SIGMAレンズ カメラ 機材レビュー 管理人レビュー

シグマ「28-70mm F2.8 DG DN | C」交換レンズレビュー外観・操作性・AF編

シグマ「28-70mm F2.8 DG DN」のレビュー第一弾を公開。今回はレンズの外観・操作性・AFについてレビューしています。

まえがき

レンズのおさらい

レンズ概要

  • 2021-03-12 発売
  • 商品ページ
  • データベース
  • 管理人のFlickrアルバム
  • レンズ構成:12群16枚
  • 開放絞り:F2.8
  • 最小絞り:F22
  • 絞り羽根:9枚(円形絞り)
  • 最短撮影距離:19-38cm
  • 最大撮影倍率:1:3.3-1:4.6
  • フィルター径:φ67mm
  • レンズサイズ:φφ72.2mm×103.5mm
  • 重量:470gg
  • 撥水防汚コート
  • ナノポーラス・スーパーマルチレイヤーコーティング
  • ステッピングモーター駆動
  • 簡易防塵防滴

シグマのフルサイズミラーレス用レンズ群「DG DN」シリーズにおける11本目となるレンズ。ズームレンズとしては4本目であり、標準ズームとしては2本目。シグマは2019年末に標準大口径ズーム「24-70mm F2.8 DG DN」をリリースしており、まさか1年とちょっとで2本目の標準大口径ズームが登場すると誰が予想できたでしょうか。

このレンズは24-70mm F2.8の光学設計を継承しつつ(設計者も同じ)、広角側を28mmまで狭くして小型軽量化を実現。24-70mmのパフォーマンスを維持しつつ、重量を半分程度まで抑えた意欲作です。競合モデルは当然タムロンの「28-75mm F/2.8 Di III RXD」ですが、このレンズはさらに全長を短くし、より軽量化を遂げています。

軽量化の代償として、プラスチックパーツが多く、防塵防滴も簡易仕様です。とは言え、シグマ「fp」やソニー「α7C」と組み合わせることでシステム重量が1㎏を切るのは魅力的であり、妥協点以上の魅力があると感じる人もいることでしょう。

価格のチェック

ネットでは実売8万円前後で取引されています。フルサイズ用の大口径ズームレンズとしては安く、ここ最近で競合するとしたらタムロン「28-75mm F/2.8 Di III RXD」くらいでしょうか?タムロンと比較して若干高めですが。携帯性やシグマ最新設計のレンズと考えると魅力的と言えるでしょう。

レンズレビュー

外観・操作性

箱・付属品

シグマグローバルビジョン(SGV)世代らしい白と黒を基調としたデザインの箱。2012年にSGVとして初登場した「35mm F1.4 DG HSM」から変わらないデザインですね。レンズの間仕切りは段ボール箱で覆われています。

付属品はレンズ本体の他にフード・説明書・保証書が付属します。Artラインのようなレンズケースはありません。

外観

外装は主にプラスチックパーツを使用。典型的なContemporaryラインのビルドクオリティです。プラスチック外装ですが全体的に作りは良好で、安っぽい作りでは決してありません。フォーカスリングはプラスチック製ですが、ズームリングは表面にグリップを高めるゴムカバーが施されています。

フォーカスリングとズームリング以外のコントロールはAF/MFスイッチのみ。ズームリングをロックする機構が無いのは惜しい。

ハンズオン

全長わずか103mm、重量470gと小型軽量な大口径ズームレンズです。あのタムロン「28-75mm F/2.8 Di III RXD」よりも小さく軽量なレンズに仕上がっています。レンズの作りで見劣りするかというとそうでもなく、むしろシグマのほうが高級感のある仕上がりです。ただし防塵防滴仕様は簡易的なものなので注意が必要。

前玉・後玉

フィルター径は67mmとコンパクト。24-70mm F2.8クラスの一般的なフィルター径が77-82mmと考えると非常に小さい。フィルターサイズが小さいぶん、C-PLやNDなど特殊フィルターの導入費用を抑えることができます。

前玉には撥水防汚コートを採用しているので、水滴や軽い汚れであればメンテナンスしやすい仕様です。とは言え、傷や重めの汚れが想定される場合はプロテクトフィルターを装着しておくのがおススメ。

真鍮製レンズマウントは4本のビスで固定。マウント周囲は簡易防滴用のシーリングが施されています。マウント付近の鏡筒にはエディションナンバーである「021」をプリントしているほか、最短撮影距離や「日本製」の表示を確認可能。

後玉はマウント付近に配置され、固定されています。ズーム操作による位置の変動はありません。このため、カメラ装着時にイメージセンサーから後玉までの空間における空気の出入りは無いものと思われます。密閉性が高く、防塵防滴の観点でプラスに働くことでしょう。

フォーカスリング

19mm幅のフォーカスリングは適度な抵抗量で滑らかに回転します。このクラスのフォーカスリングと言えば、抵抗が無く、非常に緩いイメージがあるものの、本レンズは非常にきちんとした抵抗を伴います。24-70mm F2.8 DG DNと比較して少し重く、より適切な操作感を得られる印象。とても良い。

ピント移動量はリング回転速度に依存し、素早く操作した場合は約180度ほどの操作量。ゆっくりと回転した場合は360度程度の操作量でピント全域を移動します。ほどよい移動量でフルマニュアルでも素早く、正確なマニュアル操作を実現。

ズームリング

約28mm幅のズームリングは一貫したトルクで滑らかに回転します。フォーカスリングと同じく適切な抵抗があり、誤操作の可能性が低い。28mmから70mmまで90度未満の回転角で素早い操作が可能です。

28mmから70mmへズームすることで、内筒が2.7cmほど前方へ伸びます。内筒にはシグマが特許を保有するTSC材を使用しており、プラスチックよりも強度が高く、アルミニウムと同等の熱特性を備えた頑丈なパーツです。24-70mm F2.8 DG DNの内筒ほどしっかりとした印象ではありませんが、小型軽量レンズには必要十分。

レンズフード

プラスチック製の花形レンズフード「LH706-01」が付属します。ありふれたプラスチック製レンズフードに見えますが、内側には反射防止用の切り込みが、表面には滑り止めのゴムカバーが施されています。滑り止めは悪くない感触ですが、小ゴミが付きやすいのは泣き所。

装着例

α7R IVと組み合わせたところ、F2.8ズームとは思えないような小型軽量レンズ。パッと見はF4ズームに見えますね。バランスはとても良好で、フロントヘビーと感じず、片手での操作も問題ありません。

24-70mm F2.8 DG DNとの比較

24-70mm F2.8 DG DNを隣に置いてみると、サイズ差は歴然としています。遥かに短く、細く、軽いレンズに仕上がっています。部分的に金属パーツを使用している24-70mmと比べるとプラスチッキーですが、28-70mmも悪くない仕上がり。

70mmまでズームすると全長差はさらに広がります。さらにレンズフードを装着すると、最大径にも大きな差が生じます。携帯性・収納性の違いは大きい。

AF・MF

フォーカススピード

基本的には24-70mm F2.8 DG DNと同等。AF-SでもAF-Cでも軽快に動作します。サードパーティ製の泣き所として、AF-Sの動作にウォブリングが混じるため、ソニー純正と比べると合焦速度にわずかな遅延が見られます。AF-Cではウォブリングが無くなり、素早く被写体を捕捉します。

ブリージング

ピント位置による画角変化は皆無ではなく、近側で画角が広くなる傾向があります。ズームレンジ全域で一貫した傾向が見られ、動画撮影時などでブリージングが目に付く可能性あり。

精度

α7R IVと組み合わせた限りでは精度に大きな問題はありません。

MF

リニアな応答性のフォーカスリングではありませんが、操作量が適度にあり、直感的な操作が可能です。

今回のまとめ

標準F2.8ズームとしては驚くほど小さく、軽いレンズです。α7シリーズのようなカメラに装着すると非常にバランスが良く、α7Cやfpのような小型モデルに装着しても取り回しの良いレンズとなるはず。

外装にはプラスチップパーツを多用しているものの、高精度でしっかりとした作り。フォーカスリングやズームリングの操作性はとても良く、オートフォーカスは軽快で正確に動作します。

指摘するポイントがあるとすれば、「28mmで固定できるズームロックスイッチ」があると良かったことくらいでしょうか。フォーカスブリージングが大きいとも言えますが、あくまでも最短撮影距離と無限遠を比較した場合でのみ目立ちます。低価格な大口径ズームとしては全体的にバランス良くまとまっており、小型軽量なレンズに良く詰め込んだな、という印象。広角28mmを許容できるのであれば、面白い選択肢です。

参考情報

購入早見表

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
XF・GFレンズ 最大20万円 -2021/9/20 2021/10/4
ZV-1 1万円 -2021/8/1 2021/8/16
α7 Series&レンズ 最大5万円 -2021/8/1 2021/8/16
E-P7&レンズ 景品&Giftカード -2021/9/30 2021/10/14
EOS R5 景品 -2021/7/26 2021/8/31
EOS R/M 最大3万円 -2021/7/26 2021/8/31
Z 5 最大3万円 -2021/10/4 2021/10/22
LUMIX S5 最大3.5万円 -2021/6/7 2021/6/18
LUMIX GH5 II 最大2万円 -2021/8/29 2021/9/12

-SIGMAレンズ, カメラ, 機材レビュー, 管理人レビュー
-,

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER