Nikon Nikon Z Nikon関連の情報 Z最上位モデル カメラ デジタルカメラ総合 ファームウェア 機材の噂情報・速報

ニコンが「Z 9」用の高速連写時の撮影時間強化ファームウェアを予告

ニコンがフラッグシップミラーレス「Z 9」用のファームウェアアップデートを2022年1月5日公開と予告しました。高効率RAW+JPEGの分割記録時に20コマ秒で15秒までの連写が可能となる模様。

フラッグシップミラーレスカメラ「Z 9」の最新ファームウェアを公開予定

平素はニコン製品をご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。

この度、フラッグシップミラーレスカメラ「ニコン Z 9」のファームウェアVer.1.10を2022年1月5日15時に公開します。

「Z 9」用ファームウェアVer.1.10では、高速連続撮影可能時間を大幅に向上します。「RAW(高効率)+ JPEG BASIC(サイズ L)」の分割記録で約20コマ/秒で撮影する場合においては、従来の約3秒から世界最長※1の約15秒※2まで撮影が可能となります。
「RAW(高効率★)+ JPEG BASIC(サイズL)」または、「JPEG FINE(サイズL)+ JPEG BASIC(サイズS)」の分割記録で約20コマ/秒で撮影する場合においては、撮影可能時間が従来の約3秒から約8秒※2になります。

高速連続撮影可能時間の向上により、高速で動く被写体の決定的瞬間の高画素撮影をより一層サポートします。

また、今後のファームウェアアップデートで、多彩な動画機能の追加や、静止画・動画撮影時の操作性や機能向上に対応予定です。

  1. 2021年12月28日現在、発売済みの有効画素数3000万画素以上のイメージセンサー搭載のミラーレスカメラで、「RAW + JPEG」分割記録で約20コマ/秒の高速連続撮影時において。ニコン調べ。
  2. 装着レンズ「NIKKOR Z 50mm f/1.8 S」、メモリーカード「ProGrade Digital COBALT 1700R 325GB」を使用した場合。「スロット2の機能」を「バックアップ記録」に設定した場合や「自動ゆがみ補正」を「ON」に設定した場合などの連続撮影可能時間は減少します。

現在、高効率RAW単体での記録は1000枚以上と言われていますが、RAW+JPEGで記録した場合は約3秒ですね。それが1月5日のファームウェアアップデートで大幅に強化される模様。分割記録でバックアップを残したい人にはありがたいファームウェアアップデートとなりそうです。将来的に8K 60p RAWも記録可能と言われていますが、今回のファームウェアアップデートでは実装されないようですね。

ニコン Z 9 最新情報・噂 まとめページ

Z 9
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

Z 9関連記事

-Nikon, Nikon Z, Nikon関連の情報, Z最上位モデル, カメラ, デジタルカメラ総合, ファームウェア, 機材の噂情報・速報
-