【価格情報】Amazon BLACK FRIDAY

OLYMPUSレンズ OLYMPUS広角レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO レンズレビュー 遠景解像編

OMデジタルソリューションズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 」のレビュー第二弾を公開。今回はOM-D E-M1 Mark IIIと組み合わせて、いつもの撮影地点から遠景解像性能をチェックしています。

まえがき

2021年6月に登場したオリンパス「M.ZUIKO PRO」シリーズ12本目となるレンズ。
カバーしている焦点距離が「8-25mm(35mm判換算 16-50mm)」と特殊で、「望遠端が伸びた広角ズーム」なのか「ズームレンジが広角側にずれた標準ズーム」なのか判断に迷うところ。公式ウェブサイトでは「高倍率ズーム」のカテゴリですが、光学倍率は「12-40mm F2.8 PRO」よりも小さい。このことから「光学2倍の7-14mm F2.8 PROと比べて高倍率の広角ズーム」と考えているのかもしれませんね。

概要
レンズの仕様
マウント MFT 最短撮影距離 0.23m
フォーマット 4/3 最大撮影倍率 0.07倍
焦点距離 8-25mm フィルター径 72mm
レンズ構成 10群16枚 手ぶれ補正 -
開放絞り F4 テレコン -
最小絞り F22 コーティング ZERO
絞り羽根 7枚 フッ素C 対応
サイズ・重量など
サイズ φ77×88.5mm 防塵防滴 対応
重量 411g AF STM
その他 L-Fn・フォーカスクラッチ
付属品
キャップ・フード・ラッピングクロス・説明書・保証書

やはり特徴は超広角8mmから標準25mmまでをカバーするズームレンジ。超広角と標準ズームを兼ね備え、特に旅行や風景写真などで活躍が期待できます。レンズを交換できないような悪天候でも広角~標準を使うことができたり、「広角+標準」と「望遠」の2台体制でシステムを組みやすくなりました。Vlogなど動画撮影でも使い勝手の良いズームレンジですね、
ただし、開放F値がF4固定のため、ボケを大きくしたり、屋内や低照度での撮影は苦手となる。


レンズサイズは12-45mm F4 PROよりも大きく、12-100mm F4 PROや7-14mm F2.8 PROよりも小さい。12-40mm F2.8 PROとよく似ていますが、このレンズは沈胴式ズームを採用しているので使用時にレンズが伸びる点には注意が必要です。中には「8-18mm F4」で12-45mm F4並のサイズと価格を実現して欲しかったという人もいるはず。

レンズ格納時は縮長が短く携帯性が優れているものの、使用時は内筒が大きく伸びる。この際の全長は12-100mm F4 PROの縮長と同程度となるので、決して常時コンパクトなレンズではありません。
そして沈胴機構のため、収納から撮影まで「沈胴構造を展開する」ひと手間が加わります。レスポンスが求められるスナップなどの撮影シーンでは、この沈胴構造の手間により、ほんのちょっとしたシャッターチャンスを撮り損ねてしまう可能性あり。

悩ましいのはパナソニック「LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH.」の存在。こちらはオーソドックスな広角ズームレンズですが、広角側の開放絞りが「F2.8」と明るく、実質的にインナーズームで使いやすい仕様となっています。サイズは同程度で、比較して軽い。価格は同程度なので「広角レンズが欲しい」と考えているのであれば要検討。私も以前に使っていました。良いレンズだと思います。

レンズは10群16枚構成のうちDSAレンズ1枚,EDAレンズ2枚,スーパーEDレンズ1枚,EDレンズ1枚,スーパーHRレンズ1枚,HRレンズ2枚,HDレンズ1枚を採用。レンズ構成中の半分以上に特殊レンズを使用する贅沢な作り。MTFを見る限り8mmの隅以外は良好なパフォーマンスを維持している模様。

PROシリーズらしく防塵防滴に対応。オリンパスらしい、悪天候への高い耐性が期待できます。伸びるズームレンズですが、これまでのPROシリーズの実績を考えると特に大きな問題はないはず。
さらにこれまで採用レンズがゼロだったフッ素コーティングをレンズ最前面に採用。撥水・撥油性のあるコーティングであり、従来のレンズと比べてメンテナンスしやすいのはGood。

価格のチェック

売り出し価格は12万円台。7-14mm F2.8 PROよりも安いですが、12-45mm F4 PROや12-40mm F2.8 PROと比べるとかなり高い。特に12-45mm F4 PROと同程度の価格を期待していた人にとって受け入れがたい値付けと感じるかもしれません。個人的にレンズの特殊性を考えると無くは無い価格設定なのかなと。

この価格設定が適切と感じるかどうか、これからチェックしていきたいと思います。

遠景解像力

テスト環境

  • 撮影日:2021-06-28:晴れ
  • カメラ:OM-D E-M1 Mark III
  • 三脚:Leofoto LS-365C
  • 雲台:Leofoto G4
  • 露出:絞り優先AE ISO 100固定
  • 現像:RAW出力 Adobe Lightroom Classic CC
    ・シャープネスオフ
    ・ノイズリダクションオフ

8mm

8mm

中央

絞り開放から非常に良好なパフォーマンスを発揮し、F8まで一貫性のある画質を維持しています。F11以降は回折の影響によって徐々に甘くなり、特にF22は画質が低下するので注意が必要。
80MPハイレゾショットを使った伸びしろも十分にあり、F4~F5.6でピークの解像性能を得ることが可能。

周辺

中央と同程度の高い解像性能を発揮。特にこれと言った像の甘さは無く、絞り開放からF8まで一貫性のある画質。コントラストも良好で、大きくクロップしても十分な解像感を得ることが出来るはず。
中央と同じくハイレゾショットの恩恵は十分にある。

四隅

中央や周辺部と比べると細部の描写が甘くなるものの、極点に目立つ非点収差やコマ収差の影響は見られません。F4から安定した描写であり、特にこれと言った問題点は無し。8mmの超広角としては良好な性能と言えるでしょう。

実写で確認

ハイレゾショット

10mm

10mm

中央

8mmと同じく絞り開放から非常に良好なパフォーマンスを発揮。絞り値による変化は小さく、F4~F8まで一貫した画質。

周辺

中央との画質差は小さく、ハイレゾショットにも耐用できる。単焦点と比べると細微の”キレ”がイマイチですが、この差が気になるシチュエーションや使い方は稀。

四隅

8mmと同じく、これと言って極端な甘さの無い良好な結果に見えます。

実写で確認

ハイレゾショット

14mm

14mm

中央

広角側と同じく、絞り開放からピークの画質。絞りによる改善は見られず、被写界深度の調整で使えばOK。

周辺

F4で非点収差のような(無視できる)像の甘さが僅かに見られるものの、F5.6まで絞ると安定します。それ以外は基本的に中央と似たような結果。

四隅

広角側と比べると良好な結果。倍率色収差が僅かに見られるものの、解像性能は良好。ハイレゾショットにも耐えられる光学性能だと思います。

実写で確認

ハイレゾショット

18mm

18mm

中央

広角側と同じく絞り開放から良好な結果。特にこれと言ったコントラストの低下も無し。

周辺

14mmと同じくF4で僅かに非点収差のような影響あり。F5.6まで絞ると改善するので、風景・建築シーンではF5.6がおススメ。F8まで絞ってもさらなる改善は見込めず、逆に回折の影響で画質が低下します。

四隅

周辺と同じく、F4で像が少し甘い。F5.6で安定し、性能はF8まで維持される。

実写で確認

ハイレゾショット

25mm

25mm

中央

他のズームレンジと比べるとF4のコントラストが僅かに低い。気にならない程度ですが、ベストを尽くす場合はF5.6まで絞ると良いでしょう。ピークの性能はF5.6~F8。

周辺

14~18mmよりもF4における像の甘さが強くなり、F5.6まで絞っても僅かに残存しています。F5.6も許容範囲内だと思いますが、ベストを尽くすのであればF8。

四隅

周辺と同じく、僅かに像が甘いのでF5.6~F8まで絞るのがおススメ。

実写で確認

ハイレゾショット

今回のおさらい

単焦点ほどディテールの再現性に優れているわけではありませんが、ズームレンジ全域でこれと言った弱点の無い、使いやすいレンズに仕上がっています。ズーム中間域から望遠にかけて周辺部に非点収差のような像の甘さがあります。ただしこれは80MPハイレゾショットで撮影で等倍確認すると分かるような甘さであり、2000万画素の通常撮影で特に心配する必要はありません。気になる場合はF5.6まで絞ると概ね改善。

80MPハイレゾショットにも十分耐えられる光学性能ですが、12-100mm F4 IS PROなどと比べるとパンチは弱い。特に14~25mmの焦点距離で、周辺部~隅のパフォーマンスは12-100mm F4 IS PROのほうがわずかに良好。
後日レビューしますが、このレンズの歪曲収差はソフトウェア補正に依存しています。かなり目立つ樽型歪曲が残っています。RAWに補正用データが格納されているので、Lightroom CCで現像時に大きな歪曲収差に気が付くことは無いでしょう。しかし、社外製ソフトで補正結果が最適化されているのかは不明。

僅かに見劣りする部分はあるものの、それでも8~25mmのズームレンジは魅力的であり、それを活かすことが出来る光学性能であることに違いなし。

購入早見表

作例

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-OLYMPUSレンズ, OLYMPUS広角レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー
-,