FUJIFILMレンズ FUJIFILM中・望遠レンズ FUJIFILM関連の情報 カメラ レンズ 噂情報 機材の噂情報・速報

富士フイルム「XF50mmF1 R WR」は9群12枚でフルサイズの85mm F1.4に近いサイズとなる?

開発発表されている富士フイルム「XF50mmF1 R WR」のスペック情報が出回っています。ここ最近登場したシグマ85mmF1.4 DG DNよりも大きく重く、ソニーGMに近いレンズサイズとなるようですね。

【広告】AmazonにてProGrade Digital CFexpressがセール中

大きなXFレンズとなる?

メモ

  • 世界初となるF1.0 AFレンズで大きなボケと低照度AFを実現
  • どのXFレンズよりも8倍正確なフォーカスリングを搭載
  • フォーカスリングの回転量は120度
  • フォーカスシフトを最小限に抑えたエンジニアリング
  • 11点の防塵防滴処理
  • レンズ構成:9群12枚(非球面レンズ1枚、EDレンズ2枚含む)
  • 最短撮影距離:0.7m
  • 最大撮影倍率:0.08倍
  • 絞り羽根枚数:9枚
  • フィルター:径77mm
  • サイズ:φ87mm×103.5mm
  • 重さ:845g

これが本当だとすると、「XF56mmF1.2 R」と比べて全長が1.5倍、重量が2倍の大きなレンズとなりそうですね。サイズはフルサイズミラーレスの85mm F1.4に近いものとなるようです。APS-C用のF1.0レンズとしては納得のサイズ感と言ったところでしょうか。フィルター径も62mmから77mmへ大きくサイズアップしていますね。Xマウントのレンズで77mmを使うレンズは非常に少ないはず。最短撮影距離や最大撮影倍率はXF56mmとほぼ同じ。

レンズ構成は9群12枚らしく、EDレンズや非球面レンズの枚数に驚きはありません。X-Summitで公開されたレンズ構成から少し変化がありそうですね。

噂まとめ

  • 2020年9月3日正式発表
  • 既にプリプロダクションモデルが出回っている
  • 2020年登場とレンズロードマップに掲載
  • 約1500ドル/1,599ユーロ
  • XF56mm F1.2より高速AF
  • レンズ構成:9群12枚(非球面レンズ1枚、EDレンズ2枚含む)
  • 最短撮影距離:0.7m
  • 最大撮影倍率:0.08倍
  • 絞り羽根枚数:9枚
  • フィルター:径77mm
  • サイズ:φ87mm×103.5mm
  • 重さ:845g
  • プロトタイプの仕様
    ・1Kg未満
    ・F1.0-F16
    ・77mmフィルター
    ・XF56mmより美しいボケ
    ・コントラストAF
    ・最終的に像面位相差AFに対応予定

XF50mmF1 R WR交換レンズデータベース

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

フジフイルムレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony FE 最大5万円 -2020/10/11 2020/1026
EOS M/Kiss 最大2万円 -2020/10/6 2020/10/19
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-FUJIFILMレンズ, FUJIFILM中・望遠レンズ, FUJIFILM関連の情報, カメラ, レンズ, 噂情報, 機材の噂情報・速報

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.