Panasonicレンズ Panasonic中・望遠レンズ Panasonic関連の情報 カメラ レンズ 機材の噂情報・速報

パナソニック「LUMIX S 70-300mm F4.5-5.6 O.I.S.」交換レンズデータベース

このページではパナソニック「LUMIX S 70-300mm F4.5-5.6 O.I.S.」に関する情報を収集しています。

データベース

最新情報

  • 2021-02-18:正式発表されました。
  • 2021-02-16:製品画像を追加しました。
  • 2021-02-04:レンズ仕様とレンズサイズ比較を追加しました。
  • 2021-02-02:間もなく「LUMIX S 70-300mm F4.5-5.6 O.I.S.」が登場と噂され始めたので専用の情報収集ページを作成しました。

購入早見表

レンズデータ

レンズ仕様

品番 S-R70300
レンズ構成 11群17枚(UEDレンズ1枚、EDレンズ2枚、UHRレンズ1枚)
マウント ライカカメラ社L-Mount規格準拠
画角 W(f=70mm):34°~T(f=300mm):8.3°
光学式手ブレ補正 ○(O.I.S.)
Dual I.S. 対応 ○(Dual I.S.2)
焦点距離 f=70-300mm
開放絞り F4.5-5.6
最小絞り F22
絞り形式 11枚羽根 円形虹彩絞り
撮影可能範囲 0.54m~∞(W端) / 0.74m~∞(T端)(撮像面から)
最大撮影倍率 0.5倍
フィルター径 Φ77mm
防塵防滴※1
最大径×長さ Φ84mm×約148mm※2
質量 約790g (レンズフード、レンズキャップ、レンズリアキャップを含まず)
動作環境(使用可能温度 / 湿度) -10~40 ℃ / 10~80 %
付属品 レンズフード、レンズキャップ、レンズリアキャップ

MTFチャート

レンズ構成図

関連レンズ

関連記事

レンズサイズ比較

品番 S-R70200 S-E70200
レンズ構成 17群23枚
UEDレンズ1枚
EDレンズ2枚
UHRレンズ1枚)
17群23枚
非球面レンズ1枚
UEDレンズ1枚
EDレンズ3枚
UHRレンズ1枚)
17群22枚
非球面レンズ1枚
EDレンズ3枚
UHRレンズ2枚
光学式手ブレ補正 ○(O.I.S.)
Dual I.S. 対応 ○(Dual I.S.2)
焦点距離 f=70-300mm f=70-200mm
最小絞り値 F22
開放絞り F4.5-5.6 F4.0 F2.8
絞り形式 9枚羽根
円形虹彩絞り
11枚羽根
円形虹彩絞り
撮影可能範囲 0.54m~∞ 0.92m~∞ 0.95m~∞
最大撮影倍率 0.5倍 0.25倍 0.21倍
フィルター径 Φ77mm Φ77mm Φ82mm
防塵防滴
最大径×長さ Φ84mm×148mm Φ84.4mm×約179mm Φ94.4mm×約208.6mm

海外の評価

PhotographyBlog

PhotographyBlog:Panasonic Lumix 70-300mm F4.5-5.6 MACRO O.I.S. Review

レンズの紹介:

  • パナソニック初となるフルサイズミラーレス用の70-300mm望遠ズームレンズだ。
  • Lマウントのため、シグマ「fp」やライカ「SL2」などでも使用可能である。
  • 11群17枚のレンズ構成にEDレンズ2枚、UED1枚、UHR1枚を使用している。絞り羽根は11枚だ。
  • 光学手ぶれ補正を搭載しており、補正効果は最大で5.5段分と言われている。
  • 最短撮影距離は0.54mで、撮影倍率は0.5倍だ。
  • 防塵防滴と-10℃の耐寒仕様、そして前玉はフッ素コーティング処理された頑丈な作りだ。
  • イギリスでは1259.99ポンドで発売する。

ビルドクオリティ:

  • 70-200mm F2.8やF4と異なり、脱着可能な三脚座に対応していない。
  • 付属品は円形フードのみだ。

携帯性:

  • 重量790g、全長148mmは決して軽量でもコンパクトでもない。
  • LUMIX S1Rとの組み合わせでバランスは悪くない。
  • ズームすることでレンズは60mm伸び、全長が208mmとなる。

操作性:

  • ズームリングには70mm、100mm、135mm、200mm、300mmの焦点距離表示がある。
  • ズームリングの操作は全体で90度だ。大部分のLマウントレンズと同じである。
  • ズームリングはきちんとした抵抗量を持ち、滑らかに動作する。ズーム操作中はライブビュー上に焦点距離が表示される。
  • フォーカスリングはS PROシリーズと異なりクラッチ機能を搭載していない。
  • リングの他に、AF/MFスイッチやAFリミッター、手ぶれ補正スイッチなどがある。
  • ズームリング用のロックスイッチもある。

オートフォーカス:

  • 480fps駆動の高速センサードライブにより、オートフォーカスは高速かつ正確で静かに動作する。
  • とても静かなので、動画撮影にも最適だ。
  • フォーカスブリージングは最小限だ。ズーム中のピントシフト量も最小限である。
  • 動画撮影でも滑らかに動作する。
  • フォーカスリミッターに対応しており、近距離と遠景を分離することが可能だ。

マニュアルフォーカス:

  • フォーカスクラッチ機構が無い。
  • 両端にハードストップが無いので無限遠に合わせづらい。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • 70mm:
    ・中央はF4.5でも良好だ。F16までパフォーマンスは維持される。
    ・端は中央ほどではなく、F5.6~F11で最良となる。
  • 100mm:
    ・中央はF5でも良好だ。F16までパフォーマンスは維持される。
    ・端は中央ほどではなく、F8~F11で最良となる。
  • 135mm:
    ・中央はF5.2でも良好だ。F16までパフォーマンスは維持される。
    ・端は中央ほどではなく、F8~F11で最良となる。
  • 200mm:
    ・中央はF5.5でも良好だ。F16までパフォーマンスは維持される。
    ・端は中央ほどではなく、F8~F11で最良となる。
  • 300mm:
    ・中央はF5.6でも良好だ。F16までパフォーマンスは維持される。
    ・端は中央ほどではなく、F8~F11で最良となる。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 作例のみ。

色収差:

  • とても良好に補正している。あらゆる色ずれを見つけるのが難しい。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 300mmで僅かな糸巻き型だ。とても良好に補正している。

周辺減光:

  • 絞り開放では70mmで若干の周辺減光が発生する。
  • 一般的な被写体では目立たないが、白い壁を撮影すると目立つ。
  • 300mmでは光量落ちが顕著となり、F8まで絞るとほぼ解消する。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • F22まで絞るととても良好な光条が発生する。
  • 逆光耐性はフードの有無にかかわらずとても良好だ。

作例集

総評

高価なLUMIX S PRO 70-200mm F2.8・F4のような華やかさはないかもしれない。しかし、一部のフォトグラファーにとって、300mmの焦点距離とハーフマクロ機能はより魅力的な選択肢になるだろう。

70-300mmズームレンズはアマチュアフォトグラファーに人気のある定番レンズだ。パナソニックがLマウント用でこのレンズを追加したのは素晴らしいことである。野生動物やスポーツ、結婚式やポートレート写真まで、さまざまなユーザーがこのような焦点距離のレンズを使うことだろう。

レンズの描写は素晴らしい。シャープネスはS1Rの高解像度センサーを活かすものだが、周辺は中央ほどシャープでは無いため、絞り込まないと最高の結果が得られない。

11枚羽根の絞りで後ボケや浅い被写界深度の効果を魅力的に表現し、色収差、歪曲収差、周辺光量は大良好に補正されている。焦点距離300mmでハーフマクロが撮影できるのは、本当に便利だ。

このクラスのレンズは決して小さくはない。しかし非常によくできていて、少なくともS1Rカメラとのバランスは取れている。とは言え、大きく重い組み合わせになってしまうので注意が必要だ。

Dual.I.Sシステムは、暗い開放F値を補い、低照度でスローシャッターを余儀なくされるシーンでも、結果をシャープに保つために良い仕事をしている。

1749.99ポンドのLUMIX S PRO 70-200mm F4と比較すると、この70-300mmは少し手の届きやすいものとなっている。

今のところパナソニックのLマウントレンズの中では最も長い焦点距離をカバーしているので、一部のユーザーにとっては必携レンズとなることだろう。(ただし、シグマの100-400mmが存在する)

IMAGING RESOURCE

IMAGING RESOURCE:Hands-on with Panasonic’s new Lumix S 70-300mm f/4.5-5.6 Macro full-frame telephoto lens

レンズの紹介:

  • 今のところパナソニックLマウントレンズで最も長焦点をカバーする望遠ズームレンズだ。とは言え、シグマ「100-400mm F5-6.3 DG DN OS」も選択肢の一つである。
  • マクロ性能は70-200mm F2.8やF4よりも優れている。
  • 貸し出されたプリプロダクションモデルのファームウェアは「V0.22」である。このため、最終的なファームウェアではない。
  • 主な仕様
    ・70-300mm F4.5-5.6
    ・最小F値:F22
    ・レンズ構成:11群17枚(UED1・ED2・UHR1)
    ・最大撮影倍率:300mm時に0.5倍
    ・最短撮影距離:0.54m Wide・0.74m Tere
    ・絞り:11枚円形絞り
    ・防塵防滴
    ・耐凍結
    ・重量:790g
    ・価格:1249.99米ドル

ビルドクオリティ:

  • ハイエンド「S PRO」シリーズとは異なる「S」シリーズのレンズだ。
  • S PROでは無いが、非常に頑丈な作りである。
  • 金属マウントとポリカーボネイト製の外装だが、しっかりとした質感だ。
  • 伸びるズームレンズの内筒はガタツキや遊びが無い。滑らかで正確に動作する。
  • レンズは防塵防滴仕様だ。さらに前玉にはフッ素コーティングが施されている。
  • 摂氏-8℃の環境でも問題無く利用できたが、私の手が持たなかった。
  • 自重落下が少し発生する。幸いにも70mmで固定可能だ。

携帯性:

  • フルサイズ用望遠ズームとしては適度に小型で軽量だ。
  • 全長は焦点距離が70mmの時に148mmで、ズーム操作により76mm伸びる。
  • レンズフードを装着するとさらに63mm伸びる。
  • 重量はあるが決して重くない。S1Rに装着したとしてカメラのほうが重いくらいだ。

焦点距離と開放F値

  • 70mm F4.5
  • 100mm F5.0
  • 135mm F5.2
  • 200mm F5.5
  • 263mm F5.6
  • 最小F値は全域でF22だ。

操作性:

オートフォーカス:

  • 70mmで0.54m、300mmで0.74と最短撮影距離が短い。これにより300mm時は0.5倍の撮影倍率を実現している。
  • 480fpsのリニアモーター駆動で高速かつ正確なAFが可能だ。
  • 動画時のパフォーマンスも十分良好で、フォーカスブリージングやフォーカスシフトが最小限に抑えられている。
  • 特に日中での撮影で高速かつ正確だ。人工照明ではAF速度が多少遅くなることがある。ピント距離の長さも影響しているように見える。

マニュアルフォーカス:

  • 2本の70-200mmレンズはクラッチ式のフォーカスリングを採用しているが、このレンズは一般的なトグルスイッチでAF/MFを切り替える。

手ぶれ補正:

  • Dual I.S 2に対応しており、この際は最大5.5段分の補正効果を得ることが出来る。

解像性能:

  • 屋外で確認する時間は短かった。
  • それでもシャープネスとディテールはとても優れたパフォーマンスに見える。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 記載なし。

色収差:

  • 記載なし。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 記載なし。

周辺減光:

  • 記載なし。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 記載なし。

作例集

サイト案内情報

パナソニックレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-Panasonicレンズ, Panasonic中・望遠レンズ, Panasonic関連の情報, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER