも高くなる
  • 5400万画素となる?(未知ソース)
  • DO超望遠レンズと共に開発発表される可能性あり

EOS R5 Mark II

  • 新型6100万画素 裏面照射型CMOSセンサー
  • デュアルDIGIC Xプロセッサ
  • 30fps 電子シャッター連写
  • 12fps メカニカルシャッター連写
  • 8段分のボディ内手ぶれ補正
  • ソニーや富士フイルムに近いピクセルシフトマルチショット
  • 2/4/8倍のデジタルテレコン
  • R3やR6 IIと同じデュアルピクセルCMOS AF II
  • 8K 60pの内部収録(RAWは確認中)
  • 4K ~120pの内部収録(オーバーサンプリング)
  • FullHD 240p
  • フォーカスブリージング補正
  • R6 Mark IIと同じ新しい熱対策(8Kで40分以上)
  • デュアルCFexpress Type B
  • HDMI Aポート
  • デュアルUSB-Cポート
  • 944万ドット EVF
  • 動画撮影に最適な新デザインのバリアングルモニタ
  • 2023年Q2

EOS R8

  • 2023年2月
  • EOS R7とR10の間に位置づけ
  • 新しいフォームファクタ
  • 少しい種類のバリアングルモニタ

EOS R50(EOS Kiss R ?)

  • Vlogger向け
  • EOS M6 Mark IIのようなフォームファクタ
  • 2022年11月までに
  • 2023年Q1
  • 従来とは異なるバリアングルモニタ

RF-S22mm F2 STM

  • EOS R50と共に登場する

RF-S11-22mm F4.5-5.6 IS STM

  • 2023年Q1

Cinema EOS

  • ボックスタイプのC200
  • センサー換装可能なC700 Mark II

その他の噂

コードネーム一覧

カメラ

  • EOS R5の高解像タイプ
    ・登場する可能性が高い
    ・EOS R5の2倍の解像度
    ・9000万画素
    ・R5より高解像なファインダー
    ・登場時期は不明→2022年内に登場する
  • RFマウントのシネマEOS 
    ・EOS C50
    ・EOS C90
    ・EOS R7 C:2023年後半

レンズ

  • TS-R 14mm F4L
    2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • TS-R 24mm F3.5L
    2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • RF10-24mm F4 L USM
  • RF18-45mm f/4-5.6 IS STM
    ・もともと2021年第一四半期で発表される予定だったが延期
  • RF12mm F1.8 L USM
  • RF24mm F1.4 L USM
  • RF28mm F1.4 L USM
  • RF35mm F1.2 L USM
    2021年Q4
    ・2023年
  • RF300mm F2.8 L IS USM
    ・2023年
    ・EFレンズ比で全長が30%減
    ・EFレンズ比で重量が40%減
  • RF400mm F4 DO IS USM
    ・2022年
  • RF500mm F4 L IS USM
    ・2022年

[/st-mybox]

キヤノン関連記事

-Canonレンズ, Canon関連の情報, RFレンズ, カメラ, 噂情報
-