SIGMAレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

シグマ「28-70mm F2.8 DG DN」交換レンズレビュー減光・逆光編

シグマ「28-70mm F2.8 DG DN」のレビュー第四弾を公開。今回は周辺減光・逆光耐性に関するテストとレビューを掲載しています。

まえがき

レンズのおさらい

レンズ概要

  • 2021-03-12 発売
  • 商品ページ
  • データベース
  • 管理人のFlickrアルバム
  • レンズ構成:12群16枚
  • 開放絞り:F2.8
  • 最小絞り:F22
  • 絞り羽根:9枚(円形絞り)
  • 最短撮影距離:19-38cm
  • 最大撮影倍率:1:3.3-1:4.6
  • フィルター径:φ67mm
  • レンズサイズ:φφ72.2mm×103.5mm
  • 重量:470gg
  • 撥水防汚コート
  • ナノポーラス・スーパーマルチレイヤーコーティング
  • ステッピングモーター駆動
  • 簡易防塵防滴

シグマのフルサイズミラーレス用レンズ群「DG DN」シリーズにおける11本目となるレンズ。ズームレンズとしては4本目であり、標準ズームとしては2本目。シグマは2019年末に標準大口径ズーム「24-70mm F2.8 DG DN」をリリースしており、まさか1年とちょっとで2本目の標準大口径ズームが登場すると誰が予想できたでしょうか。

このレンズは24-70mm F2.8の光学設計を継承しつつ(設計者も同じ)、広角側を28mmまで狭くして小型軽量化を実現。24-70mmのパフォーマンスを維持しつつ、重量を半分程度まで抑えた意欲作です。競合モデルは当然タムロンの「28-75mm F/2.8 Di III RXD」ですが、このレンズはさらに全長を短くし、より軽量化を遂げています。

軽量化の代償として、プラスチックパーツが多く、防塵防滴も簡易仕様です。とは言え、シグマ「fp」やソニー「α7C」と組み合わせることでシステム重量が1㎏を切るのは魅力的であり、妥協点以上の魅力があると感じる人もいることでしょう。

価格のチェック

ネットでは実売8万円前後で取引されています。フルサイズ用の大口径ズームレンズとしては安く、ここ最近で競合するとしたらタムロン「28-75mm F/2.8 Di III RXD」くらいでしょうか?タムロンと比較して若干高めですが。携帯性やシグマ最新設計のレンズと考えると魅力的と言えるでしょう。

周辺減光

周辺減光とは?

周辺減光とは読んで字のごとく。フレーム周辺部で発生する不自然な減光のことです。中央領域と比べて光量が少なく、フレーム四隅で露出不足となっていることを指します。主に大口径レンズや広角レンズで強めの減光が発生、ソフトウェアで簡単に補正できる現象ですが、露出不足を増感でカバーするのでノイズ発生の原因となる点には注意が必要。特に夜景で高感度を使う場合にはノイズが強く現れる可能性があります。

実写で確認

28mm

コンパクトなF2.8ズームレンズの妥協点でしょうか。絞り開放では四隅に向かって強めの光量落ちが発生します。Adobe Lightroomで補正する場合、「+89」で補正の最大値に近い強度で修正しなければなりません。当然、ノイズが強くなるので特に高感度ISO使用時は注意が必要です。絞りで光学的に改善するためにはF5.6まで絞る必要があります。ただし、四隅はしつこく光量落ちが残るため、場合によっては後処理が必要。

35mm

28mmよりは影響が少なく、F4まで絞ると全体的に改善します。F5.6まで絞れば四隅の光量落ちも改善し、補正は必要なくなります。

50mm

35mmよ比べると四隅の光量落ちがやや強めに発生します。F4まで絞っても無限遠側で強く残存しており、F5.6まで絞っても僅かに目に付きます。F8まで絞ればほぼ解消。

70mm

50mmと同傾向ですが、さらに光量落ちが強くなります。最短撮影距離より無限遠側で光量落ちが強くなるのも50mmと同じ。絞ると改善しますが、完璧に抑え込もうとするとF8まで絞る必要があります。

逆光耐性・光条

注意ポイント

シグマは本レンズの初回ロットにて「経年による逆光耐性低下」の可能性を告知しています。手持ちのレンズは指定されているシリアルナンバー外ですが、ギリギリ対象外のロットです。

修正:対象ロットでした。

実写で確認

28mm

強めの光源をフレームに入れると、光源の位置によらずゴーストが発生します。もちろん、このような強い光源がフレームに入るシチュエーションは限られていると思いますが、ライブハウスなどの照明では同じ傾向となる可能性あり。屋外の風景写真でこのような問題が発生することは少ない。フレアは絞り値によらず目に付き、絞るとゴーストが目立ち始めます。

35mm

28mmと比べるとフレア・ゴーストの強度が低下しているように見えます。実写で目立つシーンは限られてくるはず。ただし、F11付近からゴーストの影響が強くなります。逆光時の絞り過ぎには気を付けたいところ。

50mm

広角側と比べてフレア・ゴーストの影響が遥かに少ない。ただし、強めの小さなゴーストが発生しているため、場合によっては広角側よりも厄介と感じるかもしれません。

70mm

基本的に50mmと同傾向。

今回のまとめ

周辺減光は特に広角側で目立つので、場合によっては補正が必要だと感じます。ボディ内出力のJPEGは自動補正可能ですが、RAW出力時は現像ソフトでプロファイルに対応している必要があります。手動補正も可能ですが、最適化された補正を利用したいところ。

光量落ちが活かせるシーンもあると思いますが、このレンズは基本的に影響が強すぎるので修正したいと感じる場合が多い。

逆光耐性は完璧から程遠いテスト結果となりましたが、実写でフレアやゴーストが目立つシーンはそう多くありません。少なくとも風景撮影で大問題と感じるシーンは今のところなし。発生したとしても色が薄く、シャドウを大きく持ち上げないと目立たない場合が多い。

ただし、意図的に光源をフレームに入れる場合、近距離の人工光源がフレームに入る場合はフレア・ゴーストが問題となる可能性あり。この際はレンズフードを装着、手でハレ切り、光源を避けるなどの工夫が必要となるかもしれません。

購入早見表

作例

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
VLOGCAM ZV-1 1万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28
SIGMA fp 最大3万円 ~2021-5-18 2021-5-26

カメラのキタムラでカメラボディ・レンズを探す

ボディ

交換レンズ

-SIGMAレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー
-,

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER