Canonレンズ Canon関連の情報 RFレンズ 噂情報

キヤノンは今後12か月で「12mm F1.8 L」など4本の広角Lレンズを発表する?

Canon Rumorsがキヤノンの新製品について噂情報を発信。中程度の格付けで今後12か月の間に4本の広角Lレンズをリリースすると情報を得た模様。12mm F1.8や35mm F1.2など個性的なレンズも含まれていますね。

Canon Rumors:There are 4 wide-angle L prime lenses coming in the next 12 months [CR2]

RFレンズのラインナップの穴を見ると、広角単焦点レンズが不足しているという結論に達するのは簡単だ。現在、RF24mm F1.8 IS STM MacroとRF35mm F1.8 IS STM Macroしかラインアップしていない。

キヤノンが今後12ヶ月の間に以下の4つの広角Lレンズをリリースする予定であると聞いている。

  • RF12mm F1.8 L USM
  • RF24mm F1.4 L USM
  • RF28mm F1.4 L USM
  • RF35mm F1.2 L USM

と言っても、キヤノンから発表される次のLレンズは「RF135mm F1.8 L USM」になるだろう。このレンズがRF85mm F1.2L DS USMのようなDSバージョンを用意するかどうかは不明だ。また、手ぶれ補正が搭載されるかどうかも不明ですが、それは望み薄だと感じている。

とのこと。
確かにLシリーズの広角単焦点はまだ一本も存在せず、F1.2やF1.4の大口径レンズはラインアップされていませんね。夜景や星空の撮影には需要が高いレンズなので、最新設計のRF広角レンズを待っている人も多いことでしょう。噂の4本はオーソドックスな24mmや28mmのF1.4レンズを始めとして、驚くほど画角の広い12mm F1.8や超大口径の35mm F1.2を用意すると言われています。これが本当であれば凄いレンズが登場しそうですね。特に12mm F1.8は競合他社を見渡しても存在しない種類の広角レンズとなるはず。今のところCR2と中程度の噂情報となっているので過信は禁物ですが、今後の追加情報に期待。

噂のまとめ

EOS R100(仮)

  • Vlogger向け
  • EOS M6 Mark IIのようなフォームファクタ
  • 2022年11月までに
  • 従来とは異なるバリアングルモニタ

フルサイズ EOSR

  • 2022年8月から6か月以内に登場
  • EOS Rの置き換えのようなカメラ
  • EOS R6の下位
  • EOS R3のような積層型CMOSセンサー
  • 発売は2023年Q1

RF135mm F1.8 L USM

  • 2022年Q4

その他の噂

コードネーム一覧

EOS R1

  • 2022年Q3~Q4に登場
  • 2023年後半まで期待できない
  • グローバルシャッターの可能性は低い
  • EOS R5よりも高解像
  • 他社の競合モデルを置き去りにするカメラ
  • EOS R3よりも高くなる
  • 5400万画素となる?(未知ソース)
  • DO超望遠レンズと共に開発発表される可能性あり

エントリー フルサイズEOS R

  • EOS RPの上位・下位のモデルがある
  • 999ドル以下
  • 世界的な供給網の価格変動で計画が延期・中止となった可能性

EOS Kiss M3

  • 2022年Q4
  • 24.1MP APS-C CMOSセンサー
  • DIGIC X イメージプロセッサー
  • UHD 4K30p SD (標準画質) (ノンクロップ)
  • UHD 4K30p HQ(高品質)(1.6倍クロップ済み)
  • FullHD 120動画撮影
  • デュアルピクセルCMOS AF II(瞳・動物検出AF付き)
  • Wi-FiおよびBluetooth、Webカメラ機能
  • 拡張ISO 51200、10fps撮影。

その他噂

  • 新しいメニューシステムが開発中
  • EOS R5の高解像タイプ
    ・登場する可能性が高い
    ・EOS R5の2倍の解像度
    ・9000万画素
    ・R5より高解像なファインダー
    ・登場時期は不明→2022年内に登場する
  • RFマウントのシネマEOS 
    ・EOS C50
    ・EOS C90
    ・EOS R7 C:2023年後半

レンズ

  • TS-R 14mm F4L
    2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • TS-R 24mm F3.5L
    2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • RF10-24mm F4 L USM
  • RF18-45mm f/4-5.6 IS STM
    ・もともと2021年第一四半期で発表される予定だったが延期
  • RF12mm F1.8 L USM
  • RF24mm F1.4 L USM
  • RF28mm F1.4 L USM
  • RF35mm F1.2 L USM
    2021年Q4
    ・2023年
  • RF135mm F1.4 L USM
  • RF300mm F2.8 L IS USM
    ・2023年
    ・EFレンズ比で全長が30%減
    ・EFレンズ比で重量が40%減
  • RF400mm F4 DO IS USM
    ・2022年
  • RF500mm F4 L IS USM
    ・2022年

[/st-mybox]

キヤノン関連記事

-Canonレンズ, Canon関連の情報, RFレンズ, 噂情報