SONYレンズ SONY関連の情報 カメラ レンズ

ソニーが「FE 300mm F2.8 GM OSS」の開発を発表

ソニーが「FE 20-70mm F4 G」の正式発表と同時に「FE 300mm F2.8 GM OSS」の開発を発表しました。ただし商品化は2024年初頭らしいので、登場までしばらく時間がかかりそうですね。

焦点距離300mm F値2.8のGマスター™大口径望遠レンズを開発中

ソニーは、35mmフルサイズ対応α™(Alpha™)Eマウントレンズとして、焦点距離300mm F値2.8の大口径望遠レンズGマスター™ 『FE 300mm F2.8 GM OSS』を2024年初頭の商品化に向けて開発しています。

大口径超望遠レンズとして既発売の『FE 400mm F2.8 GM OSS』や『FE 600mm F4 GM OSS』は、高い解像性能・AF性能に加えて、軽量化を実現しており、世界中で活躍するフォトグラファーから高い評価を受けています。
第一線のフォトグラファーからのさらなる要望に応え、今回、焦点距離300mm、開放F値2.8の大口径望遠単焦点レンズをGマスターとして開発を進めています。本レンズは、躍動的かつ決定的な瞬間を高画質な写真や動画に収めることが求められるスポーツや報道、イベントなどの撮影ニーズに応えます。プロフェッショナルが頻繁に使用する大口径望遠単焦点レンズで、プレミアムレンズシリーズGマスターならではの優れた解像性能と被写体を引き立てる自然で美しいぼけ描写を実現します。

ソニーは、今後もミラーレス一眼カメラの魅力的なレンズ群を拡充することで、プロフェッショナルをはじめとする幅広いクリエイターの創造性に応え、映像表現の可能性を広げます。

とのこと。
FE 400mm F2.8 GM OSS」「FE 600mm F4 GM OSS」に次ぐ3本目のG Masterシリーズの超望遠単焦点となりそうですね。キヤノンやニコンのフルサイズミラーレスシステムが急速に望遠レンズを揃えているので、ソニーもこれに応えているのでしょうか?

焦点距離短めですが「300mm F2.8」となると、小型軽量で取り回しの良い明るいレンズとなりそう。ここ最近ではあまり見ないスペックですが、キヤノンやニコンは一眼レフ時代に50-60万円でラインアップしています。ソニーがどのような価格設定で300mm F2.8を検討しているのか気になるところ。登場は早くても2024年初頭となるらしいので、噂や追加情報が出てくるのは早くても半年以上先となる可能性あり。
(参考までに各社の300mm F2.8 購入早見表と初値を掲載)

EF300mm F2.8L IS II USM ¥684,900
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す
AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II ¥618,300
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

参考:ソニーFE望遠レンズ一覧

関連記事

-SONYレンズ, SONY関連の情報, カメラ, レンズ
-,