OLYMPUSレンズ OLYMPUS広角レンズ OLYMPUS標準レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO レンズレビュー ボケ編

OMデジタルソリューションズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO」のレビュー第六弾を公開。今回は前後のボケ質や玉ボケの描写、実写でのボケ量についてチェックしています。

まえがき

2021年6月に登場したオリンパス「M.ZUIKO PRO」シリーズ12本目となるレンズ。
カバーしている焦点距離が「8-25mm(35mm判換算 16-50mm)」と特殊で、「望遠端が伸びた広角ズーム」なのか「ズームレンジが広角側にずれた標準ズーム」なのか判断に迷うところ。公式ウェブサイトでは「高倍率ズーム」のカテゴリですが、光学倍率は「12-40mm F2.8 PRO」よりも小さい。このことから「光学2倍の7-14mm F2.8 PROと比べて高倍率の広角ズーム」と考えているのかもしれませんね。

概要
レンズの仕様
マウント MFT 最短撮影距離 0.23m
フォーマット 4/3 最大撮影倍率 0.07倍
焦点距離 8-25mm フィルター径 72mm
レンズ構成 10群16枚 手ぶれ補正 -
開放絞り F4 テレコン -
最小絞り F22 コーティング ZERO
絞り羽根 7枚 フッ素C 対応
サイズ・重量など
サイズ φ77×88.5mm 防塵防滴 対応
重量 411g AF STM
その他 L-Fn・フォーカスクラッチ
付属品
キャップ・フード・ラッピングクロス・説明書・保証書

やはり特徴は超広角8mmから標準25mmまでをカバーするズームレンジ。超広角と標準ズームを兼ね備え、特に旅行や風景写真などで活躍が期待できます。レンズを交換できないような悪天候でも広角~標準を使うことができたり、「広角+標準」と「望遠」の2台体制でシステムを組みやすくなりました。Vlogなど動画撮影でも使い勝手の良いズームレンジですね、
ただし、開放F値がF4固定のため、ボケを大きくしたり、屋内や低照度での撮影は苦手となる。


レンズサイズは12-45mm F4 PROよりも大きく、12-100mm F4 PROや7-14mm F2.8 PROよりも小さい。12-40mm F2.8 PROとよく似ていますが、このレンズは沈胴式ズームを採用しているので使用時にレンズが伸びる点には注意が必要です。中には「8-18mm F4」で12-45mm F4並のサイズと価格を実現して欲しかったという人もいるはず。

レンズ格納時は縮長が短く携帯性が優れているものの、使用時は内筒が大きく伸びる。この際の全長は12-100mm F4 PROの縮長と同程度となるので、決して常時コンパクトなレンズではありません。
そして沈胴機構のため、収納から撮影まで「沈胴構造を展開する」ひと手間が加わります。レスポンスが求められるスナップなどの撮影シーンでは、この沈胴構造の手間により、ほんのちょっとしたシャッターチャンスを撮り損ねてしまう可能性あり。

悩ましいのはパナソニック「LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH.」の存在。こちらはオーソドックスな広角ズームレンズですが、広角側の開放絞りが「F2.8」と明るく、実質的にインナーズームで使いやすい仕様となっています。サイズは同程度で、比較して軽い。価格は同程度なので「広角レンズが欲しい」と考えているのであれば要検討。私も以前に使っていました。良いレンズだと思います。

レンズは10群16枚構成のうちDSAレンズ1枚,EDAレンズ2枚,スーパーEDレンズ1枚,EDレンズ1枚,スーパーHRレンズ1枚,HRレンズ2枚,HDレンズ1枚を採用。レンズ構成中の半分以上に特殊レンズを使用する贅沢な作り。MTFを見る限り8mmの隅以外は良好なパフォーマンスを維持している模様。

PROシリーズらしく防塵防滴に対応。オリンパスらしい、悪天候への高い耐性が期待できます。伸びるズームレンズですが、これまでのPROシリーズの実績を考えると特に大きな問題はないはず。
さらにこれまで採用レンズがゼロだったフッ素コーティングをレンズ最前面に採用。撥水・撥油性のあるコーティングであり、従来のレンズと比べてメンテナンスしやすいのはGood。

価格のチェック

売り出し価格は12万円台。7-14mm F2.8 PROよりも安いですが、12-45mm F4 PROや12-40mm F2.8 PROと比べるとかなり高い。特に12-45mm F4 PROと同程度の価格を期待していた人にとって受け入れがたい値付けと感じるかもしれません。個人的にレンズの特殊性を考えると無くは無い価格設定なのかなと。

この価格設定が適切と感じるかどうか、これからチェックしていきたいと思います。

前後ボケ

綺麗なボケ・騒がしいボケとは?

ボケの評価は主観的となりがちですが、個人的には「滲むように柔らかくボケる」描写が綺麗と感じます。逆に、「急にボケ始めたり、ボケの輪郭が硬い」描写を好ましくないと感じています。

描写傾向の違いは主に球面収差の補正状態によって変化し、前後どちらかのボケが柔らかい場合はもう片方のボケが硬くなる傾向があります。また「アポダイゼーション光学素子」などを使って強制的に滲むボケ描写を実現しているレンズも存在します。

実写で確認

前後に偏りのないニュートラルなボケ。ボケ質は単焦点と比べると程遠いものの、2線ボケの目立たない、ズームレンズとしては綺麗な描写に見えます。軸上色収差による色づきは皆無で、特に悪目立ちする要素は無し。

玉ボケ

口径食・球面収差の影響

口径食が強いと、四隅が楕円状に変形したり、部分的に欠けてしまったりします。これを解消するには絞りを閉じるしかありません。しかし、絞ると羽根の形状が見えてしまう場合もあるので状況に応じてF値を変化させる必要あり。

逆に口径食の影響が少ないと、絞り開放から四隅まで円形に近いボケを得ることが出来ます。これは玉ボケに限った話ではなく、一般的な四隅のボケ描写の質感にも繋がります。口径食が強いと、ボケ量が少なく感じたり、四隅のボケが荒れてしまう場合もあるため、口径食の小さいレンズが好ましい。

球面収差の補正が完璧では無い場合、前後のボケ描写に差が発生します。この場合はどちらかが滲みを伴う滑らかな描写になり、反対側で2線ボケのような硬い描写となってしまいます。

実写で確認

8mm

「8mm F4」の性質上、ボケ量は最小限。小さな被写体を大きくクローズアップしない限り玉ボケが目立つことはありません。玉ボケを大きくしたとしても、輪線ボケのような縁取りが目立ち、特に四隅は倍率色収差の影響もあって悪目立ちしやすい。積極的に使いたいと思う描写ではありません。

10mm

8mmと比べるとマシになるものの、玉ボケの描写は綺麗と言えず、あまり好ましくないように見えます。この辺りを重視するのであれば単焦点レンズがおススメ。

14mm

ボケ量は大きくなりますが、依然として綺麗な玉ボケとは言えません。幸いにも口径食の影響は小さくなります。

18mm

これまでと同じく、最高のボケ描写からは程遠く、ボケメインならば使いたくないと感じます。

25mm

縁取りは依然として強いものの、ボケが大きいので相対的に目立たなくなります。使いたい描写ではありませんが、使えなくもない描写。

ボケ実写

その1

お世辞にも綺麗なボケとは言えず、状況によって悪目立ちするかもしれません。特にフレーム周辺部が目立つので、接写時はF8くらいまで絞ったほうが落ち着いて見えます。

その2

被写体に十分に寄れば後ボケの騒がしさも緩和しますが、それでも隅が荒れやすいように見えます。中央はまずまず滑らかな描写に見えるので惜しい。全体的なバランスを見るのであればF5.6前後がベスト。

ポートレートの撮影距離

全高170cmの三脚を人体に見立て、全身から顔のクローズアップまでの撮影距離で撮影。今回は最もボケを作りやすい25mmを使用。マイクロフォーサーズシステムのF4レンズと言うこともあり、ボケ量は最小限。全身ポートレートで背景と被写体の分離は難しく、バストアップでも厳しい。フレームに顔を目いっぱい入れてなんとか被写体を分離できるように見えます。

今回のおさらい

正直に言うと、「8-25mm F4」にボケを期待しないほうが良いと思います。小さな被写体のクローズアップであればボケを大きくすることが可能ですが、それ以外だとちょっと厳しいと思います。マイクロフォーサーズシステムで広角~標準域においてボケが必要ならばF2よりも大口径の単焦点レンズがおススメ。ズームレンズであれば「LEICA DG Vario-Summilux 10-25mm F1.7 ASPH」の検討が必要。

小さな被写体であれば、「25mm F4」で近づくことでボケを得ることは可能。コントラストの高い玉ボケをフレームに入れない限りは、まずまず良好な結果を期待できます。と言っても、特に柔らかいボケ描写でも無し、積極的に使いたいとは思いません。

玉ボケと隅で荒れやすい小ボケに注意して使えば特に不満はありません。全体的に接写性能が高いので、望遠端25mm以外でも被写体へしっかり寄ることでボケを大きくすることは可能。ただ、個人的には絞り開放で接写するよりも1~2段絞って使ったほうが好ましい描写となることが多い。

購入早見表

作例

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
XF・GFレンズ 最大20万円 -2021/9/20 2021/10/4
ZV-1 1万円 -2021/8/1 2021/8/16
α7 Series&レンズ 最大5万円 -2021/8/1 2021/8/16
E-P7&レンズ 景品&Giftカード -2021/9/30 2021/10/14
EOS R5 景品 -2021/7/26 2021/8/31
EOS R/M 最大3万円 -2021/7/26 2021/8/31
Z 5 最大3万円 -2021/10/4 2021/10/22
LUMIX S5 最大3.5万円 -2021/6/7 2021/6/18
LUMIX GH5 II 最大2万円 -2021/8/29 2021/9/12

-OLYMPUSレンズ, OLYMPUS広角レンズ, OLYMPUS標準レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー
-,

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER