SIGMAレンズ カメラ レンズ

シグマ「65mm F2 DG DN」交換レンズレビュー 近解像解像α7R IV編

このページではシグマ「65mm F2 DG DN | Contemporary」の近距離解像力テストを6100万画素のα7R IVで再テストした結果とレビューを公開しています。

まえがき

レンズのおさらい

レンズ概要

  • 2020年12月18日 発売
  • 商品ページ
  • データベース
  • 管理人のFlickrアルバム
  • レンズ構成:9群12枚
  • 開放絞り:F2
  • 最小絞り:F22
  • 絞り羽根:9枚(円形絞り)
  • 最短撮影距離:55cm
  • 最大撮影倍率:1:6.8
  • フィルター径:φ62mm
  • レンズサイズ:φ72mm × 76.7mm
  • 重量:405g
  • アルミニウム外装
  • ステッピングモーター駆動
  • 簡易防塵防滴

2019年に発表した「45mm F2.8 DG DN」を含め、今回発表した3本のレンズ「24mm F3.5 DG DN」「35mm F2 DG DN」「65mm F2 DG DN」と合わせて「Iシリーズ」と呼ばれるレンズ群の一つです。

「Iシリーズ」は今のところContemporaryシリーズに属する一つの製品群であり、小型軽量ながら優れた光学性能とビルドクオリティ、操作性を兼ね備えたレンズを目指しているとのこと。(詳しくはIシリーズ紹介ページを参照

この65mm F2はフルサイズ用交換レンズとしては珍しい焦点距離を採用。奇妙な焦点距離はラージフォーマットセンサーのレンズにある画角に合わせたらしい。今のところソニーEマウントで競合するレンズは今のところコシナ「MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical」のみ。と言ってもコシナのレンズはMF限定のマクロレンズであり、用途や使い勝手が全く異なります。AF対応でより簡単に使うことが出来るのはこちら。

フォーカス駆動にはステッピングモーター駆動を採用したインナーフォーカス方式を採用。静かで滑らかな動作と高速AFが期待できます。

最短撮影距離は55cm、最大撮影倍率は約0.14倍と、特に寄れるレンズではありません。ポートレートレンズとしては一般的なパフォーマンスだと思いますが、不慣れな65mmの画角とワーキングディスタンスには慣れが必要かもしれません。さらに価格設定は8万円弱であり、ソニー純正のポートレートレンズよりも高価で、ツアイスブランドの55mm F1.8 ZAと同程度。同価格にも関わらず、敢えてサードパーティ製レンズであるシグマを選ぶ理由があるかどうか、これから見ていきたいと思います。

価格のチェック

売り出したばかりということもありますが、価格は8万円弱と高価なレンズです。Contemporaryシリーズの単焦点レンズとしては最も高いレンズかもしれません。コストパフォーマンスで勝負すると、ソニー「FE 85mm F1.8」やサムヤン「AF 75mm F1.8 FE」「AF 85mm F1.4 FE」は強力なライバルとなります。そもそも論として、もう少しお金を積めばシグマ「85mm F1.4 DG DN」が買えてしまうのだから悩ましいところ。

解像力チャート

撮影環境

テスト環境

  • カメラボディ:α7R IV
  • 交換レンズ:65mm F2 DG DN
  • パール光学工業株式会社「【HR23348】ISO12233準拠 8K解像力テストチャート(スチルカメラ用)
  • オリンパス HYRes 3.1 解析ソフト
  • 屋内で照明環境が一定
  • 三脚・セルフタイマー10秒・電子シャッター
  • α7R IVのRAWファイルを使用
  • ISO 100 固定
  • Adobe Lightroom Classic CCでRAW現像
    ・シャープネス オフ
    ・ノイズリダクション オフ
    ・色収差補正オフ
  • 解析するポイントごとにピントを合わせて撮影
    (像面湾曲は近接で測定が難しいので無限遠時にチェックしています)
  • 近接でのテストであることに注意(無限遠側はさらに良好となる可能性あり)

補足

今回はRAW出力を元にしてシャープネスをオフの状態で検証しています。ボディ出力のJPEGやRAW現像でシャープネスを整えるとより数値が向上する可能性があります。今回の数値はあくまでも「最低値」とお考え下さい。

テスト結果

中央

絞り開放から「4500」を超える非常に良好なパフォーマンスを発揮。開放から何の不満もなく使うことが出来ます。F2.8まで絞ると、この解像力チャートの上限値である「4800」に到達、まだまだ伸びしろを感じますが、これ以上のパフォーマンスを確認するには撮影する倍率を変更するしかありません。

ピークのパフォーマンスはF5.6まで続き、F8で回折の影響か僅かに低下。それ以降は回折が強くなり急速に低下し、F16で「4000」を下回ります。6100万画素を最大限活かすつもりならF8まで、少し許容範囲を広げるとF11までを意識して使うと良いでしょう。

周辺

中央と比べるとパフォーマンスがグッと低下します。少なくとも絞り開放の性能は2400万画素のα7Cを使った際の結果と変わらず、6100万画素を活かしているとは言えません。F2.8からF4まで絞ると解像度が急速に高まり、F4で「4000」に達する非常に良好な結果を得ることが出来ます。

F4がピークとなり、F8に向かって緩やかに性能が低下し、F8以降は回折の影響で解像度の低下速度に勢いが付きます。許容範囲はF11まで、F16以降は回折の影響が強くなるので必要な場合を除き、避けるのがおススメ。

四隅

絞り開放は周辺部と同程度で、極端な落ち込みはありません。近距離の解像テストとしては粘っているほうですが、より良好なパフォーマンスを示すレンズは多いです。比較的、周辺画質は近距離に弱いと言えるでしょう。

絞ると改善しますが、周辺ほど急速な改善は見られません。F5.6~F8で「3500」に達しますが、6100万画素の解像性能を活かせる性能とは言えません。悪くありませんが、中央の際立ったシャープネスと比べると惜しい。解像性能を重視しない場合でも、「画質の均質性」の観点で中央との差が大きく、気になるポイント。

数値確認

中央 周辺部 四隅
F2.0 4563 2720 2515
F2.8 4848 3440 2722
F4.0 4866 3993 3044
F5.6 4848 3910 3572
F8.0 4743 3778 3496
F11 4312 3538 2364
F16 3673 3168 2296
F22 3174 2624 1960

実写確認

まとめ

65mm F2 DG DNで近距離の被写体を撮影する場合、「6100万画素」を満足に活かせるのは(回折が始まるまでの)絞り値全域の中央領域と、F4~F8まで絞った際の周辺部まで。四隅はあまり期待しないほうが良いですが、ベストを尽くすのであればF5.6~F8まで絞るのがおススメです。

無限遠を使ったテストでは、近距離よりも良好な結果が出ているので、それは後日記事で公開予定です。こうご期待。

購入早見表

作例

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
VLOGCAM ZV-1 1万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28
SIGMA fp 最大3万円 ~2021-5-18 2021-5-26

カメラのキタムラでカメラボディ・レンズを探す

ボディ

交換レンズ

-SIGMAレンズ, カメラ, レンズ
-,

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER