Tamronレンズ レンズ 新製品情報

タムロンが「50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD (Model A067)」の開発を発表

タムロンがソニー Eマウント用超望遠ズームレンズ「50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD (Model A067)」の開発を発表しました。便利なズームレンジに加えて1:2のハーフマクロにも対応している模様。

広角端50mmスタート、ネクスト超望遠ズームレンズ
50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD (Model A067)

総合光学機器メーカーの株式会社タムロン(代表取締役社長:鯵坂司郎、本社:さいたま市)は、フルサイズミラーレス一眼カメラ対応のソニー Eマウント用超望遠ズームレンズ「50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD (Model A067)」(以下Model A067)の開発を発表します。

Model A067はタムロンからの新提案、「広角端50mm始まりのズーム比8倍、フルサイズミラーレス一眼カメラ対応ソニー Eマウント用超望遠ズームレンズ」です。標準域50mmから超望遠域400mmをカバーしながら、長さ183.4mm・重さ1,155gと100-400mmクラス同等の小型・軽量サイズを実現。特殊硝材を効果的に配置することで、50-400mm全域で高画質を達成しています。静粛性・俊敏性に優れたリニアモーターフォーカス機構VXD (Voice-coil eXtreme-torque Drive)や当社独自開発の手ブレ補正機構VC (Vibration Compensation)の搭載により、あらゆる撮影シーンに対応。また、広角端の最短撮影距離0.25m、最大撮影倍率1:2の高い近接撮影能力でハーフマクロの世界を楽しめます。フィルター径は弊社ミラーレス用レンズシリーズの多くと共通のφ67mmとし、複数のレンズを併用する際の利便性を高めています。質感・操作性が向上した新レンズデザインの採用や、本機種から「フォーカスリミッター機能」を新たに追加した独自開発の専用ソフトウェア「TAMRON Lens UtilityTM」用コネクターポートを搭載するなど、快適な撮影をサポートする機能も充実しています。さらに、別売アクセサリーの三脚座を使用することで、三脚を必要とするシチュエーションまで幅広い撮影が可能です。標準域から超望遠域までシャッターチャンスを逃さない、機動力に長けたModel A067。タムロンが新たな超望遠ズームレンズを提案します。

1.世ズーム比8倍 標準域50mmから超望遠400mmを1本でカバー
2.ズーム全域で妥協のない高画質を実現
3.高速・高精度AFを実現するリニアモーターフォーカス機構VXD
4.タムロン独自の手ブレ補正機構VCを搭載
5.高い利便性・操作性を実現

6.長さ183.4mm、重さ1,155gのコンパクトな超望遠ズームレンズ
7.広角端で最大撮影倍率1:2のハーフマクロ撮影が可能
8.質感、耐擦傷性を向上させた新デザイン採用
9.弊社ミラーレス用レンズシリーズの多くと共通のフィルター径φ67mmを実現
10.撮影サポート機能(簡易防滴構造、防汚コート、ズームロックスイッチ など)
11.各種カメラ機能対応

商品名 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD (Model A067)
ソニー Eマウント(35mmフルサイズ対応)
発売日 2022年秋発売予定※1)
希望小売価格 未定

とのこと。
以前から噂されていたタムロンの高倍率望遠ズームレンズがついに登場しましたね。今のところ開発発表のみで、発売は秋ごろとなるのでもう少し待つ必要があるものの、非常に期待できそうなレンズとなっています。50-400mmの便利なズームレンジに加え、0.5倍のハーフマクロに対応。さらに高速AFのVXD駆動やフォーカスリミッター対応のカスタマイズなど魅力的な機能が揃っているようです。重量は1,155gと400mmズームとしては軽量で、携帯性に優れているのもポイントと言えそうです。シグマ「100-400mm F5-6.3 DG DN OS」と同程度の重量でより短い全長を実現しているのは凄いですねえ。

情報のまとめ

50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD model A067

  • 2022年秋発売予定
  • 長さ183.4mm
  • 重さ1,155g
  • 広角端で1:2のハーフマクロ
  • カスタムスイッチ
  • 簡易防滴
  • 防汚コート

参考:タムロン Di III レンズ一覧

関連記事

-Tamronレンズ, レンズ, 新製品情報
-