Nikonレンズ Nikon標準レンズ Z NIKKOR カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

ニコン NIKKOR Z 40mm f/2 徹底レビュー 外観・操作性・AF編

ニコンNIKKOR Z 40mm f/2のレビュー第一弾を公開。今回はレンズの外観や操作性、そしてカメラに装着してオートフォーカスやマニュアルフォーカスの使い勝手をチェックしています。

NIKKOR Z 40mm f/2のレビュー一覧

まえがき

2019年にロードマップに追加され、2021年3月に開発発表、そして同年9月に正式発表された小型軽量、そして低価格な40mm単焦点レンズ。F1.8レンズ群がハイグレードモデルへ移行してしまったため、今後はこのようなレンズがエントリー向けのいわゆる「撒き餌レンズ」になると思われる。

概要
レンズの仕様
マウント Z 最短撮影距離 0.29m
フォーマット 35mm 最大撮影倍率 0.17倍
焦点距離 40mm フィルター径 52mm
レンズ構成 4群6枚 手ぶれ補正 -
開放絞り F2 テレコン -
最小絞り F16 コーティング 不明
絞り羽根 9
サイズ・重量など
サイズ φ70×45.5mm 防塵防滴 配慮
重量 170g AF STM
その他 プラスチックマウント
付属品
レンズキャップ

全長45.5mm、重量170gと非常に軽いフルサイズミラーレス用レンズ。しかしながら、開放F値は「F2」と明るく、絞り羽根はこの価格帯で珍しい9枚羽根を採用。小型軽量・低価格の代償として、外装はレンズマウントを含めてプラスチック製で、コントロールはフォーカスリングのみである点には気を付けたい。

レンズ構成は4群6枚とシンプルながら、2枚の非球面レンズを採用。特に最後の1枚には大きな非球面レンズを採用しており、大口径Zマウントらしい光学設計と言える。さらに防塵防滴にも配慮した設計となっており、価格のわりにしっかりとしたデザイン。

レンズサイズはZ 28mm F2.8とよく似ているほか、Z 24-50mm F4-6.3と比べても同程度。Z MC 50mm F2.8は少しサイズが大きいものの、小型軽量なシステムを揃える上で貴重なマクロレンズの選択肢となっているように見える。

価格のチェック

売り出し価格はカメラのキタムラにて28,710円(税込)。これまでのZレンズを考慮すると非常にリーズナブルな価格設定であり、なんとDX用のキットズームよりも安い。一眼レフ時代の撒き餌レンズほど安くはないものの、フルサイズミラーレスの時代にこのような選択肢を用意してくれるのは有難い。

NIKKOR Z 40mm f/2
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ キタムラで中古品を探す

外観・操作性

箱・付属品

ニコンZシリーズらしく黒を基調として黄色のブランドカラーを使用したシンプルなデザイン。側面にはレンズのフィルター径(52mm)や付属品などが記載。レンズ本体は段ボールで間仕切りされ、薄手の緩衝材に包まれている。同梱品はレンズキャップと説明書・保証書のみ。レンズフードは同梱していないうえ、特に別売り品として用意されているわけでも無いので、必要であれば社外製52mmフードを探す必要がある。

外観

外装はレンズマウントを含めてプラスチック製。金属パーツと比べて質感は見劣るものの、手に取った際の感触はとても良好で、安っぽいプラスチック感は全くない。フォーカスリングは硬質ゴム製で、プラスチック製リングよりも質感は良い。

全体的に装飾が少なく、ニコンZレンズらしい飾り気のないデザイン。部分的に古いZレンズと比べて意匠に変更があり、従来は側面に配置されていた「NIKKOR」のロゴが正面のレンズ名上部に移動している。その他にはCEマークやシリアル番号、製造国などを確認できる。ちなみに製造国はタイ。

ハンズオン

フルサイズ用の40mm F2レンズとしては小型軽量なレンズ。全長は45.5mmと抑えられているものの、直径は大口径ニコンZマウントらしくφ70mmと大きめ。とは言え、重量は170gと軽量で、携帯性・収納性の良いレンズに違いはない。
前述した通り、プラスチック製レンズながらビルドクオリティはとても良好。フルサイズZレンズの中で最も安いレンズとは感じない。

前玉・後玉

直径25mmにも満たない小さな前玉の周囲には52mmのフィルターソケットを配置。前玉にフッ素コーティング処理が施されている記述は確認できないので、水滴や汚れが付着する撮影シーンではプロテクトフィルターを装着しておきたいところ。また、保護性を高めるレンズフードも用意されていないので、ダメージを避けるためにもフィルターの重要性は高い。

Amazonで52mmフィルターを探す

前述した通り、このレンズに対応するレンズフードはニコンからリリースされていない。このため、レンズフードが必要な場合は独自に探す必要がある。この種の52mmフードはキヤノンEF・RFレンズ用のコンパクトなレンズフードが適合するほか、社外製レンズフードもいくつか出回っている。私はEFレンズ用のF-Foto製フードをいくつか持っていたので装着してみたところ、問題なく使うことが出来た。

Amazonで52mmレンズフードを探す

レンズマウントはプラスチック製。しっかりとした作りで堅牢性に不安は感じないが、長期的な使用でどれほど摩耗するのかは使ってみないと分からない。また、防塵防滴に配慮した設計となっているが、マウント周囲にシーリングは施されていない。その代わりに、水滴やゴミの侵入を防ぐための硬質カバーが備わっている。後玉はマウント面ギリギリに配置、周囲はフレアカッターで不要な光の対策が施されている。

フォーカスリング

幅17mmの硬質ゴム製フォーカスリングは適度な抵抗で滑らかに回転する。ピントの移動量はリングの回転速度に依存しており、素早く回転するとピント全域を約90度のストロークで操作可能。逆にゆっくりと回転する場合は1回転を超える操作が必要となる。
個人的に、素早く回転した際の移動量が大きすぎる。せめて180度くらいのストロークは確保しておいてほしかった。

レンズフード

前述した通り、社外製レンズフードを探す必要がある。私はキヤノンレンズ用にF-Fotoの52mmレンズフードをいくつか持っていたので装着してみたところ、問題なく使うことが出来た。

装着例

APS-C ZカメラのZ fcに装着してもバランスは良好。もちろんフルサイズZカメラとの相性も良い。コントロールリングやAF/MF切替スイッチが無いのでボディ側で操作する必要があり、ボタン数が少ないカメラだと操作性が悪いと感じるかもしれない。

AF・MF

フォーカススピード

このレンズはフォーカス駆動にステッピングモーターを使用。静かで滑らかなフォーカスが可能であり、フォーカススピードも十分速い。電光石火と言うにはワンテンポ遅いものの、大部分の被写体で十分なフォーカス速度と感じるはず。また、一般的な撮影距離であれば電光石火に近いフォーカス速度と感じるはず。この価格帯の標準レンズとしては評価したいポイント。(他社はDCモーターや繰り出し式フォーカス構造のレンズが多い)
AF-Cの追従速度も十分良好で、カメラ側のパフォーマンスが向上することでさらに改善する可能性を感じる。

ブリージング

ブリージングとはピント位置によって画角が変化することを指す。画角の変化が大きいと、フォーカシングで画角が広がったり狭くなったりするので気が散ったり、AFが不安定化する原因となる。出来ればフォーカシングブリージングは無い方が良い。
今回はブリージングの影響を確認するために、レンズを最小絞りまで絞り、最短撮影距離と無限遠で撮影した結果が以下の通り。

このレンズは接写時に画角が少し広くなり、無限遠で少し狭くなる。全体的にフォーカスブリージングは良く抑えられており、よほど素早くピントを移動しない限り画角の変化が目立つことは無い。ニコンはZレンズでこの特性を良く抑えており、このZ 40mm F2も例外ではないらしい。
この特性は主に動画撮影で長所となるものの、一般的な静止画のフォーカスでも目障りな画角変化が無いぶん撮影体験は良好と言える。

精度

Z 7と組み合わせた限りでは良好な精度でフォーカスする。再現性も良好で、特に不安定な印象は受けない。

MF

フォーカスリングのストロークが素早く回転すると90度と短く、精度を出すにはゆっくりと回転させる必要がある。個人的にこれが少し不便と感じており、できれば180度くらいのストロークが欲しかったところ。

今回のおさらい

3万円切りの最新フルサイズミラーレス用標準レンズであり、言ってしまえば新世代撒き餌レンズ。プラスチックパーツを多用して、外装の操作性は最小限に抑えられているものの、全体的な作りは良好で、個人的には評価したいビルドクオリティに仕上がっている。

レンズフードが全く用意されていない点には注意が必要だが、市場には溢れんばかりの52mmねじ込み式レンズフードが存在するので探すのに苦労することは無いはず。キヤノンやF-Fotoの52mmフードが安く手に入るので、品薄となる前に手に入れておくと良いかもしれない。

実写での使用回数はまだ少ないものの、オートフォーカス性能は良好。フォーカスブリージングは良く抑えられており、一般的な撮影距離であればウォブリングすることなく、素早くピントを合わせることが出来る。F2の絞り開放を活かすことで、低照度でのオートフォーカスも難なく合焦してくれる印象あり。

第一印象は概ね良好で、もしもZ 40mm F2に興味があるのであれば強くおススメしたい。手ごろな価格に加えて、小型軽量で扱いやすく、ピント面はシャープでボケが綺麗。光量落ちは少し強いと感じるものの、カメラ側の補正で対応できると思う。特にこれと言った欠点は無いはず。

購入早見表

NIKKOR Z 40mm f/2
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ キタムラで中古品を探す

作例

関連レンズ

関連記事

-Nikonレンズ, Nikon標準レンズ, Z NIKKOR, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー
-,