とるなら~写真道楽道中記~

「撮るなら…ここだ!こうだ!これだ!」を探し求めてカメラ片手に写真・機材道楽の備忘録

シグマのマウントアダプター 『MC-11』の購入早見表とオススメポイント紹介

   

MC-11

シグマがEマウントレンズマウントアダプター『MC-11』の発売日を2016年4月11日と発表した。

このアダプターは2016CP+にも展示されており、既存の一眼レフカメラ用レンズをα7シリーズに装着して問題なく(想像以上に正常に)動作して海外の評価サイトにも取り上げられている。

まだまだレンズラインナップの少ないFE・Eのマウントにおける新しい選択肢となる上に、既存のEF・SAマウントのシグマレンズのユーザーであればこの機会にαシリーズのユーザーになってみるという機会も得られた。

今回はそんな画期的な試みのレンズメーカーが提供するアダプタはいったいどのようなメリットがあるのかをリストアップ。さらに最下部には現在アダプターで対応する予定のシグマレンズのリストと特集記事へのリンクを記載しているので是非参考にして欲しい。

購入先早見表

楽天市場 Amazon カメラのキタムラ
シグマ マウントコンバーター MC-11 キヤノン用 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
シグマ マウントコンバーター MC-11 シグマ用 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
シグマ 35mm F1.4 DG HSM + マウントコンバーター MC-11 キット キヤノン用 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
シグマ 35mm F1.4 DG HSM + マウントコンバーター MC-11 キット シグマ用 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
シグマ 50mm F1.4 DG HSM + マウントコンバーター MC-11 キット キヤノン用 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
シグマ 50mm F1.4 DG HSM + マウントコンバーター MC-11 キット シグマ用 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報

オススメポイント

AF性能を劣化する事無くシグマレンズを使うことが出来る

DPREVIEWによるMC-11のインプレッションの記述がある。

AF-S限定なものの、AF性能を劣化する事無く一眼レフ用レンズを使うことが出来るのは凄い。マウントアダプターと臆すること無く果敢に一眼レフ用のレンズを揃る事が出来るのは画期的だ。

FEマウントの選択肢が増える

特に35mmレンズ・50mmレンズとのキット販売はオススメ。ソニーEマウント純正の35mmF1.4は性能は宜しいものの実売16万円程度と高価なレンズ。このレンズキットならば10万円で35mmF1.4が手に入る。

また、50mmF1.4は純正に無いジャンルなのでそれだけオンリーワン。55mF1.8なら純正であるものの、半段暗く価格差もそこまで無い。ボディ内での補正効果は見込めないものの、補正効果無しでも高い評価を得ているArtレンズがセットなので十分使用に耐えうるもの。

E(APS-C)マウントに少ない高品位な装着可能レンズが増える

18-35mmF1.8や50-100mmF1.8のようなシグマらし尖った性能のレンズから、17-70mmF2.8-4の様な汎用性の高いズームレンズまで使用可能な点は大きい。サードパーティ製を含めてもレンズの玉数が少なかったEマウントの救世主となりそうだ。

後述するが注意点はシグマレンズの中でも対応・非対応があるので安いシグマレンズだからと言って無計画に手を出さないこと。対応レンズは最下部に記載している。一眼レフで売れまくっている17-50F2.8EXはどうやら非対応の模様。

Art35mm・50mmの性能を潜在性能をより拾うことが出来るソニーαEマウント

キヤノンやニコン機では実現出来ない、ボディ内手ぶれ補正を搭載。特に4.5段分の強力な手ぶれ補正を活かすことができるので、スローシャッターで使う事が出来る機会が大幅に増える。

また、α7RIIで使えばα99以上の高画素で撮影出来るので光学性能が良好なArtシリーズとは相性が良く潜在性能を引き出す事が可能だ。

SAマウントで揃えておくと、後々販売するQuattro Hシリーズに装着可能

シグマが開発中として発表したミラーレス一眼モデル『Quattro H』はSAマウント。

EFマウントで揃えておくと、EOSデジタルのフルサイズ一眼レフで装着可能

気をつけなければならないのは、シグマのEFマウント用レンズをサポートしているのでありキヤノンEFマウントをサポートしている訳では無い点。調子に乗ってEFマウントレンズを買い漁ると、AF等が動かずに痛い目を見る可能性もある。

その逆も然り。元々EFユーザーでシグマレンズが手持ちにあるのならば、FEレンズを買わなくてもα7シリーズを導入出来る。コンパクトなシグマレンズが無いので、運用面では一抹の不安が残るもののコストをかけずにα7シリーズを楽しめるのは魅力的。

注意点

AF-Sはサポートしているが、AF-Cはサポートしていない

使用可能と言うわけではないが、十分なスピードに達していないのでシグマ公式の見解としては非対応という形をとっているみたいだ。

あくまでもシグマレンズのみ

キヤノン製EFレンズの動作は非対応なので、早とちりして買い漁らないようにしよう。

また、シグマレンズでも対応しているのは新ラインである|Art・|Contemporary・|Sportの3種類のみ。後日EXシリーズなどが対応していくのかは不明。APS-C用の17-50mmF2.8とか使えると良いのだが…。

対応レンズ

リンク先は当サイトで個別特集をしているページへ移動する

フルサイズ

APS-C

 - SIGMAレンズ, カメラ, レンズ