【告知】10月21日 23時にソニー新製品発表会(19時に情報収集ページ開設予定)

Tamronレンズ カメラ レンズ

DPReviewがタムロン「150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD」の作例を公開

DPReviewがタムロン「150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD」をα7R IVと組み合わせて撮影したサンプルギャラリーを公開。ズームレンジ全域で6100万画素にも十分耐えうる解像性能を備えているように見えます。

DPReview:Super-tele sweet spot: Tamron 150-500mm F5-6.7 sample gallery

タムロン150-500mm F5-6.7 Di III VC VXDは、シグマ100-400mm F5-6.3やソニー100-400mm F4.5-5.6、200-600mm F5.6-6.3と肩を並べる、完成度の高い超望遠ズームだ。ソニーの高解像度カメラa7R IVでの撮影結果をご覧あれ。

タムロンDi IIIシリーズ初となる超望遠ズームレンズですね。ソニー・シグマと直接の競合とならない「第3の選択肢」となる存在。従来のDi IIIシリーズと異なり、レンズ側面に各種スイッチを搭載し、三脚座や特殊なリング操作に対応しています。さらに珍しく67mm以外のフィルターサイズ(82mm)を使用している点でも異例の存在と言えるでしょう。
実写を確認してみると、150mmから500mmまで良好なパフォーマンスを備えたレンズであることが分かります。6100万画素のα7R IVと組み合わせても、特に大きな問題はなさそう。さらに撮影距離が近くても遠くても光学性能に大きな変動は無いように見えます。そしてボケが綺麗で背景が過度に騒がしく見えないのもGood。

タムロン「150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD」交換レンズデータベース

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

タムロンレンズ関連記事

Facebook

最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Tamronレンズ, カメラ, レンズ
-